FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

後ろ髪

この所、夕方早めに夫の部屋へ行く。

ようやく仕事が、一段落した感じなので、事務員さんが居る日は、4時頃上がる。


メグちゃんとゆっくりお散歩をして、その後、夕食の下ごしらえをしてから、5時過ぎに夫の部屋へ行く。


ホームの夕食は、キャンセルする。


以前は、おかずだけ持って行って、ご飯と汁物だけは、頂いていたのだが、最近、優れものを見つけた。


1.5合炊きの炊飯器だ。


最小0.5合から炊ける、何とも可愛い可愛いお飯事の様な炊飯器を、ネットで見つけた時は、これだ!と、本当に嬉しくなった。


家で試しに炊いてみると、十分に美味しく食べられたので、早速、夫の部屋へ持って行き、毎日、1合炊いて、二人で食べている。


ホームのご飯が美味しくない訳ではないのだが、私が炊いた、炊き立てのご飯を、二人で一緒に食べる、と言うところに、私の自己満足がある。


豪華でなくても、私が作った食事を、二人で食べる、


それが、いいんだ。


それが、幸せなんだ。


それだけで、幸せなんだ。


それが、実現できる環境にあることに、感謝一杯だ。






今日の夫は、何とも情けない顔で、私を待っていた。


酷い顔だ。


あ~あ・・・と思うけど、前ほど気にならない。


夫は、死にたいと思っている・・・・とまで思わなくなった。


そんな酷い顔の夫に、あれこれ話しかけながら、お米を研いで、可愛い炊飯器にセットする。


炊き上がる間におかずを準備する。


味噌汁を作って、漬物を用意して、出来上がり。


あれ?ホームの食事より、一品少ない・・・ま、いいか。


なんたって、愛妻の手作りだから。




夫の食欲は、確実に落ちてきた。


口をあける速度が違う。


ぽこぽこのお腹を見るに付け、きっと自分でバランスを取っているんだろうと思い、無理強いはしないけど、少々淋しい。





今日の夫は、食べている間も、食べ終わってからも、あまり良い顔にならなかった。


まあ、そんな日もある。


良い顔が良いに決まっているけれど、夫が酷い顔]でも、私が、前ほど絶望的にならなくなったのは、年月の成せる業だろうか。


車椅子の横で、しばらく寝転がってTVを見た。


メグちゃんは、指定席で眠っている。


しばらくして、イチゴを食べることにした。


まだ、しかめっ面の夫の唇に、イチゴをちょっとつけてあげると、夫は口を開いた。


一口食べると、続けて口をあけた。


程よい量のイチゴを食べ終わった頃から、夫は、やっと良い顔になった。


いろいろ話しかけているうちに、もっと良い顔になった。


例の顔だ。


会話が出来る顔だ。


また、会話が出来る夫が戻ってきてくれた。


何度でも、何度もでも、話そう。


例の話を。


TVを消して、夫と私は会話した。


私は、言葉と笑顔で。


夫は、表情をフルに駆使して。





夜もl更けた。


いい加減に帰らなくては。


帰らないと


夫は、帰らないで、と言っている。


明日、また来るからね


夫は、淋しそうな顔をしている。


もっと居てほしいの?


夫は、小さく頷く。


でも、帰らないと。


そっと夫の視界から消えてみた。


夫は、視線で追いかけて私を捉えた。


つかまった。


もう・・・帰れないよ。


もう一度、傍に行くと、夫は、笑った。


本当に、優しい顔で笑った。






TVを点けて、今度こそ、夫の視線に捕らえられないように、退室した。


玄関から振り向いてみると、夫は優しい笑顔のまま、TVを見ていた。



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |