FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

ご機嫌

昼間、更新されていたランちゃんパパのブログを読んで、良かったね、いいな、うらやましいな、と思った。


夫の部屋から戻って、今日の出来事を書くために、タイトルをどうしようかと考えて・・・・ひらめいた。


ぱくろう。


我が家のタイトルも「ご機嫌」だ。





夫のご機嫌が、その時によって色々なのは、以前から変わらない。


昨日は、昼間2時間ほどいた間、ずっと目が開かなかったので、そう言う日は、がっかりして帰ってくることになる。


以前ほど、夫のご機嫌に私の精神状態が左右されることはなくなったが、それでもやはり、しかめっ面ばかり見せられると、気分は明るくはなれない。





5時過ぎに部屋に着くと、今日の夫は、初めから目が開いていた。


珍しい。


そんな時は、それだけで嬉しくなれる。


だけど、夕食を食べ終える頃に、夫は目を閉じてしまった。


やっぱり、ずっとずっと良い顔でいてくれる、と言うことは難しい。


目が開かないので、7時半頃、そろそろ帰ろうかと思っていた頃、再び目が開いた。


穏かな顔になっている。


いつも左の目が開きにくいので、「拭いてもいい?」聞いてみたけれど、いつかみたいに「いいよ」とは言ってくれなかった。


そんなに上手く行くはずはない。


普段、夫と一緒に過ごす時間は、大抵TVを点けている。


または、音楽が流れている。


だけど、今日はあまりにも夫が冴えた表情をしていたので、TVを消して、お話タイムとした。


お話しないともったいないと思ったからだ。


色んなことを一杯話した。


良い表情でしっかりと聞いてくれているのが分かる。


その後、久しぶりに体操をすることにした。


夫の両手を取り、適当な鼻歌にあわせて前後左右に振って遊ぶ。


夫の表情がだんだんと緩んできて、そして、笑った。


本当に良い顔で笑ってくれた。


こんなに良い笑顔を見たのは、いつ以来の事か思い出せない程だ。


私は、心から嬉しくて、何度も何度も夫の手をとって遊んだ。


その度に、夫は笑ってくれた。


もっともっと遊んでいたかったけれど、あまりはしゃぎすぎても良くないので、そろそろお開きにすることにした。


リクライニングを倒して、足を伸ばして、お休みの姿勢にする。


夫の好きな音楽を流す。


だけど、あまりに穏かな良い顔なので、立ち去りがたく、夫の傍で、膝を付いて、しばらく顔を眺めていた。


夫も、時々視線を合わせてくれる。


過去最高体重の62Kとなり、ふっくらとした顔、


65歳なのに、皺一つないきれいな顔、


日焼けが好きだったので、しみは一杯あるけど。


そんな夫の顔を見ていて・・・・ふと感じたことがある。


とても不思議な感覚なのだが、


病気じゃないみたい・・・・って。


普通に年を重ねて、普通に38年の年月が経った、普通の夫婦、


一瞬だけど、そんな不思議な感覚に陥った。


お父さん、病気じゃないみたいね。


そう言って見たけど、もちろん返事はない。



夫のぽこぽこのお腹を枕に、少し休んでみる。


夫の笑い声が聞こえてくる。


嬉しそうに、楽しそうに。


本当に、今日の夫に何が起こったのだろうか。




夫と私の人生の、「幸」「不幸」を考えなくってから久しいが、今日の笑顔に釣られて、ふと野暮なことを聞いてしまった。




お父さんは、幸せ?




答えなど、期待していないのに、夫は、小さく頷いてくれた。


今日、泊まって行こうかな。


そう言うと、夫は、また、はははは・・と笑った。




残念ながら、今日はカメラを持っていなかった。


だけど、今日の夫の笑顔、しっかりと目に焼き付けて、心の中に永久保存した。



そっと部屋を出る時、CDからは、「乾杯」が聞こえてきた。






コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |