FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

宣告

大げさに言えば、運命の日だ。


夕方、ホームに入るとケアマネさんが出てきた。


今日お昼に、病院からSTさんが来られて、飲み込みの様子を見ていただきました。詳しくは看護師から話したほうが良いと思うので、お部屋でお待ちください。


宣告がちょっとだけ先に延びた。


エレベータの中で、顔なじみのおばあちゃんと一緒になった。


元看護師だというおばあちゃんが言った。


ご主人大変ね。お昼に、大勢で食べさせようと思ってワイワイやってたわよ。


食堂での様子が目に浮かんだ。


肺炎になっちゃってね。治ったんだけど、食べられるかどうか・・・・


不確かなおばあちゃん情報ですっかり気が重くなった。


夫は、目を閉じていた。


この時間大抵目が開いていたのに、今日は眠っているようだ。


手持無沙汰に看護師さんが来るのを待ちながら、私はとても不安になった。


きっと、駄目だったに違いない。


口からの食事だけで体を維持することは難しいと言われるに違いない。


そうなると・・・・・延命はしますか?しません、では、あと一か月とか言われて、痩せ衰えて死んでゆく夫をなすすべなく見なくてはならないのだ・・・・・。


気分が本当に重かった。


待ち時間が長い。


ようやく、施設長さんが来られた。


看護師来ましたか?あ、まだですか、では説明しますが、今日お昼にSTさんが来て見て頂きました。ただその時は、覚醒してなくて食べられなかったのですが、看護師が日ごろの様子を話して、やはり口から食べたほうが力も出るので、点滴は今日で終わりにして、明日から三食食べて頂こうと言うことになりました。






はぁ~、良かった!


死刑宣告から恩赦で生き延びた気分だった。


その後看護師さんも来て説明してくださり、夫の状態に合わせて、まず明日の朝、昼、調子が良ければ夜も食べようと言うこととなった。


良かった、


本当に良かった。


気が付くと、手に刺さっていた点滴の針もなくなっていた。


残っているのは、鼻に入れた酸素のチューブだけだ。


これは、確か今月いっぱいと言われていた。


勿論、まだまだ安心できないけれど、とりあえずは良かった。


ここから先も夫次第だ。


どれだけ食べて回復するか、夫が決める。


お父さん、良かったね。明日からいっぱい食べて元気になってね。また一緒にお散歩に行こうね、桜が満開だよ。


至近距離でそう言ってみたが、今日の夫はずっとおねむとみえて、目が開かない。


ちょっとつまらない。






明日からが、楽しみでもあり心配でもある。







コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |