FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

夕方、いつもの時間に部屋へ着くと、夫が居なかった。


来週、また留守にするからと告げておいたのが、間違って今日からだと思われていたらしい。


食堂へ迎えに行くと、夫は4人がけのテーブルの所定の位置に居た。


部屋へ連れて戻り、いつもと同じ様に、一緒に夕食を食べ、のんびりと寛いで、夜、家に戻って来た。


夫との生活は、すっかり落ち着いて、いつも大抵変わらない時間が流れてゆくので、私にとっては、それが普通の生活となっている。


考えてみれば、65歳で老人ホームで暮らしていると言う事は、決して「普通」の範疇には入らないのかもしれないけれど、我が家にとっては、「普通」なのだから、それで良い。


普段は、そんな事は、何も考えることはないのだけれど、今日、迎えに行った食堂で見た光景が、久しぶりに、やっぱり我が家は「普通」ではないんだと思わされた。


ホームの食堂では、誰がどの席に座るかは、決まっているものと思われる。


恐らく、職員さんが、熟慮の末、決められたのだろう。


それぞれの性格とか、病気の有無とか、話題、趣味など、諸事情が絡んで、皆が上手く行く様に、考えられているに違いない。


長い人生を生きてこられた方々だから、保育園の子供の席を決めるより、難しいことだろう。




それはさて置き、


夫に与えられた場所、入り口から一番近い4人がけの小さめのテーブルには、既に全員着席していた。


3人は、いずれも可愛いおばあちゃんだ。


私の目には、皆さん、小さい体格にみえるけど、この位で普通なんだと思う。


テーブルより上には、胸から上が見えている感じだ。


そんな3人のおばあちゃんたちの中で、夫は1人浮いていた。


何より、体が・・・・でかい。


いやいや、176cm位だから、男としては、普通で、決してバカでかい体格ではない。


むしろ、体型はスリムな方だ。


そんな夫だけれど、おばあちゃんたちの中に参加すると、何とも浮いている。


胸から上しか見えないおばあちゃんに対して、、リクライニングを倒している夫の姿は、腰の辺りから上がどーんと突き出していて、隣に座っているおばあちゃんの、3倍程の面積を空間に占めていた。


やっぱり・・・・・1人、浮いている。


おまけに、しかめっ面だ。


夫と一緒のテーブルに配置された3人のおばあちゃんたちは、夫の事をどんな風に思われているのだろうか。


巨人の様な男が、しかめっ面をして同じテーブルに居たんじゃ、気分が滅入らないだろうか。




いやいや、そんな事は、ちゃんと承知の上で、決められた席である。


私が、気にすることじゃない。


それにしても・・・・・・・浮いてたなぁ・・・・・。




ういてる0613







コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |