FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

不自然にヒロくんに背を向け、私はSさんに向かって、ここに至るまでの経緯と特にこの半年ほどの引きこもり状態、そして先程の何年振りかの奇跡の笑いを、手早く解説しました。 「何年振り・・・・ですか・・」もともとヒロくんの社交的で明るい性格を知っていたSさんは、Sさんなりに随分驚かれた様です。

そして、もし本人がこのホームにどうしても通いたいならそれも可能である事、でも出来るだけ家から近い方が良いので、まず地域の包括支援センターと言う所に相談に行けば色々教えてくれる、と言う事をやはり手早く話してくださいました。

お世話になったSさんには、心からのお礼を述べて帰路に着きました。
今まで、覗いた事の無い新しい人生の扉がほんの少し開きかけた気がしました。

治る事のない病、認知症。日々確実に進行してゆく事がはっきりと分かっている病気、認知症。そして、50代でこの病に取り付かれてしまったヒロくん。

でも、どんなに絶望の縁にあっても、周りを見回せばどこかに何等かの救いは転がっている物です。
久しぶりに希望が見えてきた一日でした。

さて、それからの私は、自分の何処にこんなに行動力があったのかとびっくりするほど、精力的に動き回りました。

Sさんの所に伺った翌日の午後に、私は地域の包括支援センターの担当者の方と向かい合って座っておりました。もちろん、隣にはヒロくんがおとなしく鎮座しております。

まず、すべき事は介護保険の申請と言うことでしたので、その場で書類に書き込みを済ませました。

そして、介護保険を受けるには、市役所からの面接調査を受けること。それから、かかりつけの先生の意見書を書いてもらう事。この2点が揃って、審査会議に掛けられた後、介護度が判明する事。その間約1ヶ月ほど掛かる事。

決定された介護度に応じて、必要な介護サービスが受けられる事。などなど・・・・介護保険初級偏の説明を受けました。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |