FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

カテゴリに「お出かけ」を選んで、タイトルに「いつものところ」と書いたのは、何年ぶりだろう?


夫と一緒にお出かけする事は、恐らくもう一生無いだろうと思っていた。


せっかく車椅子が乗れる車に買い換えたけれど、現実に、夫とお出かけすることは、この一年一度も無かった。


お天気が良くて、夫のご機嫌が良くて、私の時間と元気がある、


そんな絶好のタイミングは無かったからだ。


一番の問題は、せっかくご機嫌でも、車に乗せるとしかめっ面になってしまう夫の習性に、それでも連れ出そうと言う気にならなかったことだ。


お出かけするのは、私の自己満足にすぎない。


今の夫が、今更、懐かしの湖に出掛けて、喜ぶとは思えなかった。


変化が無いことが一番なのだ。


そんな訳で、せっかくの車も、家とホームとの送り迎えにだけ使われていた。


そして、もうそれでいいと思う私が居た。














今日は夫の帰宅日。


助手席に乗せられた夫は、しっかりと目が開いてとても良い顔だった。


「おかえり」と言うと、ほんの少しの笑顔も出た。


いつもの様に、「天ざる」を食べ、ピアノの演奏と、素足の日光浴とお昼寝。


目を覚ました気配に、顔を覗きこむと・・・・


笑った


久しぶりに、何だか少々分かっているような笑顔だった。


そして、家の中をあっちやこっちへ視線を動かし、眺めている。


そうだよ、お家だよ。


と言ってみるが、分かっているかどうかの確信はない。


でも、もうどっちでもいい。


ご機嫌なら、それが全てだ。


お八つを食べて、それでもまだ目が開いて、じっと外を眺めている夫を見て、何故だか突然、冒険心が沸いた。





お出かけ・・して・・・みよう・・・・かな・・・・、と。





天気は良い、夫のご機嫌も良い、


たった一度で良いから、もう一度夫と一緒に出かけたいと言う夢は、決して無くしていた訳ではない。


ただ、今の夫にとって、そこまでする意義はないと思っていただけだ。






だけど・・・・・





行くなら・・・・今だ。


何故だか、急にそう思った。


どうせ夫はしかめっ面になってしまうに違いないけれど、それでも良いから、自分の為に行こう。


夫の為じゃない、私の為なのだ。


自分の夢を叶える為に、夫には我慢の時間を過してもらおう。





最初で最後、それで良い。




そう決めたら・・・・・



事は早い。


お父さん、一度で良いから付き合ってね。


そう夫にお願いして、車に乗せた。


行き先は、もちろん過去に何度も何度も、何度も何度も出かけた、「いつものところ」だ。


急性期、地獄を這いずり回っていた頃、救いを求めて、何度も何度も何度も何度も何度も何度も・・・・・・
車を走らせていた。


少々ドキドキしてハンドルを握りながら、チラッと見やるバックミラーに映る夫の顔は、途中何回見ても、目が開いて穏やかな表情でいてくれる。


ありがたい。


途中、以前行ったコスモス畑の脇を通った。


色んな事が思い起こされる。


道のりの半分くらいまで来ても、まだ穏やかな顔をしているのを、ミラー越しに見て、もうこれで充分だ、と思った。


次の瞬間にしかめっ面になっていたとしても、一緒に、懐かしの道のりをドライブできた、


それだけで私には充分だと思えた。






ところが、奇跡は続く。





いつもの湖に到着した時にも、夫はまだ、しっかりと目を開いていてくれたのだ。


しろやまこ01006


湖は、何年来なくても、何も変わらないでそこにいてくれた。


車の中から、一緒に湖を見るだけで充分だと思っていたが・・・・・


夫の穏やかな顔を見ると、欲が出る。


降りる?


返事は無いけれど、車を一番奥の、人が居ない場所に止めて、車椅子を下ろした。


しろやまこ06072




しろやまこ010063



ひさし1006

メグちゃん、本当に久しぶりだね。





夫と、もう一度、いつものところへ行きたい、


そんなささやかな夢が叶った。





すすき10064
風に揺れるススキと、

とんび
音も無く上空を舞う鳥と、


草陰の秋の虫の声が、心地よい。


メグちゃんは、はしゃいで走り回り、夫はじっと湖に視線をやっている。





何かを思い出したか、何かを感じたか・・・・・


何も分からない。


楽しかったか、嬉しかったか、喜んだか、快適だったか・・・・


何も分からない。


だけど、


時間にして、30分位、一緒に湖を眺め、帰るまで、夫はちゃんと目を開いていてくれた。


もうそれだけで充分だ。


そして、




て1006



ふと見ると、膝の上のメグちゃんの背中を、夫の手が優しく撫でていた。





今度は、お弁当を持ってこようか。


と、言って見たが、こんなに、全てのタイミングが上手く回って行くのは、そうそう無いだろうと思う。


最初で最後かもしれないし、そうでないかもしれない夫とのお出かけ、






また、行きたい




いきたい1006














コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

嬉しいです

ドライブ!良かったですね。
久しぶりのダム湖、我が事のように嬉しいです。
同じ思いで車を買い替え、ドライブ出来たのはたった一回・・・

月曜に退院して水曜に再入院しました。
胃瘻を勧められています。
重い選択です。

素敵な秋の1日でしたね。

ご無沙汰しております。本当に嬉しい嬉しい忘れられないドライブでしたね。湖も空もどこまでも青くて映画みたいでした。来週4回目の外泊で家に帰ります。何だか退院してもやっていけそうなパワーを頂きました。ありがとうございました。胃瘻しても寝たきりになっても奇跡のカムバックがあります。それぞれのステージで最良と思われることをするしかないですよね?

はなさん

ありがとうございます。一年越しで夢が叶いました。もう無いかもしれないけれど、一度だけでも実現できて、本当に夢のようです。

ご主人様のご様子、とても驚いています。はなさんに、どんな言葉をお掛けしたら良いか考えている内に、marikomさんからコメントを頂きました。

最後の三行、お読み下さい。正に、その通りだと思います。そして、どんな選択をされても、それがはなさんご家族とご主人にとって最良の道であることを、確信します。

どうぞ、お体を労わって無理しないで、でも、頑張って!

marikomさん

ご無沙汰しました。

4回目のご帰宅ですか。少しづつ、でも、着実に良い方向へ向かっておられるご様子、とても嬉しく読ませて頂きました。

本当に、奇跡のカムバックは、いつでも起こり得ますよね。どんな状況になっても、慌てず焦らず自棄にならず、淡々と、その時自分が出来るベストを尽くす、それ以外ないです。

貴重な言葉、はなさんに回させていただきました。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |