FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

久しぶりに犬の話。


当ブログの人気者、メグちゃんは、ご存知の通り、捨てられていた子です。


我が家に来てから、早5年が経ち、天性の人懐っこさで、皆に可愛がられ、悲しい過去などすっかり消え去ったものと思われます。


そんなメグちゃんですが、初めて来た時から、何でだろう?と思うことがありました。


それは、ボール遊びをしないのです。


今まで、我が家で飼っていた犬は、皆、ボール遊びが大好きでした。


公園などで遊んでいる犬も、飼い主さんに投げて貰ったボールを嬉々として取りに走るのが普通の光景です。


だから、犬は、元々、そんな性質が備わっているものと思っていました。


だけど、メグちゃんは、ボールを追いかけない。


何でだろう?


ま、犬もそれぞれ好みがあるから、ボール遊びが好きでない犬も居るんだろう、と思っていました。




そう思っていたんだけれど・・・・・




先日、犬番組をTVで見ていた時、こんな話がありました。


犬は、生後6か月位までに、ボールで遊んでもらったことがなければ、その後、成長しても、ボール遊びをしなくなる、と。


諸説あるのかもしれませんが、それを聞いて愕然としました。


ああ・・・・・・メグちゃんは、小さい頃、誰にも遊んでもらえなかったんだ・・・・


5年前に我が家に来た時、推定2,3歳と言われたメグちゃん。


詳しくは分かりませんが、外を1人で歩いていた所を保護されたけど、飼ってくれる人が居なかったので、保健所へ、


処分直前に、引き出され、その後は、里親さんが現れるのを、一時預かりのボランティアさんのお家でひたすら待っていた、

それがメグちゃんの過去です。


縁あって我が家にやって来たメグちゃんのその後は、奇しくも、実は介護ブログなのに、メグちゃんの成長記録にもなったこのブログに記されてきました。


人懐っこく、あらゆる人間が大好きで、いつもいつも尻尾をフリフリしているメグちゃんが、我が家に来るまでの2、3年をどんな風に生きていたのか、さっぱり分かりません。


この人懐っこさから推測すると、決して人間から虐待されていた訳ではなさそうです。


毎日元気で、日に日に表情も良くなって来たメグちゃんを見ていると、過去のトラウマは感じられません。


そんな訳で、5年も過ぎた今は、メグちゃんの過去に思いを馳せる事もなくなり、天性のセラピーの素質に助けられ、日々を楽しく過ごしていましたが・・・・・・


ボール遊びをしない訳を聞いて、愕然としたのです。


一人ぼっちの子犬、


誰にも遊んでもらえなかった可愛い盛りの子犬時代、


どんなにか淋しかったことでしょう。


今、人を見ると、尻尾を振って傍に駆け寄って行くメグちゃん、


小さい時も、きっとそうしてただろに、誰にも遊んでもらえなかったんだね。


何だか、不憫で仕方がありません。




三つ子の魂100まで、


今、どんなに幸せでも、消しきれない記憶が残っているんだろうか。


今夜は、いつもより、思いっきり強く抱きしめて眠ろう。


メグちゃん、もう、絶対に淋しい思いはさせないよ。


010あづけられ1019






コメント

とても良くわかります。
うちのアンコはわたしより息子が大好きです。
いつもいつも世話をして かわいがっているのは私なのに

どうしてなんだろう?息子の友達まで大好きなのはなぜ?

と いつも思っていました。

昔 息子が言った言葉。

アンコがうちに来た最初の夜、
「この子はは子犬でオシッコもあっちこっちでするだろうから、ゲージから出しちゃだめよ。
お母さんが仕事から帰ってくるまで そっとしといてね。」
って言ったけど(私は昼の仕事と夜の仕事をしていて、その日も夜の仕事にでかけたのです。初めての犬と小学生の息子が心配だったけれど 夜の仕事にでかけたのです)、俺、 ゲージから出してアンコをずっと抱いてたんだ。母さんが帰ってくる足音がしたから急いでゲージに戻して知らん顔してたけど、アンコはずっと泣いてたから ずっと 抱いてたんだよ。アンコが俺のこと好きなのは そんな最初の夜のことを覚えてるからだと思うよ。

今では県外で住んでる息子。
しばらく 玄関から離れず 息子がいつものように遅く帰宅してくるのを待ってたアンコ。

今日のmomoさんの記事のメグちゃんの気持ち よくわかる気がします。

私が息子の分まで可愛がってあげようと思います。でも、一番好きなのは 息子なんだよね、いつまでも。。。

らんさん

アンコちゃんと息子さんの、最初の夜の出来事、泣けてきそうな心温まるお話ですね。

初めてのお家で心細く泣いていたアンコちゃんは、息子さんに抱っこしてもらえて、安心したんでしょうね。小さかった息子さんもきっと、やわらかくて温かいアンコちゃんを抱きしめて、心暖かく癒された事でしょう。

犬は本当に律儀ですね。メグちゃんの過去はどうやっても変えられないけれど、今出来る精一杯で、可愛がってあげたいと思います。

犬に限らず、あらゆる小さな命が、誰からも温かくはぐぐまれる温かく優しい世の中であることを願って止みません。

アンコちゃんにもメグちゃんにも、嬉しい事が一杯ありますように!


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |