FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

珍しい人が訪ねて来て下さった。


5年前、夫の終の棲家を決めるために散々迷っていたころ、今の施設の施設長さんとして初めて出会ったKさんだ。


私が、夫を今の施設に入れようと決断できた理由の一つに、このKさんの存在がある。


当時まだ30代半ばの、彼が持ち合わせていた情熱、


目の前の困っているこの家族の力になりたいと言う思いが感じられ、私は夫をこの施設に託した。


結果は大正解だった。


この5年間、本当に豊かな時間を過ごすことが出来たと思う。


Kさんは、しばらくして転勤になってしまい、それ以来出会うことはなかった。


今では、本部の偉い人になっていると言う噂のKさん、


随分久しぶりにこちらの施設を訪ねてきて、夫の状態も把握したうえで、わざわざ我が家まで寄ってくださったのだ。


私は、Kさんに、夫の様子を話して、一刻も早く家に連れて帰りたいけれど、なかなか事が進まないで、このまま死んでしまったらどうしようと言う不安を持っていることも話した。


Kさんは、今の施設長さんに、出来るだけ早くする様、電話しておくと約束して下さった。


もし、今もKさんが施設長だったら、そしてIさんがケアマネを引き受けられたら、夫は今頃家に戻っているかもしれない。


まあ、どれもこれも夫を取り巻く流れなのだから仕方がない。


時間切れとなってしまったら、それが夫の運命なのだろう。





夕方、夫の部屋につくと、看護師さんが最後の吸引をしているところだった。


熱が7度5分あると言う。


食欲は変わらず、朝も昼も完食している。


早めに夕食が来たので,いつもの様に食べさせ始めたが、きょうの夫は、あまり口を開いてくれない。


大好きなプリンを入れても、そのまま口の中に滞在している。


なんで?


今後、最後には、こんな感じで食べなくなるのだろうと思える様な状態だった。


嫌な感じを抱えながらも、しばらく様子を見ることにして、一旦食事を中断した。


メグちゃんと一緒に寛いで時間を過ごす。


夫は、ずっと目を閉じているが、7時近くなったので、もう一度食事にチャレンジしてみることにした。


すると、いつもと同じ様に食べ始めて、完食してくれた。


良かった、


さっきは、まだ食べたくなかっただけなんだ、と言うことにしておこう。


帰り際、指先の酸素の数字は94、


今日は悪くない。


熱を測ってみると、38度4分ある。


裏技を覚えた。


冷凍庫から保冷剤をもってきて、腋の下に挟む。


しばらくしてからもう一度測ってみると、37度1分、


8度越えの熱は、なかったことにしておく。


痰の吸引はしないで帰ってきた。


本当は、やりたくないよ、鼻にあんなに長いチューブ差し込むなんて、


やりたくない。








コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |