FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

急に寒くなってきた。 夕方、家を出る頃には、もう辺りは暗い。


今日の様に大雨が降っていると、一瞬出かけるのが億劫になるが、一人で過す夜の淋しさを思うと、メグちゃんに、「お父さんのお部屋は温かいからね。」としゃべりながら、今日もまた出発!だ。


出かける時、我が家の部屋は肌寒かったが、夫の部屋は、予想通り温かかった。


夫は、毛布を膝に掛けて貰って、TVを見ていた。


表情は、「中の下」いつも通りだ。


ここから、夕食を食べ終わる頃に、「上」まで回復するのが面白い。


最近、コンビニのから揚げが、とても美味しい事を発見したので、時々買って行く。


やはり、夫は、肉が好きらしい。


まだ、味が分かっていると思える。





食後、いつも通りTVを見る。


今日位、気温が低いと、人肌のぬくもりがとても心地よい。


夫の、肩、胸に頭を預ける。


心臓の鼓動が聞える。


お腹をポコポコ触る。


胸板を撫で回す。


肩に手を回して、頬と頬をくっつけてみる。


ほっぺを挟んで、おでことおでこをゴッツンコさせる。


夫の右手を無理やり持ち上げて、私の肩にまわす。






寛大な夫は、何をしても怒らない。


されるまま、だ。


いや、夫の表情を見ていると、「すきにさせてあげるよ。」と言っている様にみえる。


「ぼくはもう、なにもしてあげられないから、せめて、すきにさせてあげるよ。」と言っている、と、都合の良い解釈を付ける私は、年月が作り上げたオバハンである。





でも・・・


夫のぬくもりを楽しみながら、ふと思った。


これ、私じゃなくても、誰でも出来るに違いない。


夫は、恐らく、来るもの拒まず、だろう。



心から・・・寛大な人なのだ。



007おへやぽか



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |