FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

花火

メグちゃんが苦手なのは、カミナリと爆竹と花火。


いいおばさんの域に達しているメグちゃんだけど、ゴロゴロ、パンパンの音には、いつまでたっても免疫が出来ないと見える。


人間が察知する前から、恐怖の音が聞こえるらしい。


はなび0828





そうなると、そわそわ、うろうろが始まって、私の行くところ、何処までも着いてくる。


そんなメグちゃんを見ていると、一時の夫の姿と重なって、何だかとても切なくなってしまう。


夫も、背後霊のごとく、私に着いて来てたな・・・・。





そして、そんな時に、メグちゃんを抱っこしてあげると、小さな体がぶるぶる震えている。


可哀想に・・・・。


あの頃の夫も、こんな風に震えていたんだろうか・・・・・。











追憶は好きではないのでおしまいにして、







夕食の食器洗いをしていると、突然大きな音がした。


パン、パン、パン、ドーン、


直ぐ近くで聞こえる。


突然の恐怖の音に震えだしたメグちゃんを抱っこして、窓から外を覗いてみると、


なんと!


目の前の夜空に、見事な花火が煌いているではないか


後から聞くと、近くの神社のお祭りが催されていたとの事。


すごい!お父さん、花火だよ、見える?きれいだよ!


と、言って見たけれど、夫はじっと目を閉じたままなので、せっかくの夜空の祭典を、私一人で楽しんだ。


メグちゃんに配慮してくれた訳ではあるまいが、煌びやかな大輪は、ほんの数発で終わった。


夫が、ずっとしかめっ面で、一緒に楽しめなかったのは残念だけれど、こんなに目の前で花火を見たのは、遥か昔の事なので、とても幸せな気分になれた。







ところが・・・・


美しい花火は、今日の幸せの、ほんの序章だったのだ。




煌く祭典の余韻に浸りながら、ようやく目が開いた夫と一緒にTVを見ていた。


楽しい雰囲気のバラエティ番組だ。


天然の女優さんの面白い場面があって、私は思わず声を出して笑った。


その時・・・・・


夫が、笑った。


私は、びっくりして直ぐ隣の夫の顔を見た。


夫は、とても楽しそうな顔で笑っているではないか。


こんなに良い顔で笑う夫を見るのは、いつ以来の事か思い出せない。


面白いね、楽しいね!


そう言うと、夫は、本当に本当に嬉しそうに、小さく頷いてくれた。


しかめ面が多いと、つい、もうこのまま一生笑うことはないかもしれない、とネガティブ思考に陥ってしまう。


目の前の、夫の笑顔は、私にとって奇跡にも思えた。





何が夫の笑いのスイッチを入れたのかは、良く分からない。


とにかく、夫が笑ってくれた。


それだけで、幸せ一杯になった。





窓から見た大輪の花火も美しかったけれど、夫の笑顔は、その何万倍も輝いていた。



帰り道、スーパーに寄って、一つだけ、ケーキを買って帰った。


一人でも、どうしてもお祝いがしたかったから。



わらって0828






コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |