FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

「次は、若い女の先生ですよ。」と、前のM先生から聞いていたので、私は大いに期待して病院へ出かけました。


どんなに些細な事でもいいから、ヒロくんの楽しみに繋がる事が一つでも多ければ、日々の元気の源となります。


今回は、最近の不眠の相談に急遽行く事になったので、予約を入れていません。たまに予約無しで出かけると、しっかりと2時間は待たされるので、その覚悟で出かけました。

内科や外科と違って、精神科は先生とじっくりお話しすることが大切なので、待たされるのは仕方がありません。

11時過ぎに診察券を出して、受付のお姉さんに、

「予約してないので、長く掛かりますよね。用事を済ませてきますので、何時頃に戻ってくればいいですか?」と聞くと、

「12時前後に戻ってください。」と言われました。あれ?意外と早い。


そして、ヒロくんと二人で買い物をしたり、まだ少し早いので車にガソリンを入れに行ったりして、12時少し過ぎに病院へ戻ると、廊下には誰も居ません。

あれ?こんなに早く進んでる・・・・とちょっとビックリしたものの、待ち時間がないのはありがたい事です。

戻ってくるのを待ってましたよ、とばかりに直ぐに呼ばれ、ヒロくんと二人診察室に入りました。新しい先生は、どんな方かな?

これから先しばらくお世話になるので、相性が良い先生であります様に・・・・・

ちょっとドキドキして診察室に入りました。


「どうぞおかけ下さい。○○と申します。」最近の先生は、必ず名前を名乗って自己紹介されるのですね。

精神科の診察室にはちょっと不似合いな印象を感じさせるとても綺麗な先生は、カルテを見ながら、「どうですか?」とヒロくんに聞かれました。

「・・・・・・・・・・」無言で座っているヒロくんの表情を見て・・・・・残念ながらこの新しい若い女の先生がヒロくんのお気に入りでなかった事が直ぐに分かって、私はとてもがっかりしました。

今となっては、感情が素直に表れるので、先生には申し訳ないけれど仕方ありません。

ヒロくんが答えないので、そこから後は、先生はそこにヒロくんが居る事をすっかり忘れてしまった様に、私にだけ向き合って話しをされました。


患者さんはこっちですよ~、と思ったけれど、気を取り直して、大事な大事な相談事である、最近の不眠についてお話ししました。何とか眠ってもらわないともう共倒れ寸前です。

睡眠導入剤にもいろいろあることや、副作用の事など、先生はとてもとても早口で説明されるので、途中「え?」と何回も聞き返してしまいました。

結局、精神を安定させる薬で様子を見ましょうと言う事になり、

「3ヶ月分で良いですか?」と聞かれました。通常のアリセプトはいつも3か月分を貰っているからです。

初めての薬でいきなり3か月分も?と言う私の懸念が分かったのか、先生は

「1ヶ月にしますか?それとも・・・・どの位が良いですか?」と聞いてこられました。

私は、本当は1週間と言いたかったけど、何故か「じゃあ、2週間分を。」と言っていました。とにかく、これで少しは改善されるかも、と救われる思いで診察室を後にしました。

今回、随分待ち時間が短かった理由が分かりました。先生は、とてもとても簡潔に要領よく次々と患者さんをこなして行かれるタイプの方の様です。

本当はもっと聞きたい事もあったのだけど、追い立てられている訳ではないのに、次の機会に聞けばいいや、と何故か追い立てられる気分で、外に出ていました。

前のM先生は、どんなに待合室が混んでいても、目の前の患者さんにゆっくりと話しかけられるので、一人の時間が長くなってしまったのでしょうね。

先生にも色々なタイプの方がおられるものです。今となっては、懐かしいM先生でありました・・・・




それはさておき、病院を出て薬局に行くと、説明を受けたレスリンと言う薬とは別に、もう一種類マイスリーと言う薬も処方されているとの事で、薬剤師さんが持ってこられました。

あれ?これは聞いていなかったけど・・・・・ま、いいか。私が聞き漏らしたのかもしれないしね、あの先生の早口を。

レスリンは就寝前に一錠、マイスリーは眠れない時にのみ飲んでくださいとの説明です。眠れない時って、毎日眠れないから病院へ行ったのです。


何はともあれ、憧れの睡眠導入剤を手にして、私は嬉しくてたまりませんでした。これで何かが改善されるかも、と言う期待で一杯でした。眠ってくれ!と心から祈りました。


さて、夜。


7時半にアリセプトの他に2錠の薬を飲んでもらいました。8時、ベッドに入りました。

いつもなら、1時間ほどで目が開いて、その後落ち着きなく何度も目を覚まし、時には混乱の末にあらぬ言葉を口走り、どっと疲れ切って朝を迎える、と言う修羅場の様な日々が続いていたのでした。

9時・・・10時・・・・11時・・・・ヒロくんは良く眠っています。表情は穏やかです。

私は、可能な限り音を立てないようにそっと隣のベッドへ潜り込みました。最初に目が覚めたのは、夜中の1時でした。

「トイレ行く?」「うん」

オシッコをするとヒロくんはまた直ぐにベッドへ入りました。その後、3時・5時と目を覚ましましたが、表情が穏やかなので、やはり薬は効いているんだと思います。

でも、7時に起きた時には、またやや混乱気味の表情が出ていて、何故か不機嫌になっていました。その後9時にNホームさんのお迎えが来るまでの間も、ずっと不機嫌が続きました。



何だろう?せっかくいつもより眠れたなずなのに・・・・・・・ヒロくんの不機嫌に振り回されてはいけないと分かっているけど・・・・・・

最近、訳が分からない事が急に増えてきました。これが認知症なのでしょうか?これから先、この訳の分からなさとどうすれば上手に付き合って行けるのでしょうか・・・



でも、とりあえず薬の効き目はある様なので、これでしばらく様子を見ることにしてみましょう。





コメント

初めてメールします。

私の母も認知症です。私は外国に住んでいるのですが、去年実家に帰った時母が全く違う人に変化していることにショックを受けました。ヒロさんと違って母は人格が変わってしまって、特に嫉妬妄想がすごくて父に愛人がいると信じ込んでいてそれを一日中口にします。

何より父が大変なのが、朝4時には目を覚まし父に延々と「あんた。愛人がいるんでしょう。」とまくしたてて日中、退職後もいろいろ活動している父は寝不足でふらふらです。

医師にそのことを話し、睡眠導入剤を処方してもらいましたが、その薬を飲むと眠くなることを分かった母は飲みたがらないのです。

最近momoさんのブログを知り、父にも読むように勧めました。momoさんのように私たちも積極的な見方を保ってゆきたいです。

meliaさん

はじめまして。コメント頂いてありがとうございます。

遠い国で、お父様とお母様のご様子を案じられるのは、さぞご心労の事と思います。

この病気は、本当に酷ですね。病気ゆえの言動だと頭では理解できても、日々目の前で繰り返される出来事に、いつもいつも冷静に対処するのは至難の業です。

特に睡眠不足は体に堪えます。それが影響して心も荒れてしまいます。

お母様がゆっくりとお休みになれる方法が見つかると良いですね。お父様がこれ以上お疲れにならない事を心よりお祈りしています。

子供が心配してくれている、と思うだけで、親は元気が出るものです。遠いお国におられても、meliaさんの存在はお父様にとってすごく大きいと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |