FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

最近、夫は食事に時間がかかるようになった。

朝や昼も、以前は15分位で食べ終わっていたけれど、この頃は倍の時間がかかっているらしい。


夫は、とても良い環境で、落着いて過しているのは事実だけれど、それは一つには病気が進んだからに他ならない。


一年経てば、一年分、脳が萎縮するのは止められない。


苦悩に満ちた時期から思うと、天国の様な日々である事は間違いないけれど、病気が良くなって落着いた訳ではなく、病気が進んで落着いたことを思うと、本当に、本当に、本当に・・・残酷だ。


食事に時間がかかる様になったのも、一つは進行のせいかもしれない。


そこで、夫の食事風景をじっくりと観察してみる事にした。


以前は、食べ物が口に入って、何回か噛んで、ゴックン、直ぐに次を要求して口を開く、そして、噛んでゴックン、


このペースがとても速かったので、直ぐに食事が終わってしまった。



ところが・・・・



今日の夫は、口に入ったご飯を、噛んで、噛んで、噛んで・・・70回以上は噛んでいた。


真似してみると、いつの間にか口の中のご飯が消えている。


から揚げは、100回ほど噛んでいた。


それ程良く噛むので、結局全体の時間長くなる。


そして、途中で休憩をいれたりするので、夕食は1時間から長い時は1時間半ほどかかることがある。


見ていて、咀嚼や嚥下機能が衰えているとは思えない。





そこで、私なりの診断を下してみた。


夫は、この一年で10K以上体重が増えた。


長い期間入院して、拘束され、最悪の時は、43Kにまで落ちていた。


この一年、それを回復する為に、すごい食欲があった。


だけど、いつの間にか60Kを超えて、もう、これ以上増えなくても良いと、判断した。


だから、この体重をを維持するために、しっかりと噛んで、時間をかけてゆっくり食べれば良いのだと決めた。





誰が決めたのか?





それは、夫自身だと思う。


今、夫の体の中には、何の薬も入っていない。


昨年の9月以来、便秘の薬以外飲んだことが無いので、夫の体は、今、完全に自分自身で自分をコントロールしていると言える。


どんなに脳が萎縮してしまったとしても、きっと生まれながらに持っている本能で、自分を守っているのだと思う。


この先、どんな風に進んで行くのか、いつ、自分の人生を終わりにするのか、それも全て夫が自分で決めるのだろう。


私がしなくてはならないのは、


その邪魔をしないこと、だと思っている。




「量より質」に移行した思える夫との食生活、


還暦を過ぎた私にも、ちょうど良い。







002りょうもしつも







コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |