FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

生きている時間の中では、たった今が一番若くてきれいな時、って笑い話のように語られることがあります。


確かにそうです。10代20代の若くてきれいだった頃は、もう過去の遺産であり、生きている自分の中では今のこの瞬間が一番若い、と言うのは正に真理です。来年は、今より一年年取っている訳ですものね。



いったい、何が言いたいのか良く分からなくなってきましたが、どうも私は、ヒロくんもまた、今が一番良い状態であると自覚しなくてはならない、と自分に言い聞かせたいようです。


悲しいかな、気分の落ち込みが激しくなってきたのは、この病気故どうしようもないこと、と自分を納得させようとしていた一ヶ月ほど前、ケアマネさんから、「鬱が入っているかもしれません。鬱なら薬で良くなるから、先生に相談して下さい。」と言われました。

ウツ?薬で良くなる?

これは正に目から鱗。そして、激流に浮かぶ一本のワラではないかと思いました。

ワラでもいいからすがりたい、ワラでも、気づかれないようにそっとしがみついていられれば、まだもう少し遠くまで流れて行けるかもしれない、そんな思いで、私は予約外で姫ちゃん(精神科の先生。お笑い芸人のひめちゃんにそっくり)に会いに行きました。


「一人で行った方が、本人の様子や家族の思いを伝えやすいから、ヒロさんは預かりますので、一人で行ってきて下さい。」

ケアマネYさんの温かい言葉に甘えて、私は話したいことを忘れないようにメモを書いて一人で出かけました。

長い待ち時間に、私は出来るだけ的確に最近の様子を姫ちゃんに伝えられる様、予行演習していました。

カルテに、これまでの様子は書かれているはずですが、姫ちゃんは4月から来られた先生なので、実際のヒロくんの変化にはおつきあい頂いていないのです。

私は、過去の経過をかいつまんで話し、そして一番の心配事である、ここ数ヶ月の急激な気分の落ち込みを、出来るだけ分かってもらえるように具体例を挙げながら話しました。

姫ちゃんは、言葉を挟まずに聞いて下さっています。

そして、話はクライマックスに入りました。

「私は、認知症である以上、もう仕方がないのかと思っていたのですが、ケアマネさんから、ウツかもしれない、ウツなら薬で良くなるから相談して下さい、って言われたのです。ウツでしょうか?それなら薬で良くなりますか?」

本人を連れてきていないので、もしかしたら連れてきて下さい、と言われるかもしれない。それなら直ぐに連れてこよう、と思いながら、私は姫ちゃんの口が開くのを待っていました。


「まあ、認知症に伴うウツって言うのはありますね。じゃあ、元気が出る薬を出しておきましょうか?」


え?これだけ?あんなに一生懸命しゃべったのに、診断はこれだけ?本人に会わなくてもいいの?

やや拍子抜けした気分で診察室を後にして、それでもとりあえず薬を処方されたので、これがワラでありますようにとの希望を抱いて薬局に行きました。

薬の名前はドグマチールです。もうすっかり顔なじみとなった黒縁めがねの薬局のおじさんに「これ、ウツの薬ですか?」と聞くと、「これは胃薬ですよ。10mgならウツ薬だけど、5mgだと胃薬です。」

ガーン!胃薬?そんな馬鹿な!

私の反応にあわてたおじさんは、「いや、ウツにも効きます。気長に飲んで下さい。」と取り繕ってドグマチールを袋に入れてくれました。

なんだか、始まりからして笑い話です。やな予感。

それでも、とりあえず今はこの胃薬、いえウツの薬に望みを託すしかないので、ありがたく頂戴して、Nホームでお留守番しているヒロくんを迎えに行きました。

ケアマネYさんに姫ちゃんの診断と黒縁めがねのおっちゃんの胃薬話をすると、「ドグマチールは、ウツの薬として良くでていますよ。」と、言われたので、ほっとしました。

そして、後日Yさんから「ドグマチールを服用された方のブログです。読んでみて下さい。」と言って、一枚のコピーを渡されました。

ふ・ふ・ふ・・・・・それはのんた2号さんのブログだったので、「ありがとうございます。」と言いながら、個人的には大受けでした。


そんな訳で、ヒロくんのウツかもしれない治療が始まりました。初めの一週間は一日二錠。あまり効き目がなさそうなので、次の二週間は三錠に増えました。

そして、三週間が経過しましたが、ちっとも元気になんかなりません。飲ませるときいつも「元気が出る薬なんだって。」と言い聞かせていたにもかかわらず、です。

姫ちゃんは、「効かないですか?じゃあ、薬変えましょうか?」

この先生は、いつも疑問文で話されます。精神科の場合、断定的に話すことは難しいのでしょうが・・・

で、次はアナフラニールと言う薬が出てきました。

一日四錠を二週間分です。

飲み始めて6日、ヒロくんの気持ちは前にも増して落ち込んでいます。効き目が出るのに時間が掛かります、と言われているのですが、姫ちゃん、間違って躁の薬出したんじゃないの?と心配になるくらいです。


一週間、言われた通りに飲ませたのですが、何処から見てもより気分は下り坂です。Yさんも、「薬、効きませんね。時々、一点をじっと見つめて目がすわっている事があります。」と言われました。

そして、何よりの最近の心配事は、急激な食欲の減退です。もう、ほとんど・・・・・食べない。

ほんの一口、二口、食べただけでもういい、と言う感じです。水分もあまり取りません。

またまた姫ちゃんに会いに行かなくてはなりません。何しろ、週に一回だけの診察なので、いつでも気軽に相談に行く、と言う事はできないのです。

姫ちゃんは、言われました。

「効かないですか?でも、薬を飲んだために気分が落ち込むとか、食欲がなくなると言う事はありません。じゃあ、量を増やしましょう。」

こうして、私は沢山の薬を貰って家に帰ってきました。薬は、アナフラニールの他にも、睡眠導入剤のベンザリン、不眠時に飲むというレンドルミン、それから、何とかと言う便秘の薬。

膨れ上がった袋を見て、なんか違う・・・・と言う思いが湧きあがってきました。

私が、ヒロくんとの残された時間の過ごし方の中に、ヒロくんを薬漬けにしてまで、ほんの少しでも時間を延ばしたいと言う思いはあるのか?そして、何をどう頑張っても、脳の萎縮は治らない、止まらない。

ヒロくんが元気だった頃に、良く話していた言葉が思い出されます。

「長く生きる事だけが良いのではない。たとえ短くても、自分がやりたい事をやって、充実した人生を送る事が大切なのだ。」

まるで自分の人生を予感している様なその台詞が頭の中で渦を巻き、私は今、これから先、どう生きて行くのが、ヒロくんのため、私のため、残された家族の為になるのか、思案に暮れています。








コメント

私は、認知症の介護を体験してきて、「認知症は人間そのものの病」だと思いました。
その人のすべてが現れる、と。
だから、ひとりひとり違うのだと。

ご主人様のことを熟知していらっしゃるのはmomoさんですから、momoさんが介護の過程で考えられること以上のことを考えられる人はいないでしょう。

介護の渦中は、暗中模索・試行錯誤の連続ですね。

momoさんがどういう道を歩んでいきたいのか。
それは、momoさんにかかっています。

ご主人様のことを深く深く愛していらっしゃるmomoさんの判断が最善なのです。
誰にも、これがベストだ、という道をしめすことはできないのです。

私にできることはやってきた。
そう思える介護なら、後悔は少ないでしょう。
今の私にいえる限界です。


 
 
薬の選択は難しいです。
僕も、できるだけ花子さんにあった薬を選びたくて、
処方された薬は、必ず調べています。
お薬110番はご存知ですか。
http://www.jah.ne.jp/~kako/
ここの
「ハイパー薬事典」は大変参考になります。

うちも、朝ドグマチール50㎎を飲んでいます。
始めて処方された時、気持ちを前向きにする薬と
思っていました。
花子さん、どうも気分の落ち込む日が続いたんです。
ドグマチールの効果を感じられなかったので、
Dr.に相談したら、
 
「気持ちが悪いということがあったので、胃腸薬として出してます。
気持ちを前向きにするには、別の薬を出しましょう。」

薬品名で検索すると、ドグマチールは坑欝剤ですが、
50㎎は胃腸薬になっていました。

新しく処方された薬は
ジェイゾロフト25mgです。
(のんた2号さんと逆ですね)
朝1錠増えました。
今の病気は、薬を変えることによて、画期的な変化は望めません。
でも、多少の効果はあるみたいで、明るさは維持されています。
他に飲んでる薬は、アリセプト5mgを朝、夕。
胃腸薬のムコスタ100を朝、夕。
ドグマチール50㎎を朝継続。
睡眠導入剤として、アモバン錠7.5です。
他に、血圧を下げる薬を朝、夕2錠ずつ飲んでいます。
 
病院に具合が悪いと相談すると、その原因治療の為に、
どうしても薬が多くなります。
病院ができる治療方法は、薬の交換か、増量になってしまいます。
相談すればするほど
増える傾向があります。
最近は、薬を増やすことなく、その人の持つ不安な状態を取り去る
ことも言われています。
でも、まだまだ薬が中心ですね。

病気の進行を止めることは難しいかもしれません。
ヒロさんに合った薬が見つかり、
一日でも長く、穏やかな日を過ごして行きたいですね。



こんにちは。
いつも読んでいますが、最近は特に対応が難しいですね。
食欲不振は、大きな問題ですので早い受診をおすすめします。
うつの薬は補助にしかならないと思いますので、生活全般に対してアドバイスが先生に欲しいですね。どういう環境と人間関係作りをすれば、安心できて少しでもうつ症状を改善できるかのアドバイスです。
ヒロさんにとって一番安心できて一番頼りになるのはmomoですので・・・。
認知症による、うつ症状の改善はとても難しいと言われています。
認知症のために開発された抗精神病薬・坑うつ薬等はありませんので、認知症に対する知識と経験の少ない精神科医は多種で多剤の傾向になると言われています。薬を処方されたら日々の観察がとても重要です。変化があったら勝手に増減せず必ず先生に相談することが必要です。

(妻の場合の余談)
ジェイゾロフトはうつ症状改善の為に服用しましたが、効果(?)は少し出始めた頃に本人の希望で中止しました。薬による感情のコントロールに違和感を感じたようです。うつ症状は診断の頃から続いていますが、日々波があって辛いときもあるようですが何とかなっています。
ドグマチールはうつ症状改善の為に服用していません。細粒で一番少ない錠剤よりもっと少ない量で服用しています。
確かに胃・十二指腸潰瘍の改善にも使用されています。妻の場合は、日々のストレスから自律神経に障害が出て足の関節に力が入らなくなる時がよくあり、転倒や歩行困難の解消のために服用しています。現在は、ほとんど改善されました。
病院処方の薬は、アリセプトとドグマチール細粒だけです。

介護をやり遂げてほしい

momoさんに願うことは、

ご主人様が天命をまっとうされるときまで、寄り添ってほしい。
在宅だの、施設だの、優劣をつけられるものではない。

それぞれ条件が違うのだから、自分の条件のもとで、介護をやり遂げ、momoさんも元気で生き残ってほしい。

重度になっても、いや重度になったときこそ、momoさんの声かけは重要ですよ。

ショートステイを多くしてmomoさんが余裕をもたれるといいような気もしますが・・・

ありがとうございます

mikiさん、スリブリさん、のんた2号さん、それぞれの経験に基づく温かいアドバイスに、心の底から感謝です。また、元気が復活してきました。

清水由貴子さんが亡くなられた時に、TVで誰かが言っていました。

「ピンチの時には、もう一人の自分が現れる」って。

私にももう一人自分がいるならば、彼女の出現を当てにして、もう少しがんばってみますかな・・・・・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |