FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

ヒロくんの変化は到って緩やかなので、毎日傍に居るが故に逆に気が付かない事でいるがある様です。

続きをお読み頂ける方はこちらからどうぞ! »

スポンサーサイト



さて、デイサービスデビュー当日の様子は、先に記した通り実に華麗なるものでした。
あれから約1ヶ月が経ち、その後ヒロくんがどうしているかと言ますと・・・・

続きをお読み頂ける方はこちらからどうぞ! »

さて、デイサービスのデビューまであと4日しかありません。その4日の間に、私はヒロくんの心を最高の状態に持って行く為にあらゆる手を尽くしました。

続きをお読み頂ける方はこちらからどうぞ! »

覚えていてくださるかと少々心配しながら、NホームさんにTELしました。
「先月、主人とお邪魔しました○○ですが・・」「あ~、○○さんね。その後どうですか?」Yさんの優しい声に安堵しました。

続きをお読み頂ける方はこちらからどうぞ! »

2週間ほど過ぎた頃、介護度を知らせる通知が届けられました。
要介護2・・・・・ヒロくんに与えられた数字です。

続きをお読み頂ける方はこちらからどうぞ! »

「このままでいい。」と結論を出した積もりでいるものの、「このままでいい。」訳はない事も分かっていました。今はこのままでもいいかもしれない、でも半年後は?一年後は?3年後は?5年後は?

続きをお読み頂ける方はこちらからどうぞ! »

ヒロくんお気に入りのSさんか、私お気に入りのNさんか・・・・・SかNか・・・まるで磁石の両極を行ったり来たり・・・・考えは揺れ動いていました。

続きをお読み頂ける方はこちらからどうぞ! »

それからも、精力的な施設巡礼の旅が続きました。

続きをお読み頂ける方はこちらからどうぞ! »

いつもいつもヒロくんが隣に鎮座している状態の私に、久しぶりに訪れた「一人」の時間です。
Yさんは、黙って私の話を聞いてくださいました。

続きをお読み頂ける方はこちらからどうぞ! »

まず最初に見学に行ったのが、最終的にヒロくんがお世話になる事になった小規模多機能ホームNさんでした。とりあえず、TELです。

続きをお読み頂ける方はこちらからどうぞ! »

役所からのの面接調査も無事に終了し、次は罹りつけのお医者さんに「意見書」を書いて頂く様にお願いに上がらなくてはなりません。
「出来るだけ重症っぽく書いてもらった方が良いですよ。」とある方からの入れ知恵をもって、ここは何としてもヒロくんをお留守番させて、私が一人で先生に掛け合わなくてはならない場面です。

続きをお読み頂ける方はこちらからどうぞ! »

ヒロくんにとって「面接」などと言うものを受けたのはいつ以来でしょうか・・・
事前にKさんと、本人との話しが終わるまで私は口を挟まないと言うお約束をしていました。

続きをお読み頂ける方はこちらからどうぞ! »

数日後、

「たまたまキャンセルが出たのですが、今日の午後面接調査に伺っても宜しいですか?」と市役所の担当の方からTELが入りました。

通常、もっと日にちが掛かるそうなのですが、運が良い時は何事もとんとん拍子に事が運びます。ラッキー!

続きをお読み頂ける方はこちらからどうぞ! »

不自然にヒロくんに背を向け、私はSさんに向かって、ここに至るまでの経緯と特にこの半年ほどの引きこもり状態、そして先程の何年振りかの奇跡の笑いを、手早く解説しました。

続きをお読み頂ける方はこちらからどうぞ! »

掃除が行き届いた清潔な内部、すれ違う職員さんの元気で明るいご挨拶、単純な私はただこれだけで、シセツに抱いていた単純な偏見がすっかり消えてしまいました。我ながらホントに、タンジュン。

続きをお読み頂ける方はこちらからどうぞ! »

「Sさんの所に遊びに行こうか。」

第三回ウンチ事件から一週間ほど経った頃、私はさり気無くヒロくんを誘いました。

続きをお読み頂ける方はこちらからどうぞ! »

「大変って言ったって、徘徊する訳じゃなし、暴力振るうわけじゃ無し、ウンチだって部屋中に撒き散らす訳じゃないでしょ。まだもう少しは頑張れるはずでしょ。オマエはそんなに弱くない筈だよ。」

と、何処からともなく第一声が私の耳元でささやきます。

続きをお読み頂ける方はこちらからどうぞ! »

今日は、一日中こんなに良い日で、ヒロくんの心は満足している筈なのに・・・どうして?どうして?
問いかけても無駄な事など百も承知なのに、それでも、めったに流れない涙と共に私はヒロくんに向かって問いかけ、いえ詰問してしまいました。

続きをお読み頂ける方はこちらからどうぞ! »

2度目のウンチ事件にショックを受けながらも、

「今回は、私が寝込んでいたから、ヒロくんは精神的に不安定になって、それでやってしまったんだわ。あれ以来、今まで何も無かったから、大丈夫だわ。今日のは例外、例外・・・」

続きをお読み頂ける方はこちらからどうぞ! »

第一回の事件以来、しばらく平穏な日々が続いていましたが、あの日以来私は毎日心の中の限界線を越えたり戻ったりしながら生活していました。

そしてとうとう第二回ウンチ事件が起きてしまいます。

続きをお読み頂ける方はこちらからどうぞ! »

その日以来、ヒロくんがお風呂に入る前「トイレいい?」「ウンチしたくない?」の確認が、私の仕事に加わりました。

続きをお読み頂ける方はこちらからどうぞ! »

「おか~さ~ん」風呂の中からヒロくんが呼ぶ声がします。

「な~に?」何の心構えも無く風呂場に行った私は、辺りに漂う異臭に凍り付いてしまいました。
「こんなのがあるんだよ」・・・・湯船の縁に立派なウンチ。

続きをお読み頂ける方はこちらからどうぞ! »

かかりつけの精神科の先生に、「ヒロさんは引きこもりがちになる心配があるから、デイサービスに行かれたらどうですか。」と言われて、ヒロくん自身が先生に返した言葉が、冒頭の言葉です。

「しせつにゆくくらいだったらしんだほうがまし」・・・半年ほど前の事です。

続きをお読み頂ける方はこちらからどうぞ! »

ヒロくんは、無事にデイサービスデビューを果たしたのでしょうか。

平均年齢80?歳、一番若い方でも70代、しかもだんぜんおばあちゃんが多いというNホームさん。
もっとも、Nホームさんに限らずどこの施設でも同じ様な構成だそうですが・・・

続きをお読み頂ける方はこちらからどうぞ! »

小規模多機能ホームNさんのお迎えの車がやってきました。
新しく買ったカバンを肩に掛け、嬉しいような恥ずかしいような表情でヒロくんは車に乗り込みます。

続きをお読み頂ける方はこちらからどうぞ! »

 | BLOG TOP |