FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

新年

あっという間に、慌しく正月休みが終わり、戻っていた三男も帰って行き、明日からまた日常が戻って来る。


1人に戻って、非日常ゆえの疲れを感じてはいるが、お正月は、やっぱり楽しい。


今年もまた、夫の部屋に子供や孫が揃うことが出来た。



あふぉんぢゅ0103
メニューは、チーズフォンデュに初挑戦



たべたい0103


昨年のお正月を皆で過した後、私は、「来年のお正月に夫はいるのだろうか?」と思った。


そんな私の気がかりを一蹴するかのごとく、夫は今年も元気で皆の輪の中にいる事が出来た。


ただ、残念なことに今年はあまりご機嫌が宜しくなかった。


私が先に1人で行った時には、とても穏やかな顔でTVを見ていたので、どうかこのままの表情で、と願ったけれど、残念ながらその顔は、皆が来る少し前に曇ってしまった。


昨年の記事を見るにつけ、一年分の病気の進行を感じる。



だけど、そんな夫を囲んで、仕事で戻ってこられない4男を除く家族8人が揃ってひと時を過すことが出来た事は、本当に嬉しいことだった。


こんなお父さんだけど、当たり前の様に家族の中にいる、家族の一員としてそこにいる、


しょくじ0103   ふいざ0103

ぶん0103   0180103.jpg



私にとって、これほど嬉しいことは無い。


賑やかな時間が過ぎ去り、皆が帰った後、夫は静かに目を開いた。


穏やかな良い顔だ。


どうせなら・・・・その顔を皆に見せたかったのに・・・・・残念。






夫の表情は少し残念だったけれど、若者たちから沢山のパワーを貰って、2015年を元気に迎える事が出来た事に感謝一杯だ。






今年はどんな風に過ぎてゆくのだろうか、来年のお正月に夫はいるだろうか・・・・・


と、そんな風には、あまり思わなくなった私だ。


一日、一日を、無理せず、ゆっくりと、大切に生きてゆこう。


そして、それを365回繰返す。








夫がいても、いなくても、


私は、しっかりと自分の人生を生きてゆかなくてはならない。







コメント

ひとり

 
 夫の病気のおかげで学ぶ事の多い私。夫にとってこの病気は???
 繰り返し湧いてくる疑問でした。
 今日のブログを読んで思いました。
 私が独り立ちするのをゆっくりゆっくり待ってくれているのかも・・・

はなさん

仰る事、とても良く分かります。

人は、1人じゃ生きていけないけれど、やっぱり最後は「ひとり」なんだと思ってます。

配偶者のあるなしに関わらず、また子供が居ても居なくても、誰かに甘えることなく、しっかりと自立し、誰かのせいにすることのない自己責任の人生を生きなくてはならないんだと思うんです。

願わくば、自立した生き方だけでなく、自立した死に方もしたいですが、こればっかりは・・・分かりません。

これだけの苦しい人生を生きている夫が、過去に二度も死ぬチャンスがあったのに、それを超えたのは、人任せの甘ったれた人生しか送ってこなかった妻を、まだまだ残してはいけないと思ったからかな・・・などと思うこともありますが、こればっかりは、夫がしゃべってくれないので、分かり様がありません。

結局、私が物事をどの様に捉えるかと言うことであり、つまり、どんな風に考えて、どんな風に生きて行くかは、自分次第なんですよね。


なんか・・新年早々ややこしいこと書いてしまいました。

私もがんばろう

通りすがりの在宅介護16年、四人の親を見送ったものです。
まだ、自分を取り戻すには時間がかかりますが、介護で壊れた自分を修復するよりも、半分腑抜けだけど、ありのままでいきていこうと思いました。ありがとうございます。

あけましておめでとうございます。
チーズフォンデュ食べたことありません。
是非挑戦してみたいです。
夫も私も子供も家族の絆を大切にしながらそれぞれの道をきちんと歩んでいけばよいと思っています。
私も子供も夫のせいで何かが犠牲になったということもなく思い通りの人生を過ごしています。
将来のことは本当にわからないですね・・。
とりあえず目の前にするべきことがいっぱいあることに感謝するのみです。
今年もどうぞよろしくお願いします。

よしさん

はじめまして。コメント頂いてありがとうございます。

長い時間を、在宅で頑張ってこられたのですね。程度の差こそあれ、一生懸命介護をすればするほど、心が壊れたり傷がついたりすることがあるのではないでしょうか。

どうぞ、お体を大切にお過ごし下さい!


ルッコラさん

こちらこそ今年もよろしくお願いします。

夫がこの病気になっていなかったら、私も子供たちも、今とは何かが違う生き方をしていると思います。そう言う意味では、夫の病気は家族に何らかの影響を与えている訳ですが、それを「夫のせいで・・」と思うか「夫のおかげで・・」と思うか・・・じゃないでしょうか。

チーズフォンデュ、簡単でとっても美味しかったですよ。今度、皆でやりましょうか。

よしさんへ

momoさん、この場をお借りします。
「介護で壊れた自分」という言葉に反応しました。

16年間の在宅介護で4人の親を送られたとのこと、本当に本当にご苦労様です。介護も4人4様、介護が重なった時期もおありだったことでしょう。そのご苦労の本当のところは誰にもわかってもらえないのではないでしょうか。

「心の状態」は「脳の状態」ですから、きっと時間がかかることでしょう。
でも、前向きに、前向きに、という姿勢は重要だと思います。

さだまさしさんの音楽は、人間応援歌と評する人もいるほど、人間のことを深く深く理解したさださんが魂をこめて作り歌ってこられた名曲が多いです。
私は「さだまさしベスト」「ベスト2」「ベスト3」のCDを購入して3年、少しずつ少しずつ恢復してきました。「ストーリーズ」12枚のCDの中の「志」のCDを聴き始めて1年ちょっとになります。「夢のつづき」という曲の「夢の続き生きよう まだ間に合うから」という歌詞がきっかけでずいぶん前向きになってきました。
さださんは私の命の恩人です。

何かの力になればと思って書き込ませていただきました。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |