FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

4日間、夫の顔を見なかった。


5日目の夫は、なにも変わらないで、そこに居た。


部屋に入った時、目を閉じて、車椅子に座っている事も、


声を掛けても、返事してくれない事も、


食べ始めると、いつの間にか目が開いて、穏やかな顔になる事も、


-4日なので、トイレに座っても、やっぱり、出ない事も、


何一つ変わっていない。


4日、と言う日が、まるで無かったかの様だ。





これは、この病気の者、そしてその家族に取っては、奇跡的な喜ばしい出来事だと思える。


何も変わらないね、と言えることの喜び、


素晴らしい!







そんな夫に、ご飯を食べさせながら、ふと思った。


そう言えば、母の元へ行っている間、夫の事はあまり思い出すことが無かった。


以前、何処にいても夫に縛られていた。


何処で、何をしていても、絶えず、目の前に居ない夫が心の大部分を占めていた。、


長い間、そんな暮らしだった様な気がする。


だけど、今回、不思議なほど、夫の事を忘れていた。


どうしているだろう・・と、思うことが無かった。


それは、夫が安心できる居場所に居てくれるから、


そして、とりあえず、健康な首から下を持っているから、だと思う。


夫の事を脇に置いて、何だか、とても楽しく過ごしてきた。





お父さんが、ここで何も変わらないで待っててくれるから、楽しく過ごしてきたよ。

お父さんも、お母さんが楽しいと、嬉しいよね。喜んでくれるよね。

お父さんのお陰だわ、ありがと。





勝手な理屈を付けた私に、夫はちょっとした笑顔を返してくれた。





私が楽しかった理由は、





いつもの様に、一人で新幹線に乗ったのではなくて、


休みが取れた三男の運転で、久しぶりに高速を走って行ったからかもしれない。


最後にこの距離を走ったのは、夫が病気になるより前、


ドライバーは、もちろん夫だった。


10数年振りに走った高速道は、新しい道があちこちで繋がっていて、何とも快適な走りだった。


そして、パーキングの変わり様には、目を見張った。


綺麗なトイレ、当たり前の様にあるドッグラン、食事の美味しさ、


夫と過ごしていた十数年の月日は、


私をすっかり浦島太郎にしていた。


そして、


一番大きな楽しかった理由は、




いっしょに0515




出かける朝になって、急遽一緒に行く事になったメグちゃんのお陰かもしれない。




世界一優秀なセラピー犬、メグちゃん、




居合わせた家族皆を癒し、

訪問してくださったリハビリのお兄さんを癒し、

入浴のお手伝いのお姉さんを癒し、

お昼のお弁当を届けに来てくれたおじさんを癒し、

何より、92歳の犬好きな母を癒してくれたメグちゃん、




メグちゃんが一緒に居てくれたから、お父さんを忘れるくらい、楽しかったのかもしれない。


多分、そんな気がしている。






あてれる0515









コメント

女の子なのに ちょっとおっさん顔のメグちゃんも
かわいい・・・と 思ってしまう。

おっ・・おっさん?

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |