FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

夫に訪問マッサージをお願いすることになった


このホームに入って3年が過ぎて、当初の目的


「穏やかに過ごせるようになること」


は、達成できたと思える


もう、それで充分である


充分ではあるが、ちょっとしたきっかけでマッサージを週に二回受けることになった


夫は、普段は車いすに座りっぱなしである


夜間と、おむつ交換の時だけベッドに移されるが、それ以外はずっとずっと車いすに座っている


食事の時も、お散歩に出る時も、本人は座ったままだ


歩く事、立ち上がる事をしなくなってから長い年月が流れた


最後に歩いたのは、まだ精神病院に入院していて、胴体、両腕とも拘束されていた頃だった


長い時間の拘束にもめげず、夫が立ち上がって歩いた時の驚きと感動は、忘れられない


もし、あの日から少しでも毎日歩いていれば、夫は今でも歩けているんじゃないだろうかと思う


病気の進行で歩けなくなったのなら諦めもつくが、拘束されていたが故に歩けなくなったんだとしたら、何とも残念だと言う気持ちはずっと持っていた


同時に、当時の夫に歩行の訓練など出来なかったことも重々承知している


歩けなくてもいいから穏やかでいてほしい


願いはそれだけだった


だから、今の現状に不満は何もない


だけどなぁ・・・・・


まだ若い夫、十分に食べている夫、


本当に立ち上がることは出来ないんだろうか、


と言う思いは私の心の隅にある


体験マッサージと言う日に、見せてもらいに行った


マッサージのおじさんは、夫の体をあちこち触ってからこう行った


「立ち上がる力に10必要だとすると、ご主人は今は1しかないと思われます。

足首、ひざの関節が固まっているので、そこを少しずつほぐす様にしてゆきます。」


確かに、夫の足首は立った状態の90度よりも開いた状態であり、ひざは真っ直ぐには伸びない


お風呂に入った時だけ、伸びるらしいが、それ以外は、軽く曲がったままだ


おじさんの口調から、夫が立ちあがったり、歩いたり出来るまでに回復する可能性は限りなく低いと思われる


この先体が固まってゆくのを出来るだけゆっくりにするためのマッサージであると思った方が良さそうだ


ただな・・・・


私だけは、可能性は限りなくゼロに近いかもしれないが、ゼロではないと思っている


これまで数々の奇跡を見せてくれた夫だから。






160708_1849~01
昔、赤が好きだったのを思い出して買ってみました



コメント

お似合いですね

やさしいお顔立ちに、あざやかな赤がとってもお似合いですね。かぶりタイプのポロシャツのようですが、着脱の時も嫌がったりされませんか?それもリハビリのうちでしょうけど…
蒸し暑い毎日ですが、新しい服って、気分もUPしますよね。今日も素敵なお写真、ありがとうございました。

あきの母さん

本当は、前ボタンのシャツも着せてあげたいのですが、着替えがとても大変だと言われ、いつの間にか、かぶりタイプの伸びる生地、しかも3Lサイズになりました。

着替えの時、ぎゅっと両脇を閉めて固まってしまうので、今回始めたマッサージは、肩をほぐすこともしてもらいます。


介護する側もされる側も、出来るだけ楽になった方が良いですよね。しばらく続けてどうなるか、楽しみです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |