FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

ウソ

「ちょっとおばあちゃんの具合が良くないらしいから、見に行って来てもいい?」私は、生まれて初めてヒロくんにウソをつきました。

結婚当初、ヒロくんは私に二つの事を約束して欲しいと言いました。

一つは、お互いの両親を大事にする事。

そして、もう一つは隠し事をしない事、ウソをつかない事、です。


33年間、二つの約束は守られてきました。(と、思います。多分)


でも、先日とうとう私はその約束を破ってしまいました。

私が今、ヒロくんの次に気がかりなのは、86歳の私の母親です。その年とは思えないほどしっかりしていて、同居の孫の世話をしながら、いつも元気そうに過ごしてくれているので、本当に申し訳なくありがたく思います。

本当は、体のあちこちに年相応にガタが来て、娘の私に頼りたいに決まっているけど、我が家の現状を充分に分かっているので、きっと私に今以上の心配を掛けたくないと思って、元気な振りをして生きていてくれるのだと思うのです。


確かに自分の家の事だけで精一杯の私が、せめても出来る事と言えば、TELで元気そうな声でおしゃべりする事と、たまには顔を見に行く事位しかありません。

ヒロくんが喜んでデイに通っていた頃は、仕事が暇になったら毎月顔を見に行けるかもしれないと、小躍りしたものですが、現実はそう甘いものではなく、私が母の顔を見に行くには、かなりの困難を克服しないと出かけられない羽目になってしまいました。


最悪、一泊でも行けない距離ではないのですが、それではかなりしんどい、せめて二泊して、真ん中の一日はゆっくりと過ごしたい、と思うのは、今の私には贅沢な事でしょうか・・・・・


で、6月の後半、Nホームさんに二泊のお泊りをお願いしました。ケアマネYさんと相談して日程を組んだ頃(5月の終わり頃)は、まだ二泊がそんなにも無理な事ではないと思えていました。


ヒロくんの最近の状態は、比較的穏やかな時もあるかと思えば、苦悩と絶望に閉ざされて、どうにも仕様がなくそわそわと歩き回ったりする事もあり、そして、その気持ちの変化が分単位秒単位で変わって、Nホームさんでも対応にかなり気を使って頂いている様です。

そして、家に帰りたくなってどうしようもなくなると、「もうげんかいだ」と何ともまともな台詞を吐いて、外へ出て行った事があるそうなのです。

「ヒロさんは、家でmomoさんと過ごされるのが一番嬉しいのです。それは断言しますよ。」とYさんに言われました。





分かってます。




分かってるんですって、そんな事。






でも、その「私」、家でヒロくんと一緒に過ごす「私」と言うのが、少なくとも「普通」の私でなくてはならないのです。

無理やり作った「優しい」私でなくても、かなり苦労して演じている「穏やかな」私でなくても、そこに「普通」の私が存在していなくてはならないのです。

わかっちゃいるけどどうしようもないの、とイライラの頂点に達している「私」ではいけない。

言ってはいけないと分かっているのに、勝手に口から嫌な言葉が飛び出してくる「私」ではいけない。

事態が悪くなるとわかっているのに、この期に及んでもまだヒロくんに八つ当たりする「私」ではいけない。


そんな情けない私に対して、ヒロくんは「そんないいかたはよくないとおもうよ。」などと、聖人君子の様な台詞を言うので、ますます私は自分が嫌いになってしまうのです。





末期患者には、激励は酷である。善意は悲しい。説法も言葉も要らない。きれいな青空の様な澄んだ瞳の、透き通った風の様な人が、傍にいるだけで良い。


最近読んだ本の一節です。心に焼き付いて離れません。



そう、私はきれいな青空の様な澄んだ瞳の、透き通った風の様な人、になりたい。








でも・・・・・・・






無理。




そんなの、私には・・・・・・無理。




できない。





今は、ちょっと距離をおいてはダメですか?


離れていたい、と思うのは非情ですか?






とにかく、決めたから、二泊で実家へ行って来なくては。母の顔を見に行かなくては。

過去二回、私はウソをつかない約束を守って、何も言わずに黙ってヒロくんをお泊りへと送り出しました。

でも、Yさんから、「今回は何処へ行くかはっきり言っておいて下さい。家に帰れない理由が必要です。同窓会でも、何でもいいから。」と言われました。

ヒロくんは、私がこんな時に同窓会なんか行かない事を知っている。口実は、ただ一つ。

「おばあちゃんが具合が良くないらしいから・・・・・・」でした。ヒロくんが納得するのはこれしかありません。







33年目に初めてついた、ウソ。


ヒロくん、





約束破って、





ごめんね。















コメント

苦渋の選択です

私の介護を振り返ったとき、
瞬間・瞬間を見れば、

冷酷な娘
親孝行の優しい娘

そういうふうに外からは見えるでしょう。

母の介護が長くなりましたから、母についていえば、
「優しく、優しく、優しく」接してきました。
けれども、それは、「預ける介護」ゆえできたことです。

面会に行って、母と接しているときは、
とにかくべったり、とにかく優しく、
とにかく話しかけて・・・

「点の優しさ」でここまでやってきました。
それでも、「母より私のほうが危ない」介護だったと思います。

今、母存命中にもかかわらず、私には「介護後遺症」のような症状がでています。

瞬間、瞬間は、冷酷のように見えることでも、
長期にわたって介護を続け、
介護をやり遂げるためには、
「介護者の健康」は大切です。
身体的のみならず、精神的にも。

介護をやり遂げるまで
momoさんがそばにいてやれること。
それが、最大の「夫孝行」です。

これからも
瞬間的には「冷酷な妻」にならなければならないことも多いでしょう。

とにかく、介護をやり遂げる。
そのための手段です。

お母様の顔をみて
元気をもらってきてくださいね。

よく聞く言葉に ついていいウソと悪いウソがある というのがあります。 今回のmomoさんのいう ウソ はついていい ウソ だと思います。誰がmomoさんを責められるでしょう・・  
momoさん お母さんの元でゆっくりと休んできて下さい。となりの気配を気にする事無く、ぐっすりと眠ってきて下さい。お母さんの手料理をじっくりと味わってきて下さい。

きれいな青空の様な澄んだ瞳の、透き通った風の様な人・・・その人たちの瞳にこの現代社会はどう映っているのでしょうか。 

「安定」最優先

ご主人様の精神安定最優先ゆえの
悲しい悲しいウソですね。

体験した者には理解できる、共感できる、
ウソではない「真実の愛」です。

お母様のところで充電なさって
また新しい力を得て・・・

介護は、自分をだまし、だまし・・・
そういう一面もありますね。

生きる力、感謝・感謝!

身近な人には逆に話せない気持ちをブログに綴ると、直ぐにコメントが頂ける。ちょっとお返事が遅れると、また書いて頂ける。

気にかけて頂いている、心配して下さっている、そう思える事は生きる力に繋がります。

最近目の前に聳えている壁は、未だかつてないほどの高さですが、その内何とかなるでしょう。

乗り越えられなければぶち壊す、それも無理なら、乗り越えたんだ!と自分をだます。これもありですかね?

自分でつけたブログのタイトルとは程遠い最近の内容が申し訳なく、お読み頂いている方が笑える内容が書ける様になりたいと願ってるのですが・・・・・

生き残ること

悲しいけれど、認知症の症状は個人差が大きいですね。

父のときは、2度のショート(各2週間)は優等生だったのに
老健に移って10日目に怒りを爆発させたらしい。
(「これだけの人数にこれだけしかいない」と言っていました。
状況が判断できたから、怒ったのでしょう。)
薬を服用するようになり安定した日々だったのですが、
風邪がうつり肺に既往症のある父は肺炎になり提携病院へ入院。

老健のローテーションの関係で22日入院。
父はすっかり病院にいついていて・・・
老健にもどっても覚えていなかった。
22日の入院で身体の機能も落ちていたので
昼間車椅子に座った状態だったのですが、
これが父には「きつすぎた」のでしょう。
内なるエネルギーを放出して・・・しんどい面会でした。

ベッドに寝ているときに行ったら、笑顔さえ浮かべて穏やかでした。

いろいろなことを分析・理解できたのは、
父の死後、2年ちかくたってからでした。
写真が資料として残っていたのが役立ちました。

入院が長くなったり、薬で抑制されたりすると
反動が大変。
経験で学んでいたので、
母の時は、入院はできるだけ短く、
私が泊まり込んで私の体で母を抑制したこともあります。
人間の尊厳が自覚できているレベルは
おむつに抵抗するからです。

これから何があるかわからない。
だから、親身に寄り添う家族の存在は重要です。

こういう娘へのご褒美に、神様は、
2007年7月~2008年5月の約9ヶ月間
母の食事介助の期間を与えてくれました。
食べられなくなった人に食べさせるのは
大変なエネルギーが必要です。
命を支えてきたこの期間があるから、
私の精神状態はすっかり安定したのです。
(「預ける介護」への非難はまだまだ根強いですから)

momoさんが「生き残ること」最優先です。
もし、「預ける介護」に踏み切られるなら、
落ち着かれるまで、夜泊まり込む。
昼間は家で休養する。
そういう手もありかなあ、など思います。

momoさんが生き残ること最優先。
社会は、家族が介護で死ぬことまで要求できない。
社会常識になってほしいですね。

経験に基づいたお話し、とても参考になります。これから先、本当に何が起きるか分からないですね。

如何なる事態が起きても、「私が元気でいる事」が、結局主人の為、私の為、子供達の為、であると思える様になりました。私さえ元気でいれば、何があっても何とかなる、そんな気がします。

これから先進む道が泥沼だとしたら、「そこしか道がない主人には悪いけど、私は脇の舗装道路で並走するわ。二人で泥まみれになっても仕方ないでしょ・・・まして、家族全員が泥沼に引き込まれてしまっては元も子もないしね。」と。

何て冷たい私・・・・・・

そして、それは言葉で言うほど簡単な事ではないと思いますが、そう思う様になった事は、ちょっとは進歩?変化?

そう言う謂わば開き直りの気持ちでいる私と、共に泥沼に入り込んでしまいそう、それでも良い、と投げやりになっている私。今、二人の私が戦っている感じです。

試されている

非常に酷な言い方になるかもしれませんが、momoさんが試されている。
介護とはそういうものかもしれません。

我が家の場合、兄の死(36歳で胃癌で死去)が父に大きく影響しているので、「絶対介護では死にたくない!」という気持ちが強かった。
ひとりの死で、父・母がこうなってしまたのはしかたがないとしても、私まで死んだら、「実家は全滅」になってしまうから、絶対に避けたかった。

それと、2003年に母が「あんたは先に逝くな!」と言ってくれたことも大きいですね。
その2年前には不安感から「一緒に死のう」と言った母でした。

私も「冷たい娘」にみられることも多いですよ。
けれど、誰も介護に責任を持ってくれるわけではない。

私はできなかったけれど、将来的に在宅介護が可能になるレベルもきます。
そのときに、また選択すればいいことです。

「みんなが生きていてよかった」と思える日もくるでしょう。

私は、介護以外の本も、たくさんたくさん読みました。
世界には、もっともっと悲惨な状況もある。
認知症以上につらい病気もある。

苦難を乗り越えたとき、人間はひとまわりもふたまわりも大きくなるのでしょう。
いや、「人間になる」と言っても過言ではありません。

つらいつらい試練ですが。、

ご子息を亡くされたご両親のお気持ちは察するにあまりあります。年齢順に逝けたら幸せです。

私の兄嫁のお兄さんは、中学生の時にガスの不燃が原因で亡くなりました。

従姉妹のお兄さんは、大学生の時に湖で溺れて亡くなりました。

我が家は、4人の子供たちが皆、健康で成人してくれました。こんな幸せはありません。ありがたい事だと思います。

本当は、夫婦二人で子供たちの将来、そして主人が守ろうとした会社の将来を見届けたかったし、年老いた母の見送りも二人でしたかった。

でも、主人が病に倒れた今、私は一人でそれらをしなくてはならなくなりました。だから、私は自分が生き残らなくてはならないと思います。私が守らなくてはならないのは主人だけではないのです。

これから先、冷徹、冷酷と思える選択もあえてしなくてはならない事も出て来るかもしれません。それが出来るような強い心があるかどうか、自信はありません。

まあ、なんとかなるさ!と思いつつも、今は、肩に圧し掛かる荷がちょっと重いです。

船長はしんどい

我が家は、父と母に私が巻き込まれてしまったので、
夫が「私の健康・人生」最優先を決断したそうです。

一番つらいところは夫が引き受けてくれたのですが、
周囲の非難はすごかったですね。
「人の家の詳しい事情もわからない・人の家の介護に責任ももてない。」のに。

家族という船の船長の役がmomoさんにかかっている。
しんどいですね。

母のことについては、私が全責任をもっています。
自分の家の介護は「誰も責任はとってくれない」「誰もかわってはくれない」「私には子がいないので誰も引き継いではくれない」。

その家・その家で事情・条件は違うので、「その家の選択・決断」になるのでしょう。

父も重かったし、母も重い。
でも、やり遂げることができれば、もはや「悔いはなし」です。

私の手の及ばないところでのもろもろはありましたが、私にできることはやってきた、と言えるからです。

momoさんのお気持ちはよく理解できます。
父を家から手離したときは、「断腸の思い」でした。

私の船の船員さんは、それぞれ異なった思いはあるものの、あれこれ言わずに船長命令に従ってくれそうです。

主人の姉からは以前、「思う通りにして下さい、公の施設に入れても全然構わない、昔自分も夫の父親を施設に入れた事があるから」と言われました。

思う通りに、と言うのは責任重大ですが、ありがたい言葉でした。

今考えられるベストを尽くして行く以外ないですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |