FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

連休

連休真っ只中だ。

毎年、その時期が来ると、それに関連した記事を書いている。


振り返って読んで見ると、その時の自分の思いが見えてきて、ちょっと面白い。


昨年の連休は、こんな事を思っていた訳だ。


その前の年は、こんな感じ


その前は・・・・と遡って、ブログを開いて見るのも面白い。


面白いけど、ブログを書き始めた頃と、夫の状態が悪くなってきた頃がちょうど一致しているので、どこを振り返ってみても、文章の裏側の当時の記憶が、少々切なく蘇ってくる。










さて、今年の連休はと言うと、


渋滞の車列を見て、皆元気だなぁ、と思う。


お客さんが多くて、仕事が忙しい・・と、思っている。



だけど、いつかの連休みたいに、孫を連れたおじいちゃんを見て、哀しくなる事はない。


孫と遊ぶおじいちゃんの姿は、相変らず我が家では、永遠に見られない訳だけれど、我が家は我が家なりの連休がある。


結婚記念日の翌日、三男と、次男の嫁さんと一緒に、裏山でタケノコを掘った。


もっと奥に分け入って、わさびも取ってきた。


ちょうど火曜日だったので、皆で食卓を囲んだ。


メニューはいつも通り「天ざる」だ。


掘り立てのタケノコの天ぷら、タケノコの刺身。


そして、蕎麦には、新鮮なわさびが添えられた。


わさびの茎も、お浸しにして食べると美味しい。


初め、しかめっ面だった夫は、いつの間にかしっかりと目が開いていた。


目の前に座った、若い男性と、若い女性が、誰なんだか、それは分かっていないと思う。


だけど、こうして、夫をいれた家族が、普通におしゃべりしながら、一緒に「天ざる」を食べていることが、私には、ものすごく不思議な感じがした。





何だか・・・・普通の家みたい・・・・・。





ここ数年、無かった感覚だ。



夫が病気であり、施設に入っている現実は変わらない。


相変らず、眉間に皺を寄せて、しんどそうな顔をしている時間が多い事も変わらない。


この先、何年生きられるか分からない現実も、やはり変わらない。


普通の家・・・じゃない、時間が圧倒的に多い。





だから、一瞬でも「普通の家みたい」と感じられた事が、とても不思議な感覚だったのです。








コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |