FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

部屋に入ると、散髪をしてもらい、すっきりとした頭の夫がいた。


表情は、少々のしかめっ面だ。


夕食の豚汁と野菜炒めを食べ始めると、だんだんと穏やかな表情になってきた。


いいぞいいぞ


相変わらず良く食べてくれて、本当に嬉しいが、あまり体重が増えすぎても良くないので、炭水化物は少々控える。


でも、いつか必ず食べることを忘れる夫だから、食べてくれる内に出来るだけ蓄えておきたい気もする。


徐々に?あるいは、急に?食べられなくなって、頬がこけ、やせ衰える夫の姿は、過去に2度、目の当たりにしただけに、その恐怖と悲しさが如何ばかりのものかを知っている。


食べてくれることは、本当に嬉しい。


ある程度食べ終えると、積極的に口を開かなくなるので、「もういい?」と聞くと、小さく頷いた。


本人にどの程度の意識があるかどうか分からないけれど、とりあえず意思表示があったと見なして、そこでごちそうさまをする。


その後、いつもの様に並んでTVを見る。


穏やかな表情は、続いている。


私は、夫のお腹を枕にして、休んでいた。


その時、突然、


○△□※#$・・・・


と言う声が頭の上から降って来た。


私はびっくりして、顔を上げた。


一瞬、夫が怒っているのかと思った。


まだまだ不穏が酷かった頃、良くこんな声で怒っていたからだ。


でも、夫の顔は、怒っているわけではなく、少々の笑いを含んでいた。


あれ?お父さん、どうしたの?何か可笑しかったの?


そう聞くと、小さく小さく、とても小さく頷いたような気がした。


夫の声を聞いたのは、久しぶりだ。


前の記事で、「声が聞きたい」と書いたからだろうか。






その後も、調子の良さは続いていたので、久しぶりにTVを消して、真正面から顔を見て、お話をした。


家の事、子供たちの事、会社の事・・・・・


以前は、こんな風に話しかけると、何らかの意思表示をしてくれたものだったが、今は、そこまでの表現はない。


ただ、私の言葉をじっと聞いてくれているのが分かる。


声は聞こえているけれど、その内容が分からない、


そんな風にみえる。


聞いた事の無い外国語で、一生懸命話しかけられている感じだろうか。


少しづつ、少しづつ・・・「無」に戻って行く夫を目の当たりにするのは悲しいことではあるけれど、「今」が夫が「無」から一番遠い状態なのだと思うと、この一瞬が輝く。


「この人何を言ってるんだろう?」と言う表情でも構わない。


視線が合い、私を見てくれる夫がそこにいる事は、それだけで素晴らしい。


願わくば、いつも穏やかな表情で、どうか苦しみの表現が少ないことを。






穏やかな顔の日は、立ち去りがたい。


じゃあ帰るね。


夫は、小さく頷いてくれた。


また明日ね、お休み。


メグちゃんを抱っこして、出口に向かう。


お休み!


と、玄関から声をかけると、車椅子に横たわった夫は、声を追って視線をこちらに向けてくれる。


バイバイ!


また、顔がこちらへ動く。


視線が声の主を探している。







まだまだ・・・「無」じゃない。



028ZZZ.jpg








コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |