FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

ドラマ

夫に食事を食べさせるには、コツがある。


本人が口を大きく開けた時に、入れてあげなくてはならない。


タイミングを逃すと、順調な流れが止まってしまう。


いつ口を開けるかは、のど仏を見ておくと良く分かる。


ごっくん、と、のど仏が大きく上下したら、次のタイミングが来る。





今日は、ロールキャベツ(今回は手作り)と、納豆かけ冷奴、もぎたてのゴーヤとソーセージの炒め物、


出来た物を台所からリビングの食卓へ運んでいると、夫が大きな大きな口を開けて、身体も顔も私のほうへ突き出しているのが目に入った。


あらら・・・まだ出来ていないのに、余程お腹が空いているのだろうか・・・。


早く食べさせてあげないと・・・と思って、急いで準備をして、出来たら直ぐに、夫の口へソーセージとゴーヤを運んだ。


お待たせ!ゴーヤだよ。


ところが、夫は口を開けない。


もぎたてのゴーヤだから美味しいよ。


口を開けない時でも、唇に食べ物をちょっとつけると、反射的に口を開く。


ところが、ところが、夫は口を開けない。


むしろ、ぎゅっと口を結んでいるではないか。


おかしいな?


そんなはずは無い。


そう思って、何度も夫の唇にゴーヤを摘んだ箸をつけてみるが、夫は本当に抵抗している感じなのだ。


何回目かに、


いいよ


と言った様に聞こえた。


これは凄い。


夫は、食べたい時に食べさせて貰えなかった事に腹を立てて、もう食べない!と、幼児の様に抵抗しているのだ。


いや、正解は分からないけれど、そんな風に解釈することも出来る夫の様子が、何とも微笑ましかった。


駄々っ子は、直ぐにご機嫌を直して食べ始めた。


いつもと同じ様に、良く噛んで沢山食べてくれる。


しばらく食べ進んだ時、また、タイミングが合わない事があった。


あれ?タイミング悪かった?


そう聞いた私に、


いや


と、夫が答えてくれた。


今度は、私の失敗を決して咎めることなく、いつも優しく包み込んでくれた元気だった頃の夫そのものだった。





ほんの30分ほどの食事時間にも、ドラマがある。


私が勝手に脚色してる自己満足ドラマが・・・。











くびふまれた
メグちゃんも、ドラマだったね・・。ゴメン


車椅子のブレーキは必ずかけましょう。


そして、ワンちゃん、ネコちゃんは、車椅子の下にもぐりこむのはやめましょう。



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |