FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

もういやだ!薬なんか止めてやる!
テーブルの上の何袋にもなった薬の中から、今飲ませなくてはならない薬を探しながら、私は心の中で叫んでいました。

医学の進歩は素晴らしい事です。一昔前なら不治の病と言われたものさえ、薬を飲めば簡単に治る事もあるありがたい時代です。

でも、ヒロくんの場合は・・・・なんか違う。絶対、違う。私は医者じゃないから、わかる筈もないけど・・・・・でも、やっぱりなんかおかしい。

だって・・・・


飲めば飲むほど、具合が悪くなってくるのです。気分はどんどん落ち込んで、食欲はまったくなくなって・・・・身長が176cmあるのに、体重は・・・・52Kにまで落ち込んでしまいました。たったの52Kです。

もともとスリムな体型で、60Kを超えることはあまりなかったのですが・・・・・52Kなんて、絶対におかしい。これじゃあ、もうすぐ私より軽くなってしまう。そんなバカな!

お風呂に入れて、背中を流してあげると、一直線に浮き出た背骨が痛々しい。

寝返りする体力、気力がないのか、ずっと仰向けに寝ていることが多いので、背骨の所々が赤くなっている。これって、床ずれ?そんなバカな!

飲めば飲むほど悪くなる薬、ちゃんと病院の先生に言われたとおり飲んでいるのに、どんどん悪化してしまう薬、こんなことってある?


もし、このままヒロくんが食べる事を拒否し続けるなら・・・・死んでしまう!この夏の暑さを越せるはずは無い!!

ヒロくんの死。ヒロくんが目の前から居なくなる。ヒロくんに二度と会えなくなる。

まだ、ほんの少しは先の予定だったヒロくんとのお別れが、もしかしたら直ぐそこに、本当にすぐそこに迫っているのかもしれない。

一晩であっという間に死んでしまったシロちゃんみたいに、そしてその13日後に死んでしまったクロちゃんみたいに・・・・・ヒロくんも死んでゆくのだろうか?そんなバカな!


もう、充分に生きたから・・・・・・もう、いいよ。充実した人生だった、幸せだった・・・もう、充分だ・・・



「生きる」と言う選択を止めてしまったかの様な、ヒロくんの声なき声が聞こえてきます。


そう?そうなの?本当に、生きるの止めるの?本当に・・・もう・・・・いいの?



心の中で、一生懸命問いかけても、ヒロくんは何も答えてくれません。

ただただ、眉間に皺を寄せた苦しそうな顔だけが、私をじっと見つめているのです。

長い、長い時間が流れました。何日も何日も経過しました。とうとう、私は自分なりの結論を出しました。

いえ、いい加減に結論を出さないと、ヒロくんがだめになる。何もかも、だめになる。






薬は、やめよう。ヒロくんの人生は、ヒロくん自身の選択に任せよう。

もう・・・・私には・・・・・何も・・・・・出来ない。



この結論が正しいのか、間違っているのか、私にはわかりません。


ケアマネYさんに、「もう薬を飲ませるのをやめたい。何もかも自然に任せたい。」って言ってみました。

Yさんは、「止めたいなら止めても良いですよ。でも、止めるにしても先生に相談して下さい。勝手に止めたらその後が怖いです。」と言われました。

まあ、冷静に考えると確かにそうです。

そしてYさんは、私が姫ちゃんにあまり信頼を寄せていないことを察知して、以前から、一度別の病院に行ってみた方がよいと進言してくださっていました。

でも私は、いまさら別の病院へ行って名医さんに出会ったとしても、病気が治るわけでもないし、もう、めんどくさいからいい、と頑固を通していたのです。

確かに、新しい病院へ行くのはもうめんどくさい。また、今の状態のヒロくんを連れて行く事はかなり大変そうです。

でも、目の前でどんどん衰弱して行くヒロくんを見ていると、このままではダメ、このまま姫ちゃんに罹り続けているだけでは、最後の時を豊かに過ごす事は出来そうに無い。


Yさんは言われました。

「○○市に私が信頼を寄せている先生が居られます。病気よりも人を見る、そして何より家族の気持ちに寄り添ってくださる先生です。私は、話を聞くことは出来ても、医療従事者ではないから、それ以上のアドバイスは出来ません。今、momoさんに必要なのは、貴女の苦しみを受け止めてくださる先生ではないですか。遠いから通うことは出来ないけれど、一度だけでも良いから行って来たらどうですか。」

○○市・・・・・遠いな。

車でノンストップで走って、2時間かかる。田舎道しか運転できない私にはとても無理。ヒロくんもそんなに長い時間車に乗ることは多分・・・無理。

でも、そこまでYさんが進めてくださる先生なら、ちょっと会ってみたい気がする。

「行きます。」と、即座に答えた自分にちょっとびっくりしましたが、もうその先生に会ってみる以外に私が出来ることはなさそうです。

Yさんに教えてもらった番号に電話を入れると2日後に予約が取れてしまいました。はやっ。




○○市・・・・・



遠いけど・・・・・・




とにかく・・・・・・・・




行かなきゃ。







続く・・・


コメント

祈る

道が開けますように!

先生がmomoさんの思いをくみとってくださって
今より少しでも良い方向へ向かうよう祈っています。

私も

御主人と、nmomoさんにとって
よき出会いとなりますよう
私も祈っています。

片道二時間は、ちょっと
きついですが どうぞお気をつけて!!

三重の空から 心の底から 祈っています。その先生が御主人様とmomoさんの今の苦悩を晴らしてくれますように!!

momoさんへ

頭痛薬や胃薬なら、すぐに効果がわかりますが、こういう病は難しいですね。

主人も精神科で最初に処方された薬では、逆に悪くなってしまいました。
しばらく飲まないと分からないとは思うのですが、家族にしてみると、とても長い目でみてる余裕はありませんでした。
結局、1ヶ月半の入院をし、漢方薬に落ち着きました。
最近、気分の波がまた大きくなって再入院を心配しています。

ヒロさんにも、合うお薬が見つかるといいですね。
そして、なによりmomoさんが信頼でき、安心感を感じられる先生であるといいですね。

ヒロさんに笑顔が、そしてmomoさんに安らぎが訪れます様、お祈り致してます。

ありがとうございます

たくさんの「祈り」に感謝!!!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |