FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

頷き

夫は相変わらず食べてくれる。


用意されたソフト食を完食し、持参したハンバーグも食べ、お楽しみのプリンも食べる。


以前のガツガツ感はないけれど、まず、これだけ食べてくれるから、とりあえずは安心出来るかなと思う。


本当は車いすに移したいけれど、まあ、そのままでも構わないので、ベッドのリクライニングを起こして、食べる態勢にする。


ベッドの横に、移動式の小さなテーブルを持ってきて、食事を置き、私はベッドに腰掛ける。


その姿勢で夫の口に食事を運ぶ。


食べる意思がある口の開き方をしてくれる時が一番嬉しい。


お父さん、もうすぐお家に帰るよ。美味しいもの作ってあげるからね。何が食べたい?

トロトロのステーキ食べようか?



そう言うと、夫が頷いてくれた。


珍しいことだ。


ステーキ、きっと食べたいんだろう。


よし、思いっきりお高いのを買ってあげよう。


そんなことを考えながら、夫と一緒に食事時間を過ごすのは、至福のひと時だ。


職員のお兄さんが入ってこられた。


このお兄さんは、メグちゃんが大好きで、メグちゃんも又お兄さんが大好きなのだ。


2人は、楽しそうに、しばらくの間戯れる。


お兄さんに、家に帰ることになった事や、やっぱり何があっても、食べてくれる内は、口から食べさせたいことなどを話しながら、


夫に向かって、


食べたいよね。


と語りかけると、夫がまた頷いた。


私とお兄さんは、ビックリして顔を見合わせた。


今日は、ちょっと頭が晴れているのかもしれない。


良いことばかり書いたが、それだけでもない。


9時過ぎ、帰り間際に酸素を測ると、数字は83、


随分低い。


この時間は看護師さんはいないので、誰にも頼れない。


先日H先生にご指導頂いた通りに、鼻から管を入れて痰の吸引をする。


たっぷり取れた。


もう一度酸素を測ってみるが、まだ数字が90に届かない。


枕もとの酸素チューブを夫の鼻につけて、1Lのスイッチを入れる。


因みに、痰の吸引も酸素を吸わせるのも、介護職員さんはしてはいけないことになっているらしい。


家族は良いそうな。


しばらくすると、94位まで数字が上がってきたので、少々心残りだったが帰ってきた。


あんなに良く食べる力が残っているのに、体自体はかなり参っているんだろう。


度重なる肺炎で、肺が弱っているに違いない。


H先生の判断で、抗生剤は点滴から経口摂取に変え、数日前からそれもなくなった。


血液検査もしばらくしていない。


後は、夫の生命力だけだ。


もうちょっとだから、今は死なないでほしい。


せっかく私が決断したのだから、ほんの数日でいいから、家で過ごす時間が欲しい。




今日は、施設長さんが居なかった。


まだ、何も進んでいない。、









コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |