FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

台所でお芋の味噌汁を作っていると、施設長のUさんが入って来られた。


今ちょっと宜しいですか?


独特の栃木弁らしき物言いで言われた。


Uさんの話しは、こうだった。


夫をトイレに座らせるのに、抱えあげなくてはならないので、前から、職員から体の負担が大きいとの声が上がっていた。

職員が腰を痛める事を継続してやらせる訳には行かないので、この所は、自分たち管理職がやっていた。

だけど、やはり負担が大きいので、吊り上げるリフトを入れさせてもらえないだろうか。



夫の体重は60K超えた所をを維持している。


トイレに座らせるには、一人が正面から向き合って、夫の体を抱え上げている間に、もう一人が後ろからオムツを外し、便座に座らせる。


抱えあげられる夫は、足には全く力が入らず、むしろ膝を曲げた状態で座ってしまおうとする。


それを、オムツを外すまでじっと抱えて居なくてはならない。


そして、便座から車椅子に戻る時も、同じ事が繰返される。


見ていても、気の毒な位、大変そうだ。


リフトの導入は、必須と思える。


Uさんは、更に言いにくそうに言われた。


それがですね・・・・ちょっと高いんですよ。

介護保険が使えないので、レンタル代が、月13,000円です。

それから、吊り上げる時に、身体を包む布は・・・買取で・・・5万円・・なんですけど・・・。



要介護4(4、なのです)の夫の介護保険の持分は、全部ホームに預けてしまっているので、ベッド、車椅子などは全て自費で借りている。


因みに、車椅子が月8,000円で、ベッドは4,000円。


リフトの13,000円と5万円の買取の布は、思ったよりかなり高めだ。


で、もしやめるとすると、夫はこれから先、トイレに座らせてもらうことが出来なくなる。


と言うことは、永遠にオムツの中で排泄をするということ。


夫の身体的状態が、もはや座っていることが出来なくなり、ずっとベッドで寝たきりならば、それも仕方がない。


だけど、夫は、まだしっかりと一人で座れる。


タイミングが合えば、ちゃんとトイレで排泄が出来る。


トイレでの排泄、


この、人間としての尊厳は、なんとしても出来るだけ長く維持したい。


せめて、足に力が入って、支えられている状態でも、辛うじて立つ事が出来れば良いのだけれど、それはもう諦めなくてはならないのだろう。


夫はもう、好きな所へ出かけることは出来ない。


お気に入りの洋服を買いに行くことも、好きな家具を選ぶ事も出来ない。


そんな夫に、私がしてあげられることは、ほとんど無い。


せめて、トイレに座ること、


Uさんも、それは出来るだけ続けたいと言われた。


ホーム側でも、そう言う気持ちで居てくれる事は、嬉しい事だ。


夫が快適に過ごす為の、秘密兵器が、また一つ増える。




010.jpg
無理。





コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |