FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

忍耐

もう一つ、犬の話しにお付き合い下さい。

メグちゃんを家に迎える前後、私はネットで犬猫の里親募集のページを良く見ていた。


あまりにも沢山、人間に裏切られた犬や猫がいることを知って、暫くの間は、心が重くなりながらも、ページから目を反らす事が出来なかった。


その子の名前は「はなちゃん」


里親との赤い糸を待ち焦がれている子は、何千匹もいる。


少しでも、人の目に留まるように、可能な限り可愛い写真が載せられている。


そんな中、はなちゃんは、全然可愛くなかった。


せっかくミニチュアダックスとして生を受けたのに、口は裂け、目は殆ど開かず、見るも無残な姿に、逆にひきつけられた。


その日から、一時預かりの仮のママさんのブログから目を離せなくなってしまった。


はなちゃんは、推定10歳。


室内犬として、初めに飼われた家で、「口が臭い」と言う理由で、外につながれた。


可愛がられる事無く、散歩も行けず、殆どご飯ももらえない状態が続いた。


近所の小学生の男の子が、蝉や蟷螂を捕まえてきて食べさせていた。


ある日、男の子がリードをつけずに、はなちゃんを散歩に連れ出した。


はなちゃんは車にはねられて、口が裂けた。


それでも、はなちゃんは病院に連れて行ってもらうこともなく、口はそのまま固まった。


見かねた人が、はなちゃんを譲ってくれるように頼むと、飼い主は手放した。


それから、はなちゃんは心ある人たちの手で保護され、本当の飼い主さんに出会うまで、仮のお宿で、仮ママさんに育てられる事になった。


はなちゃんが仮のお宿に到着するその日から、はなちゃんの様子が逐一ブログに綴られて行った。


私は、毎日毎日ブログを見て、日々回復に向かうはなちゃんの様子を見入った。


はなちゃんの表情は、日を追うごとに柔らかくなって、数ヵ月後、里親さんの元へ巣立って行った。


長い間悲惨な日々を送ってきたはなちゃんが、暖かいお家に迎えられ、本物の幸せを掴んだ事が、心から嬉しかった。


もう10歳を超えているけれど、ここから最後までの何年間か、どうか楽しいことが一杯あって、はなちゃんが嬉しい気持ちで過してくれる様、密かに祈った。


はなちゃんのブログを見ている期間、夫の状態はどんどん悪くなって行った時期だった。


せっかくメグちゃんを迎え入れたのに、夫の精神状態は、悪化の一途だった。


夫は、恐らく一番苦しんでいた時期だったかもしれない。


私自身も、何をどうしてよいかも分からず、何をどんなに頑張ってやってみても、何一つ良い方向へ向かう事無く、ひたすら地獄へ落ちて行くような、そんな苦しい時期の始まりだった。


私は、メグちゃんに癒され、何とか日々を過していたが、心は本当に追い詰められていた。


未だ嘗て経験した事のない様な闇に吸い込まれて行く恐怖に怯えて暮らしていた。


生きているのが、本当にしんどかった。


そんな時期に、はなちゃんに出会った。


そして、思った。


はなちゃんは、10年もの長い間、悲惨な状況の中を、あの小さな小さな身体でじっと耐えてきた。


雨の降る日は、濡れただろう。


冬の寒さには震えただろう。


いつもいつも、ひもじい思いで、男の子がくれた蝉は、美味しかったかい?


車にはねられた時は、さぞ痛かっただろう。


そのまま放置されて、どんなに悲しかっただろうか。


暖かい手で抱きしめられる事無く、


希望も夢も何もなく、


ひたすら耐えるだけの人生を10年も生きて来た。





そして、はなちゃんは、耐えに耐えた末、本物の幸せにめぐり合えた。


そうか・・・・


私も、はなちゃんみたいに、じっとじっと耐えて過ごしていれば良いんだ。


もうちょっと頑張ってみるかな。


そう、思うことが出来た。







はなちゃんが、巣立って行く前に、そんな気持ちをはなちゃんに伝えたかった。


はなちゃん宛てに送ったメッセージで締めくくります。






はなちゃんへ、



はなちゃんが10年もの長い間、「人間」から与えられたものは何でしたか?

苦しみ、悲しみ、不信、絶望、他にも何かありましたか?

だけど、はなちゃんは、その小さな体の中で、苦しみを喜びに、悲しみを優しさに、不信を信頼に、絶望を希望に変えて、同じ「人間」に返してくれました。

はなちゃん、

おばさんのお家はね、お父さんが、もう治らない病気だから、おばさんは悲しくて辛くて、生きてゆく元気が無かったの。

だけどね、はなちゃんに出会って、そして、はなちゃんが長い長い時間をその小さな小さな身体で、じっとじっと耐えてきたのを知って、そうか、そうやって生きてゆけばいいんだ、もう少し頑張ってみるか、と思うことが出来たの。

はなちゃん、ありがとう。

はなちゃん、ありがとう。

ありがとう、ありがとう、ありがとう・・・・

何回言っても足りないけど・・・

はなちゃん、

心から、

ありがとう。







011はなちゃん




















コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |