FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

味覚

窓から差し込む光の長さが、いつの間にか随分短くなっている。


嘗て無い大雪に翻弄され、寒さに震えている間にも、季節は確実に春に向かって進んでいる事を、そんな窓辺の光が教えてくれる。


「今日は、ちょっとご機嫌が良くなくて・・」と、職員さんが言いながらも、夫はいつもの時間に帰って来た。


じっと目を閉じた夫を、窓際に連れて行く。


顔から下が、全部日光に当る位置に車椅子を置く。


夫の足は冷たくなっていた。


日光浴だ!


ズボンを膝まで捲り上げて、靴下を脱がす。


暫くすると、冷たかった夫の足は、日光を一杯浴びて、ぽかぽかになった。


いつの間にか目も開き、じっと外を眺めている。


何が見えているんだろう。


いや、見えている景色は私が見るのと同じだけれど、その景色を夫の脳は、どんな風に咀嚼しているのだろう。


その表情から、何かを感じていると思いたいのは、私の欲目でしかない。


今の夫は、そんな何もかもを超越した自分だけの世界にいる。


それもまた・・・いいか。







窓際に小さなワゴンを持って行き、日光を浴びながら昼食を取った。


相変らず、食欲旺盛、咀嚼、嚥下にも問題なし。


何口目かを口に運んだ時、夫は、舌の先で何かを押し出した。


初め、葱の皮かと思った。


取り出すと、それはビニールだった。


調理中、うっかり鍋の中に入り込んだんだな。


すごい!


上手に取り出してくれた夫を思いっきり誉めてあげた。


彼の味覚、舌の機能は、まだまだ健在だ。




昼食後、お迎えまでずっとお昼寝。


もう少し暖かくなったら、デッキまで出て、ミニお散歩を楽しもう。











ぽかぽか0304








コメント

 暖かい写真に私の心もぽっかぽかです。
 momoさんの今が私の求めている未来です。一足飛びにそこにいけたらどんなにいいだろう・・・
 仕事をしなくてはと思いながらつい介護ブログ村をのぞいてみました。momoさんのコメント欄でお見かけした方がたくさんいらっしゃって嬉しかったのですが、壮絶すぎて心が折れそうでした。こちらに帰って来てこの陽だまりにほっとしました。
 我が家の居間(床と壁が杉の木です)とデッキと日当たり、それに夫の足、よく似てます。

はなさん

昨日は大雨、今日はまたぽかぽかお天気でした。

一昔前と違って、こうして居ながらにして、情報を集められたり、色んな方の体験を目の当たりに出来る事は、時代の進歩のお陰で、ありがたいですね。

若年でこの病気になった方とその家族の辿る道は、同じ道を歩く人にしか分からない苦しさ、哀しさ、辛さがあります。

自分を棚に上げてですけど、皆さん本当に壮絶な人生です。それでも、過酷な現実を、頑張って、頑張って、頑張って・・・∞・・生きておられます。

でも、病状の現れ方は人それぞれですので、あまり心配しすぎなくても・・・。それに、沢山の仲間がいるから、大丈夫。
私も、そんな仲間の存在に支えられて、ここまで生き延びて来ました。



はなさんのお家も木の家ですか?我が家は、山や自然が大好きだった夫が建てた思い入れの深い木の家なんですよ。日光浴が大好きだったので、出来るだけ陽の光を浴びてもらいたいと思ってます。

 ありがとうございます。そうですね。いらぬ心配はやめます。
 陽だまりシーンに追加を一つ。夫のひざに猫。病気になる前は膝にいくなんてなかったんですが・・・不思議です。

はなさん

セラピー猫ちゃん、心強い味方ですね。物言わぬ動物ですが、家族の状況をしっかり把握している様な行動に、大きな癒しをもらえます。あったかいし、柔らかいし、本当に・・癒されますよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |