FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

「軽い夜間せん妄かもしれません。」ケアマネさんの口から出た、その言葉は衝撃でした。
今年に入ってから、ヒロくんはだんだんと夜の眠りが浅くなってきました。

夜,良く眠れないのは本人も辛いので、睡眠導入剤を飲むことも考えてはどうかと言われていました。

それもありかなと思う反面、まだいい、出来るだけ薬は飲ませたくないと言う思いで、強いて気にかけないようにしてきたのですが、この1週間ほどの、急激な眠れない症候群には、正直参っています。

1時間に1回どころか、もっと激しい頻度で目を覚まし、朝までの間に、何回も何回も起き上がります。

ベッドの上で上半身だけ起こして周りを見回し、そのまま又横になるときもあれば、立ち上がって部屋の外へ出ることもあります。

但し、不必要にうろついたりはしません。

トイレでオシッコをする事もあれば、そのまま直ぐにベッドに戻る事もあり、また、私が寝ているベッドの足元にしばらく座っていたりする事もあります。


そんな行動を一晩に何回も何回も繰り返す事もあれば、トイレに立つ以外は、目は覚めているけれど大人しく横になって朝を迎える事もあります。


落ち着かないけれど、特別に荒れた行動を取ったりはしません。

頭の中が混乱して、自分で自分をどうしたら良いのかが分からなくなってしまい、大きな大きな不安に包まれているヒロくんを見るのは辛い事です。

また、自分がこんなに困っているのに、誰も助けてくれない、誰か何とかしてと叫んでも誰も来てくれない、そういう思いを湛えた悲しそうな「目」で、じっと見つめられるのも辛いです。






そして、Nホームさんでの先日のお泊りの時の事なのですが・・・・

いつもヒロくんは、リビングの隣の和室に敷いたお布団で寝ているらしいのですが、たまたまその日は、どうしてもその和室でないと眠れない方が、一緒にお泊りだったので、ヒロくんは別の部屋で寝ることになりました。

もちろん、事前によ~く事情を説明して下さって、本人は納得して眠りについたそうです。

でも・・・・・多分、夜中に目を覚ましたヒロくんは、いつもと違う場所に困惑したのではないでしょうか。

そして、自分がいつも寝ていた和室に行くと・・・・・自分が寝るはずの布団に・・・・誰かが・・・・寝ていた・・・・・・

これは違うでしょう(と、本人が言ったかどうかは分かりませんが)と言う事で、掛け布団を剥がそうとした。

慌てて止めに入ったのは、その日の夜勤の若い男性職員Oさんです。とても優しいOさんをヒロくんは普段は大好きなのですが、その時はOさんにも拒否反応を起こしました。

困ったOさんは、2Fのグループホームの夜勤の女性に助けを求め、女性が来てくれるとヒロくんは漸く落ち着いたそうです。



そして、冒頭の「軽い夜間せん妄かもしれません。」と言うケアマネさんの言葉につながります。


「夜間せん妄」・・・・・・・この言葉は、TVや本などで耳に慣れた言葉であって、この病気になった以上いつかは自分の家にも降りかかってくる事である、と言う思いは心のどこかで持っていましたが・・・・

まだ・・・・嫌だ!

まだ・・・・心の準備が出来ていない。

こんなに急に来てもらっちゃ・・・・・困る!



私は、何とかしてヒロくんのこの状態を、単なる不眠や寝ぼけ、として片付けてしまいたい思いに駆られていますが、心の何処かでは、もう病気が次の段階に進んでいる事を受け入れろ、それしかない、との囁きが聞こえます。


眠れないで迎えた朝は、当然体も休まっていないし、機嫌が悪く体もしんどそうです。私自身も睡眠不足です。こんな状態はいつまでも続くはずはありません。



さて・・・・これから先・・・・・私は何をするべきか・・・・?








コメント

今はつらくても

ここまで母の介護をやってきて私が思うことは、
ご主人様の心のよりどころであるmomoさんは
介護をやり遂げるまで寄り添うことが仕事だ、ということです。

睡眠導入剤は進行には影響しないように思いますが、
やはり専門医に相談されたほうがいいでしょう。

mikiさん

いつも言って頂く「最後までやり遂げる」と言う言葉の本当の意味がだんだんと分かってきました。

そして、それをやり遂げる事がどれだけ大変なのかと言う事も想像がつきます。でも、何度も何度も刷り込んでいただいたお陰で、途中棄権はしないぞと思いを新たにする事が出来ます。

これから先の事、先手必勝でしょうか・・・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |