FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

聴覚

人間の五感で、最後まで残るのが、聴覚だと聞いたことがある。


先日、看護師さんが、「聞こえてるから、一杯話しかけてあげてくださいね。」と言われた。


実際のところ、本人が言葉で答えてくれない以上、聞こえているかどうかは確かではない。


だけど、私は、今の夫は確実に聞こえていると思い、また、これから先も最後まで私の言葉を聞き続けてくれると確信している。


それは、単に、信頼していれば、とか、、愛情があれば、とか・・・・そんな抽象的なことではなくて、私が体験したある出来事による。






もう、ずっとずっとずーっと前のことだけれど、私は全身麻酔で手術を受けたことがある。


簡単な手術だったので、麻酔の量が少ない、などと言う理由があるかどうかは、専門家ではないので、私には分からない。


何かを口に当てられて、「ゆっくり一から順に数えてください。」と看護師さんに言われて、「いち、に、さん・・・」と数えると、直ぐに意識がなくなった。


何も見えない、何も感じない、体を切り刻まれても、痛くも痒くもない、


手術台に横たわる私の感覚は、五感の全てを一時凍結しているはずだったのだが・・・・・・・


「聴覚」だけは生きていた。


お医者さんと看護師さんが話している声が、しっかりと聞こえてきたのだ。


無の状態でも、聴覚は生きている。





だから、私は今、出来るだけ夫に話しかけるようにしている。


これから先、どんなに病気が進んで、あの時の私みたいに、無の状態になったとしても、必ず私の声は聞こえていると確信できるからだ。


語りかける言葉の意味をどれだけ理解できるかは分からない。


だけど、発症してそろそろ12年になろうとしている夫ではあるが、調子の良い時は、私の言葉に耳を傾け、大好きな話題には、顔の表情で反応してくれる。


分かっているんだなと思える瞬間である。


今日も、夫の大好きな話をたっぷりとしてきた。


お父さん、頑張ったよね。だから、皆も、頑張ってるんだよ。










夫は、笑顔で答えてくれた。




へへへ・・・そうか?って。


夫の笑顔は、久しぶりだ。





002つくえのした

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |