FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

帰りがけに、廊下で若い職員さんと出会った。


お兄さんは、メグちゃんが大好き。


ひとしきりメグちゃんを可愛がった後、こう言われた。


「昨日、トイレで排便できました。」


そう聞くととても嬉しい。


トイレで排便が出来ると言う、普通の人にとって当たり前の事が、当たり前でなくなってから随分長い月日が流れている。


私自身が、夫をトイレに座らせると言う事が出来なくなってからは、オムツの中でも仕方がないと諦めていた。


出来るだけトイレで、と言う願いは伝えていたが、施設では、いつも誰かが傍で夫の様子を伺っていると言う事は無理なので、オムツの中でも・・・・仕方ない。


出るものがちゃんと出てくれれば、それで良いと思わなくては。


だけど、車椅子に座った状態や、布団で横になって排便するって、かなり難しいと思う。


出口が解放されていない状態で、普通、出せますか?


だから、トイレで出来たと聞くと、本当に嬉しい。


私のそんな嬉しさにお兄さんが気付いてくれたかどうかは分からないけれど、お兄さんは、更にこんな風に言われた。


「最近は、トイレでする方が多くなって来ました。僕らにも、分かる様になってきたんですよ。そろそろかな・・って。」


ああ・・お兄さんは、私の気持ちが天まで昇るほど嬉しい事はきっと分からないだろう。




私が嬉しかったのは、




トイレで出来る回数が増えてきたことは元より、職員さんたちがそれが分かる様になって来たと言う事。


夫の様子をしっかりと見ていないと、排便のタイミングを見つけることは無理だ。


そろそろ、入所一年が経つ。


この一年で、一年分、家族になってきたんだな。


何より、それが嬉しかった。







若い職員さんが多いこの施設。


夫は、「お父さん」と呼ばれているらしい。






001こどもいっぱい

コメント

新しい家族

認知症の人には「なじみの空間・なじみの人が大切だ」と言われています。本当によい介護環境ですね。

スタッフが「お父さん」と呼ぶ関係が1年間で築かれたのですね。
ご主人様の特権かもしれませんね。
おそらく高齢のかたは名前で呼ばれていらっしゃるでしょうから。

本物の家族と新しい家族に見守られて安心しきっていらっしゃることでしょう。

かつては「在宅介護至上主義」とでも名付けたいほどの介護観が世の中を支配していましたが、よほどの好条件でないかぎり今のご主人様のようによい介護環境は家庭では望めないでしょう。
家族もゆとりをもって今できる最善のことを提供できるのですからありがたいですね。

このブログが心あたたまる介護のブログになったこと、心より「よかったですね」と言わせてくださいね。

mikiさん

ありがとうございます。mikiさんは、夫が元気にデイに通っていた頃から、ずっとずっと見守って下さいましたね。そんなmikiさんに、心から良かった、と言って頂けるところまで来られたことは、私も本当に良かったと思います。

途中、急性期真っ只中では、何度も何度も心折れ、ブログを止めようと思ったこともありましたが、悲惨な状況のままで終わりにしなくて良かったと思っています。

今、理想的な介護環境に恵まれ、大きな悲しみの人生であることは変わりませんが、ここに辿り着くまでにめぐり会えた沢山の方々への感謝気持ちで一杯です。

ここからもまだまだ続くこの道が、どんな展開になるのか、今の私には全く分かりませんが、mikiさんに教えて頂いた、今出来る精一杯をしながら、最後までやり遂げたいと思います。

これからも、どうぞ見守っていて下さいね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |