FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

3時過ぎに部屋に入って、げた箱の上のファイルを見る。


看護師さんの字で、何やらびっしりと書き込みがある。


書き込みが多いと言うことは、書き込んでおくべき何かがあったと言うこと。


ざっと目を通してから、夫のもとへ行く。


先月で解約したはずの酸素が鼻についていた。


気にせずおやつにする。


プリンとヨーグルト、口直しにほうじ茶ゼリー。


全部食べて、まだ口を開ける。


もっと欲しいのかな、と思いつつ、今日は控えめにしておく。


看護師さんが入ってきた。


「今日は、ちょっと酸素の状態が落ち着かないんですよ。念のため、お風呂はやめておきました。」


そう言われて、今日が入浴の日だったことを思い出した。


看護師さんが言うには、


血圧とか熱とかは、全く異常がないのだけれど、酸素だけが落ち着かない、


78~93位を行ったり来たりしている、とのこと。


78・・・・・って、ほぼ死んでない?と思ったけど、でも、夫は生きている。


他はいつもと変わらないし、様子も苦しそうでもないんだけど、何故か酸素だけが落ち着かないんですよ。夜勤さんが心配するといけないから、今日は管をつけておきますね。


酸素が低いということは・・・・・?


苦しいです


痰ですか?


それもあるけどねぇ・・・・・お父さん、今日はちょっと息の仕方が下手、ってことですよ。


看護師さんは、冗談っぽく言った。


息の仕方忘れちゃったのかしら?


私も、冗談ぽっく聞いてみたけれど、


これは冗談ではないことは、重々承知している。







超低空飛行ながらも、夫が良く食べてくれるので、何となくこのままもうちょっと先まで行くかもしれない、と言う思いが心の片隅に芽生えていたけれど、


やっぱり違う。


こんな状態を繰り返しながら、・・・・夏か・・・・年末か・・・・・


と、初めのころ言われていたH先生のお見立ては、そんなに間違ってはいないのだろう。












ねえ、お父さん、







思い出してよ,






息の仕方。










コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |