FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

先日話のあった、リフトのその後のお話です。




Uさんが、色々探して下さったとみえ、ある日、こんな


rifuto0411.jpg


のが、部屋に入っていた。


最初に持ち込まれたらしい大きすぎる物よりは、小ぶりらしいが、結構場所を取っている。


構造上、移動できないので、導入の一番の目的であるトイレまでは行けない事になる。


なので、ベッド脇にポータブルトイレが置かれていた。


このリフトで夫を吊り上げれば、ベッド、トイレ、車椅子間を、1人の職員さんでも、楽々移動出来る訳だ。


と、理屈はそうなんだけれど、実際にやってみて貰った所、そんなに簡単ではなさそうに見える。


まず、吊り上げる為には、背中から布を差し込んで、フックを引っ掛け、次に、両足にも布を絡ませ、それも引っ掛ける。


決して難しい動作ではないのだけれど、本人の協力が得られない事が難点だ。


それに、車椅子からトイレに座らせたい場合、1人でやるには、一旦、吊り上げてベッドへ寝かせ、下半身をフリーにして、再び吊り上げて、トイレに移動する。


目出度く出るものがでたとすると、トイレからほんの少し吊り上げた状態で、パットをあてがうなどしてベッドへ移動して寝かせ、寝た状態で綺麗にしたら、オムツ、ズボンをはかせ、また吊り上げて車椅子へ、となる。


慣れれば、簡単ですよと言って下さったけれど、見ているととても大変そうに思える。


だけど、ロボットスーツが、まだ現実的でないなら、夫をトイレに座らせるには、これしかないのか。


ベッド脇にかなり大きなリフトがずっとあるのは、如何にも、「要介護者の部屋」と言う感じがして、何と無く気になるけど、私自身が何も出来ない以上、任せるしかない。









それから数日後、元施設長のUさんからTELが入った。


Uさんは、3月末で移動になったのだが、やりかけのこの件に関しては、落ち着くまで面倒を見てもらえる事になっている。


このホームは、全国に系列のホームがあるので、管理者の方は、平均3年ほどで移動になる。


これで、夫の入居時にお世話になったKさんとUさんのお二人とも居なくなってしまった。


残念だけれど、仕方が無い。





それはさて置き、


Uさんの話はこうだった。


ポータブルトイレがベッドの脇にあれば、リフトで吊り上げなくても、移す事が出来ると職員が言う、

トイレはレンタル出来なくて、買取になってしまうが、良いでしょうか?



私には、願ったりの話だった。


あのリフトが部屋からなくなると言うだけで、嬉しい。


そんな訳で、25,000円でポータブルトイレを購入した。


001Ptoire.jpg


介護用品の進化は、すごい。


黙っていれば、ごく普通の椅子にしか見えない。


ちゃんと暖房便座にもなっているのだ。


便利なところは、両脇のひじ掛けが跳ね上がるようになっているので、車椅子やベッドからの移動が楽に出来る。


「本当は、6万ほどするのですが、今だけ、25,000円でご提供いたします!」


と、メーカーさん、


何だか話し方が、高田社長に似ていた。





試行錯誤した夫のトイレ問題、


とりあえず、このあたりで落ち着いたのかも。


昨夜、薬を飲んで眠った夫は、-5日目の今日、午前と午後と、2回、この新しい自分専用のトイレで、見事に排泄をしてくれた。






あ、そうそう、


夢のロボットスーツ、


Uさんが問い合わせして下さった所、


体験は10,000円で出来るそうだけれど、


法人契約のリースのみで、


初期導入に30万円、


月々のリース代が、15万円、


だそうです。




もしかしたら、数年か数十年後には、当たり前の様に使われているかもしれないけれど、何事も、広く普及するまでは、なかなか大変な事だと思った次第です。






でも・・・・・



体験だけでも、して見たいな。



ろぼ0411












コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |