FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

いつもの様に、夫の部屋で夕食を食べていると、施設長のKさんが来られた。


「今度、健康診断があるのですが、どうされますか?」


と、聞かれて、一瞬迷った。


すると、Kさんが、「いつも受けておられなかったですよね。」


と、言われたので、


「はい、いいです。」


と答えてしまった。


2週に一度、往診の先生に看ていただいているので、改めての健康診断って、何だろう?と思ったけれど、


Kさんは、もう戻っていかれた後だった。





夫は、健康だ。


う~ん?


健康、と言うのもおかしな気がしないでもないが、


良く食べ、


薬の力を借り手ではあるが、ちゃんと排泄し、


良く眠る、


人間としての基本的な営みは、ちゃんと出来ている。


新生児なら、何も言う事は無い優等生だ。


ただ、残念ながら、夫は新生児ではなくて、今年の誕生日が来ると68歳になるおじいさんなのだ。


新生児との一番の違いは、散々積み重ねてきた過去がある事である。


記憶の殆ど全てが消えてしまったかもしれないけれど、それでも積み重ねた過去は、消える事はない。





夫は基本的には健康なのだと思うが、微妙な嫌な感じがない訳ではない。


お茶などの液体が口に入った時、固形物より滞在時間が長くなっている。


手足の拘縮は確実に進んでいる。


マッサージのおじさんに入ってもらっても、残念ながら良い方向へ向かう事はない。


仕方ない・・・・・と思う。


それが、この病気だもの。


だけど、夫は健康だ。


毎日、一緒に美味しいものを食べて、私の語りかけに、タイミング良く頷いてくれる。


時々は良い笑顔も見せてくれる。


口から音声が飛び出す事もある。


何より、その存在が、私を元気付けてくれる。


私に取っては、一日の疲れを癒し、明日への勇気を与えてくれる魔術師なのだ。


病に倒れた夫であっても、その存在意義はとてつもなく大きい。





IMG_20170106_175314.jpg
メグちゃんと一緒に夫の部屋へ行く、


この平凡な時間が、今年もずっと続きますように!












コメント

存在が宝物

おはようございます。

決して「平凡」とは思えないですが…
でも、毎日の積み重ね。
いろんな日々を送ってこられてのお言葉でしょうね。
ご主人の、「存在そのもの」が、宝物ですよね~

どうぞ、おふたりとも、お大事に。

あきの母さん

こんにちは。いつもコメントありがとうございます。
読ませて頂いて、はたと気が付きました。

確かに・・・・この生活「平凡」ではないですよね。
普通の常識で考えると、絶対に「平凡」ではない日々ですが、私にとってはこの日々が「平凡」であり「かけがえのない」ものとなってしまいました。

う~ん・・いいんだか、わるいんだか・・・良く分かりませんが、これが私に与えられた人生であることは間違いないですね。

いいんだか・・・・わるいんだか・・・・・?

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |