FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

今日は、当初の予定では、夕食時に歯医者さんが来て、夫の嚥下状態を検査する、と言うことになっていた。


そのつもりでいたところ、昼過ぎに施設から電話があって、夫が37度9分熱を出したので、検査を延期したいと連絡があった。


延期するのは一向に構わないけれど・・・・・・


また・・・・熱が上がった。


夕方を待たないで、出かける。


ファイルを見ると、昨日の夜中に38度5分と書かれているのが最高だ。


久々の38度越え。


37度前半なら気にしなくてよいとH先生のお言葉だったが、さすがに38度5分は、少々高い。


そんな夫は、いつもと変わりなく寝ていた。


目は閉じられているが、表情は楽そうに見える。


酸素は2Lになっていた。


数値は、95。


まあまあ?


お父さん、


と呼びかけてみると、少々反応があった。


ただ、今日はゆっくり寝ていたいと、言っている様に思えたので、そのままそっとしておいた。


無理におやつを食べさせなくても、寝たいときは寝ていれば良い。


時間がなかったので、一時間ほどで帰ってきたけれど、夫はずっと寝ていた。


口を開けて、少し胸が上下している様に見えた。







このところずっと微熱が続いている事を、看護師さんは、体温調節が出来ないんですよ、と言う。


酸素が低い事は、お父さん息の仕方が下手、と言う。


他の入所者さんの例を挙げて、私が安心できる様に話してくれる。


だけど・・・・・・


私には、なんとなくだけど・・・・


分かる様な気がする。


夫の生命力が、少しづつ消えかかっていることが。


熱も、酸素も、夫の体が終い支度を初めつつあるのではないか。






ただ・・・・


過去にも、2度ほどあったこの感覚、


夫は見事に裏切って復活を遂げた。


今回も、分からない。





けどね・・・・・・・


やっぱり、私には、


なんとなくだけど・・・・・


命の灯が、ゆらゆらしているのが、見え隠れしている。















コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |