FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

歩けなくても、しゃべれなくても、私の事を忘れても、


穏やかであればそれで良い


それだけで良い


不穏極まりなく、


家具を倒しカーテンを引きちぎる夫から逃れながら、何度も何度もそう願った時期があった






ある時は、悲劇のヒロイン役に陶酔し、


ある時は、頭の中で殺害計画(?)を練っていた


何とも物騒だけど、死ぬことだけが夫の幸せだと信じて疑わない時期があった


何て!恐ろしい妻!!





可哀想な夫、


奥さんが私でなければ、もう少しましな経過を辿っただろうか・・・・・・?


人格が完全に崩壊してしまった夫を、成す術なく傍観しながら、疲れきった頭で、度々そう思った






最大の味方は、時の流れだった


時間は私の願いを叶えてくれて、夫は今、ただただ、穏やかな時を過ごしている


時の流れは、夫を変えたと同時に、私をも変えてくれた


私は、夫からあまりにも多くのものを学び、少しはましな人間になれたかもしれない


ならば、


今の私が過去に戻ったら、夫の経過は違っていただろうか?


そんな、あり得ないことを、ふと考えてしまう時がある






そして、こんな結論を出す






いやいや、あの、手強い奴は、今の私が過去に戻ったとしても、そんなに簡単に手なずけることなどできなかっただろう、と。


対応が良ければあんなに荒れる事はなかったか?


病気であっても、貴方をそのまま受け入れますと、笑顔で接する事が出来ていたら、夫もずっと笑顔でいてくれたか?





いやいや、


そんな生易しいものではなかった


対応次第で、何とかなる様な代物じゃなかった、






と、





時が流れた今でも思う


夫は、残念ながら過酷極まりないあの道を歩く運命にあったんだと思う


そんな病気だったんだと思う






もし修正が効くならば、もう少しやさしい奥さんでありたかった


反省することは山ほどある




だけど、






今、


長い地獄の道のりを、歩き抜いて良かったと思う





だから、今の平穏がある


今の喜びがある


今の幸せがある





夫婦の形は違ってしまったけれど、私はこの人と添い遂げる運命にあったんだと、


物言わぬ夫の顔を見ながら、


そう思う。


いや、


お互いにとって、なくてはならない存在である、と言う意味では、昔も今も何一つ変わってないのかもしれない。





秋ですね



IMG_20160917_154023.jpg
























コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |