FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

極上の三田牛が舞い込んできたので、夕食はすき焼きにしよう。


夫は、いつもと何も変わらず、良く噛んでたっぷりと食べてくれた。


発病13年、未だ衰えない咀嚼と嚥下が夫の命をつないでいる。


会話が出来ない夫、一緒にお出かけする事が出来ない夫、共に喜び、共に悲しむ事が出来ない夫、


そんな夫との唯一の安らぎの時間は、一緒に食事をしている時だ。


私が作った食事を、二人で一緒に食べる。


そんな当たり前の時間が、私たちに取っては奇跡の時間なのだと言う事を、改めて思い知った。


すき焼きを食べて、家に戻ってPCを開き、いつもの様に、ランちゃんパパのブログから入るが・・・


その日の記事を読んで、少なからずショックを受けた


花子さんと夫は、同じ様な時期に発症し、同じ様な経過を辿ってきた。


苦しい時、ランちゃんパパの頑張りから勇気を得た。


私だけじゃない、頑張ろう、と思えた。


天国に行ってしまったランちゃんからも癒された。



この病気は、100人100様。


誰一人、同じ様には進まない。


夫よりも、ずっと後ろを歩いていた筈の人が、亡くなったり・・・・・


そんなバカな、と思うことが度々あった。


UPされているミキサー食の写真を見て、ランちゃんパパの苦悩が伝わってきた。


栄養的には同じでも、やっぱり・・・・違う。


夫が急性期に入院していた時、きつい薬の影響か、誤嚥を防ぐために、どろどろの食事が出て、涙が止まらなかったことを思い出した。


じゃがいもやかぼちゃ、バナナだって食べられるのに・・・・・・


白いご飯にアンパンマンのふりかけをかけて、食べさせてあげたいだろうな・・。


あんなに、良い表情なのに・・・・。


穏やかに過していても、急に進む時期があるのだろうか・・・・。


あるんだろう・・・・きっと。








この先、何時になるかは分からないけれど、夫にも必ずやって来る、


食べられなくなるとき。


口から食べる事を忘れてしまうとき。


我が家も、延命はしない。


そう決めている。


絶対にしないと決めている。


ここまで苦しんできた夫を、この先、本人の意向に沿わず、人工的措置で永らえさせるのは本意ではない。


そう・・・・口から食べられなくなったら、そこが夫の死に時。


そのまま自然に逝かせよう。


夫も、絶対にそれを望んでいる。


そうしよう。


そうしてあげよう。


今は、そう、決めている。


今は。


ただ、現実にその選択が迫って来た時に、自分がどんな気持ちになるのかは分からない。


今は、


自然に逝かせてあげることが、私が夫にしなくてはならない、最後で最大の仕事だと思っている。


だけど、思うことが一つある。


例えば、年が明けたら93歳になる母の場合、


食べられなくなると言う事は、体全体が、もう栄養を必要としなくなってきたと言うことだと思う。


そんな時に、無理に人工的に栄養を送り込んでも、胃がそれらを吸収する事が出来なくなっている。


だから、高齢の場合、食べられなくなったら、そのまま逝くのが自然なんだと思う。


老衰、


あまり苦しむ事無く、老衰で死んでいけたら、何よりだと思う。


それに対して、夫の場合、


食べる事を忘れて、口から栄養が入らなくなった時、


首から下は、同じタイミングで衰えているんだろうか?


食べる事を忘れているだけで、胃は正常に動いていて、食料が入ってくるのを待っている、と言う事はないのだろうか。


もし、人工的に栄養を送り込んだら、胃は、待ってましたとばかりに栄養を吸収し、他の臓器もちゃんと機能して、体の維持が行われるんだろうか。


高齢の親を送る時と、まだ66歳の夫の場合を、同じに考えて良いのだろうか。


いざ、と言う時が来て迷いが生じるとしたら、こう言う理由だと思う。


栄養を送り込めば、まだまだ生きられる身体を持っている人を、そのまま死に向かうレールに乗せると言う判断が出来るだろうか。


そして、そこからの数週間、数ヶ月を、穏やかな気持ちで見守りながら過ごす事が出来るだろうか。


本当に、難しい。


苦悩は、深い。


そして、もし、


延命したとしても、決して元通りになる事はない。


ただ、命を永らえる、


それだけだ。


夫は、絶対に、「もういいよ」と言うに決まっている。


立場を変えて、自分なら、と思った時、やはり「もういい」と言うと思う。


だから・・・・・・


延命はしない。


今は、そう思っている。


だけど、その現実に直面した時、今思っているのとは、全く違う判断をしたとしても、その時の自分にがっかりしたり失望したりする事はしないでおこうと思う。


そして、その判断の中に、「私が淋しくなる」と言う言い訳を入れることは、可能ならば避けたいと思う。


何らかの判断をして、その結果が、たとえ思わしくなかったとしても、その時に、これで良い、と決めた事が、夫と私に取って、最善の道なのだと信じる。


何故なら、深い深い苦悩の淵で、悩み抜いて下したその判断は、心の底から、夫の為を思って決めた事だから。


命を預かる、


こんなに重いことは・・・ない。






うん
















コメント

極上の三田牛をご主人に食べていただく、そのmomoさんの愛情の深さに感動してしまいました。私だったらやっぱり認知力のある人にごちそうしちゃうなあ(笑)

すき焼きのお話から途中から非常に重いテーマになって私もいろいろ考えてしまいました。
家族が本人の意思がなくなった認知症患者の最後をどう迎えさせるか、それはその人の死生観と関係ある気がします。
仏教、キリスト教等宗教はそれぞれ独自の死生観をもっています。
また、日本人の場合、命に執着することを「恥」としこの世における名を重んじる武士道的な死生観も伝統的にある気がします。夫が認知症になったとたん生きる意味がないと大暴れしたのは、彼自身が武士道的というか生にこだわりたくないというニヒリズム的思想をもっていたことと関係がある気がします。私自身はそんな彼の精神を尊重してあげたいと思っています。
 私自身は彼がいなくなっても彼がまいた種が色々な所で成長している、という輪廻に似た死生観をもっています。
 momoさんがおっしゃるまだ生き続けられる身体を尊ぶ気持ちも理解できるし、それも一つの死生観だと思います。
 長々とすみません。私は今日は家中を掃除します!
 どうぞ良いお正月をお迎えくださいませ。

ルッコラさん

死生観かぁ・・・難しくなってきたぞ・・・。

我が家は日蓮、実家は浄土真宗なので、葬儀や法事の時は、それなりの儀式に参加して来ましたが、私個人は、今の所、それらに心の拠り所を持つ事はありません。

宗教は多々あれど、絶対的な真理などないと思えるのです。自分の心にしっくりくる物に出会えれば、それで良いし、そうでなければ、それもまた良し。

夫がどん底だった頃に、どんなに神様にお祈りしても救われなかった・・。こんなに良い人をこんなに苦しめるなんて、世の中には神も仏もないと思ったものです。

夫を見ていて、死ぬよりも辛い「生」と言うものがある事を知ってから、物の見方が変わりました。今は穏やかに過ごしていますが、きっと夫の本当の安らぎは、天国でお母さんの腕に抱かれた時なんだろうと思ってます。

私自身も、何年後か何十年後か分かりませんが、天国で夫と再会して、この世で果たせなかった事をしたり、聞きたかったことを聞いて、会話をするのが楽しみです。おかしいと思われるかもしれませんが、本当にそう思ってるんです。

この世は仮の姿で、ひたすら修行を積んでるだけなのかなぁ・・・と。何だか変な話しになりました・・。

でも、そんな風に思っている私なので、ただ命を延ばすだけの延命は、絶対にしたくないと思うのです。

ただ、13年経って、まだ先の事だと思っていたその事が、そんなに先でもないぞ、と分かった時、本当に自分が、その思いを貫き通せるかどうか少し心配になった来た訳です。やせ衰えひたすら死に向かう夫を想像すると、私、大丈夫なのか?と思うのです。

医学の進歩は、時として残酷です。「死」よりも絶対的に「生」が優先される。その道が用意されている。夫がその時を迎えるまでに、自分の気持ちを強くしておかなくてはなりませんね。

死に行く夫を見守りながら、心穏やかにいられる自分でありたい。

「これでいいんだ」と思えるには、そこに至るまでの日々を大切に過ごすことですかね・・。




大掃除終わりましたか?家中、きれいになると気持ちもさっぱりしますよね。と言いつつ、我が家は大晦日までの仕事を言い訳に、大掃除は毎年パスです。

ルッコラさん一家も、今年は、穏やかで、本当に良かったですね。来年も、お互いに平和な良い時間が流れます様に!良いお年を!

今年も終わりとなる日に いろんな事を考える記事でした。
momoさんの言われるように、 どれだけ逝くであろうと思われる人と 納得のいく時間を過ごせたかどうかによるかな と 私は思います。
ご家族さまにもいろんな方が そしていろんな考え方があります。
それでいいんだと 今は思います。

認知症を患っている方の中には 自分の不安な気持ちを直接に言葉で表現される方もいらっしゃいます。
その表現が正確なのかどうかもわかりませんが、聞いていると「死にたくない とか みんながいじめるんだ」とか様々な表現がありました。
できるだけ 穏やかに
できるだけ 痛くないように
そして 
できるだけ ご家族様や介護をされている人たちが納得できるように

死というのは 現代にあっては 死を迎える当人だけの問題ではなくなっています。
看取りを行う施設、医師までも 最後の時をどうやって迎えるのがその当人とご家族にとって最善なのかを 日々 考えているのです。

そのためには そこに至るまでの時間とご家族様のご意思と支援者との気持ちの共有が必要なのでは と考えています。

一人ぼっちで逝かせてしまった方もいらっしゃいました。

命を預かり その命の最後をしっかりと看取ること
今のわたしの目標となっています。

来年も穏やかな時間がmomoさんとご主人、そしてメグちゃんに訪れる事をお祈りしています。

ありがとうございます。

一昔前なら、何世代もの大勢家族が一つ屋根に暮らし、口から食べられなくなったら、当たり前の様にそのまま家族に看取られて死んで行った・・。

お医者さんから、「人工呼吸器はつけますか?胃ろうしますか?」とは聞かれずに、まして「しないんですか?」と親を見捨てるかのごとく言われることもなく、自然に死んで行けた・・。

医学の進歩は、大いにありがたい事ですが、人間が絶対に避けられない「死」に対しても、100%の敗北が分かっているにもかかわらず、挑むのは何故でしょう?

らんさんが仰るように、「できるだけ穏やかに、できるだけ痛くなく、できるだけ家族が納得できるように」寄り添ってくださるお医者さんや介護職の方に出会えることは、人生の最後の時を豊かに過す必須条件の思えます。

死は決してタブーではなく、誰にでも当たり前に訪れる事であり、時間的にゆとりのある時にこそ、周りの人たちと、話しておくことが大事ですね。

私も、「夫の死」だけでなく「自分の死」についても、早めに考えて、息子たちに語っておかなければと思いました。

「死」を考えることは、より良い「生」に繋がると思います。残りの時間は誰にも分かりません。一日一日が、大切ですね。

もうすぐ、今年も終わります。来年はどんな年になるのかな・・。

何があっても、心を乱すことなく、泰然と生きていければと思います。

どうぞ、お体に気をつけて、良いお年をお迎え下さい!

お久しぶりです

ご主人もmomoさんもお元気そうでなによりです。

ぼんやりとした生死観は誰にもありますが、いざその時になったら変わることもあります。
私自身は意識もなく食べられなくなったら、延命はせず枯れるように逝きたいと思っていますし、その旨家族には伝えてあります。

でも、旦那はどうだろう。
旦那はワタシじゃないから...

動けずとも元気な時には「延命しないで」って言ってました。
でも、嚥下機能が落ちて誤嚥性肺炎を起こし絶飲食のまま経管栄養で治療していた際、とうとう医師から胃ろうの話が出ました。
延命のための胃ろうではなく、体力を戻してリハビリにつなげるための胃ろうです。肺炎で落ちた体力を元に戻さないことにはリハビリもできない。
体力を戻すにはしっかりと栄養を摂らないと。

現在は、3食中2食が胃ろうでお昼だけ口からペースト状の食事を摂っています。
世の中、なんでもかんでも胃ろうが悪いようなニュアンスで時々悲しくなります。
年齢のことも大きく関わりますね。
我が家の旦那はまだ50代。
これが80や90のおじいさんなら、無理に胃ろうを作ることはしなかったかもしれない。
かもしれないと言うのは、やはりその場になってみないとわからないからです。
胃ろうは、いつでも外せます。

旦那は50代ですが、身体の機能は80歳となんら変わらないと医師から言われました。
また、いつ誤嚥性肺炎を起こすかわからない。
それでも、食べられるうちは口から..と本人の希望もあってリハビリを頑張っています。
3食口から食べられることが目標ですが、かなりハードルは高いです。

「その時」が来るまでせめて自分が元気でいないと!と思っています。
子供達のためにも、私が元気でいる必要がある。
今は、自宅で介護することもなく自分の時間がありますから健康には気を使って行きたいと思っています。
今年も元気でいないと。

ちなみに、最初はショックを受けたペースト状の食事ですが、もう何とも思いません。
見た目は確かに大事ですけど、生きて行くためです。
私からしたら
「口から食べている」姿
それだけで万々歳なんです

まっちさん

お久しぶりです。コメントありがとうございます。

ご主人様共々、とても頑張っておられるんですね。

同じ胃ろうでも、延命のためではなく回復の可能性があるとなると、また考え方は違ってくると思います。

年齢もそうですね。夫は66ですが、50代なら、もっともっと重いものがあると思います。

あれこれ考えると、気が滅入ることもありますが、仰るとおり、自分が元気でないと、より良く生きる事は出来ません。

子供のために元気で居ないと、と言う気持ち、全くその通りです。


お互いに、元気で居られます様に!そして、ご主人様のリハビリが良い方向へ行きますように祈ってます!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |