FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

先月末、メグちゃんの歯が抜けそうだ・・・・・と、トリマーさんに指摘されてから、私はとても焦った。


歯に歯垢がついて、口臭も薫り高くなって来たのは分かっていたが、犬に歯磨きをさせなくてはならないと言う認識があまりなかった。


言い訳をすると、子供の頃に飼っていた雑種の犬に、歯磨きなんかしてやった事・・・・一度も、ない。


それに、メグちゃんの前に飼っていた2匹の大型犬も、歯磨きなんかしなくても何と言う事無く天寿を全うしたではないか。


なのに、なのに・・・・何でメグちゃんは・・・・


と言う私の認識は、一昔前のものだと笑われるのだろう。


結論を言うと、メグちゃんは、獣医さんに連れて行かれて、全身麻酔をかけられて、歯を抜かれた。


どの歯を抜くか、獣医さんにお任せしておいたら、何と、何と!10本も抜かれていた。



018は1115


メグちゃん、ごめんね!ごめんね!本当に、ごめんね!


でも、お陰で残った歯は、歯垢が取れてピカピカになって、口臭もなくなった。


犬の場合、この位歯が無くても、食べるのに支障はないとの事で、翌日からいつもの元気なメグちゃんが復活した。


良かったぁ・・・・。


もっと状態が酷くなると、菌が顎の骨を溶かしたり、皮膚に穴が開いたりするらしい。


人間の歯周病と同じだ。




人間も、同じ?


それに気が付いて、急に心配になって来た。


夫の歯の事だ。


夏に、歯の詰め物が取れた時に、歯医者さんに看て貰って、異常がない事を確認し、一応安心したけれど、考えてみれば、本人の協力が得られない夫の場合、日々の歯磨きがどれだけちゃんと出来るか分からない。


その後、歯医者さんに看て貰う事をしないまま、時が流れているが、このままで大丈夫だろうか・・・・と、少々心配になってきた。


未だ衰えない咀嚼と嚥下、それに伴う、健康体、


脳が食べることを忘れる前に、歯が悪くなって食べられなくなるとしたら、とても悲しい。









これは、何とかしなくては。


そこで、職員さんに相談し、


毎週ホームに来ている歯医者さんに、月に一度位、検診してもらいたい事を伝えた。





夫はまだ65歳。


この先、夫の脳がどの位生命維持できるかは分からない。


1年なのか、3年なのか、5年なのか、それとも10年、20年先があるのか、何も分からない。


脳の機能維持は天命に任せるとして、他の事で出来ることがあればやっておきたい。


検診は、来月くらいから、始まるかな・・・・と思っていたところ・・・・・


家に一通の封書が来た。


歯医者さんの請求書?


中を見ると、10月から毎週夫は検診を受けていた事になっている。


何で?


施設長のUさんに聞いてみた所、そう言うことになっているとの事だった。


そう言えば、7月の検診以降、一度夫が食事中に顔をしかめたことがあったので、Uさんに、もう一度看て貰う様お願いしたことがあった。


初めての時は、お試しなので、無料だけれど、これからはお金がかかります、と言われて、わかりました、と返事をしたことを思い出した。


私は、その時、一回きりの検診だと思っていたのだが、実はそれ以降、毎週看て貰っていたのだと分かった。


少々の行き違いはあったけれど、結果、夫の歯の健康維持が既に成されていたので、それはそれで良かったと思う。


Uさんによると、歯医者さんはとても上手に夫の口の中に指を入れて看て下さっているそうだ。


思わず、「噛まれませんか?」と聞いてしまった。





メグちゃんのお陰で意識を強く持つことが出来た歯の健康維持、


とりあえず、これで一安心だ。





あ、メグちゃんは、あれ以来、毎日寝る前に歯磨きしてま~す



ぺろ1115
















コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |