FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

YES OR NO

新しく施設長となられたSさんは、行動が早い。


聞いてみた事への回答が直ぐに帰ってくる。


気が長くない私には、ありがたい。


そんなSさんと、-4日の夫をポータブルトイレに座らせて30分位頑張ったけど、駄目だったのが2日前の事。


その時に、まだこのホームに来て1ヶ月のSさんは、これまでの夫の排便状況がどうなっていたか見ておきます、と言われた。


そして、昨日、夕方ホームに入ると、早速、Sさんに呼び止められた。


以前(このホームに入る前)は、マグラックスと言う薬を服用していた時期がある。


だけど、なるべく薬は使いたくないというご家族の想いと、薬は最終手段と言うホームの方針で、入居してからは服用していない。


排便を促す為に、無味無臭の繊維質の粉末を使用したことがあったけれど、効果が無かったので、中止。


品物は、まだ半分くらい残っていて、賞味期限までには一年ある。


今は、-4日で、ラキソ(液体の薬)10滴を飲んで、翌日排便があるが、これは、便を押し出す作用があるために、お腹が痛くなる。


たまたま医師の診察日だったので、聞いてみると、希望があればマグラックスを処方するので、ご家族と相談してくださいと言われた。


繊維質の他には、オリーブオイルも効果があると言われるが、味に影響がある。


今後、どうしたいか考えておいて欲しい。


大体、こんな話だった。


私は、今でも夫の便秘の一番大きな原因は、タイミングだと思っている。


出たい!と言う時にトイレに座れなくては、出なくなっても仕方が無いように思う。


だけど、その「出たい!」が夫の場合、なかなか見つけにくいので、結局出るものも出なくなってしまう。


ラキソ服用の翌日は、それなりの気構えで見てもらえるので、トイレで無事に排便できる事も多い。


その他の日は、難しい。


例え、私がずっと傍に居て見ていたとしても、難しいだろう。


そんな訳で、もう一度食物繊維を摂るか、オリーブオイルを試してみるか、マグラックスに頼るのか、それとも他の何かを考えるのか、今度は私が返事しなくてはならない。


Sさんとそんな話をした後、夫の部屋へ行って、いつも通り夕食を食べた。


冷蔵庫を見ると、ヨーグルトやヤクルトは減っているが、置いてあるジュースやポカリは、ここ数日ちっとも動きが無い。


水分、摂れているのかな・・・・。


そう思って、帰り際、もう一度Sさんに聞いてみた。


Sさんは、職員に聞いておくと言われたので、そのまま帰った。


それが、昨日の事。






そして今日、


夕方部屋に入ると、夫は、ごく普通の表情をしていた。


TVが点いているが、視線が別の方へ向いているので、TVを消してCDをかけた。


まだ外が明るいので、カーテンを大きく開け放って、車椅子を窓の外へ向けた。


見晴らしの良い3Fの部屋は正解だ。


食事を食べ終わってしばらくすると、表情が悪くなって、目が閉じられた。


それでも、リンゴを少し食べて、眠そうだったので、リクライニングを倒して、帰ることにした。


お皿を洗って、ふと夫を見ると、突然、ものすごく良い顔になっていた。


びっくるする位の穏やかなはっきりした顔だ。


頭が晴れているに違いない。


私は、至近距離で愛妻の笑顔をたっぷりと見せてあげた。


夫も良い笑顔を返してくれた。


じっと手を握って、顔を見ていると、ただそれだけで、この上ない幸せを感じる。


いてくれる、


それがどんなに貴重なことか、改めて思い知る。


夫が良い顔のまま目を閉じたので、そっと部屋を後にした。


出口の所で、Sさんに出会った。


今見てきたばかりの夫の良い顔を報告した。


Sさんは、こんな話をされた。


「右手がYESで、左手がNOと言う様なことをやられたことはありますか?」


えっ、えっ?


意味が分からなかった。


Sさんが言うには、


今日のお八つの時間に、職員が、夫にヨーグルトを食べさせた後、桃のジュースをストローで口に含ませたけれど、ほんの一口程度しか飲まなかった、と言う。

自分も部屋へ行ってみて、もう一度飲ませようとしたけれど、やはり一口だけで、ストローを舌で押し出してしまった。

ヨーグルトを食べた後だったから飲みたくなかったのか、それとも桃のジュースが嫌いだったのか分からない。

そこで、両方の手を握ってこう言ってみた。飲みたかったら、右の手を上げて下さい、飲みたくなかったら、左の手を上げて下さい、

そうすると、左の手が少し動いた。同じことが2回あった。

飲み物を飲ませるという事は出来なかったけれど、手を動かすと言う事で、意思表示をしたのかもしれない。




Sさんは、偶然かもしれないですよ、と言いながら、淡々と話されたけれど、それを聞いていた私は、大きな大きな衝撃を感じていた。


その衝撃は、驚きと喜びと感動が付随する。


言葉はなくしても、動かせる部分で意思表示をすると言う事は、今までに考えたことが無かったからだ。


語り掛けに対して、首が縦に動いたり、奇跡的に横に動いたりする事はあったが、正直なところ、分かってるのか、分かってないのか、確信は持てない。


分かってるんだ・・・と決めて、自分を納得させているだけだ。


でも・・・・・・


右手と左手で、YES OR NO が表せるのだとしたら、正に、「会話」ではないか。




Sさんは、目が開いていて表情が良い時に、やってみてください、と言われた。


そして、自分たちよりも、ずっと一緒に居られた奥様の方が、感じる部分が大きいと思う、

我々もやってみて、そうだと思えて、奥様もそう思われるなら、間違いないでしょう、と言われた。



直ぐにでも部屋に戻ってやってみたい気持ちを抑えて帰ってきた。








家に帰って、冷静に考えてみて、そんなに上手く行くとも思えない。


体が動かなくなる病気の方とは違って、夫は、脳が萎縮してしまっている。


語りかけを理解して、判断して、意思を表現する、と言うことが、そろそろ発病以来13年目に入ろうとしている夫にも、まだ可能なのだろうか。


だけど、結果はどっちも良い様な気がする。


奇跡的に、手で会話できると確信できたら、それは至上の喜びであるが、やっぱり出来なかったとしても、構わない。


今はただ、そんな希望を教えてくれたSさんに感謝するのみだ。


この病は、治る見込み無く、確実に進行し、絶望の中で生きて行かなくてはならない。


結果がどうあれ、「希望」に出会えること自体が、奇跡なのだ。





こっち






コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |