FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訪問入浴

帰宅翌日の今日、早速、お風呂の日となった。


3月3日に熱を出して以来、湯船につかったのはたったの2回、シャワー浴が数回、


そんな夫をこれから週に3回お風呂に入れることが出来ると思うと、とても嬉しい。


施設では、熱が38度を超えると、入れてもらえなかった。


昨日の集まりの時、H先生は、何度熱があっても入って構わないと言って下さった。


単なる熱だけでなく、夫の様子を見て、入れたければ入れれば良い、と。


残りの時間が短いからこそ、お風呂に入ってさっぱりしてほしい。


温泉好きだった夫の願いが、一つ叶えられそうで、とても嬉しい。






看護師さんが一人と、職員さん二人の計三人で来られた入浴の事業所さんは、


ベッドの横に、あっと言う間に浴槽を組み立てて、38度~39度のお風呂が出来上がった。


おまけに泡風呂なんだそうな。


湯船に浸かった夫の体は、やせ細っていた。


施設では、布団がかけられた部分は、見ないで過ごすことが出来たけれど、こうして全身を見る機会があると、その細さにちょっと哀しくなる。


とは言え、夫は久しぶりの泡ぶろに、気持ち良さそうに浸かっていた。


いや、事実はぎゅっと目を閉じたあまり良くない顔だったけれど、それでも何だか笑っている様にさえ見える。


湯船に浸かって、二人で体を洗っている間、もう一人の方がベッドメーキングをしてくれる。


シーツが無料貸し出しになっていて、汚れてもそのまま返せば良いとのこと。


介護サービスがどんどん進んでいるのを感じる。






心配なのは、ずっと下がらない熱だけれど、今日は、朝から出ていない。


36度台の体温計を見るのは珍しいことだ。


指先の酸素も施設で測るよりも数字が高い。


機械のせいかな?と思うけど、とにかくずっと90を大きく超えているので、施設の看護師さんや歯医者さんの言いつけに背いた。


食前食後、寝る前、朝起きた時、吸引して下さいと言われていたけれど、ほとんどやらなかった。


たまにのどで音がしている時だけ吸引した。






食事も、夫のペースに合わせることが出来る。


夕食時しか行けなかった今までは、その時に出来るだけ食べてもらいたくて、せっせと口に運んでいたが、今はそんなにしなくても良い。


食べたい時に食べたい物を食べたいだけ食べる。






仕事に出る時、メグちゃんに夫の見張り番を頼んで出かける。


様子を見に帰ると、メグちゃんは律義にベッドの上で夫のお守をしていてくれる。


家に入った時、そこに夫がいる。


メグちゃんと二人で、そこにいる。


この上ない幸せが湧き上がってくる。


夫は、時々大きく目を開いて、きょろきょろとあたりを見回している。


おうちに帰ったのが分かるのか分からないのか、どっちでもいい。




連れて帰って良かった。


本当に良かった。


夫婦が揃って家にいる、


この当たり前の時間が、我が家にとっては奇跡だ。


帰って来てくれてありがとう。


何度も何度もそう言うと、夫はちょっと笑って答えてくれた、


ように見えた。


















コメント

お帰りなさい。お家に帰ってほっとしてお熱も下がったのでしょうか?お風呂にも入ってさっぱりして落ち着いた穏やかな様子が目に浮かぶようです。メグちゃんもいて幸せな時間が少しでも長く続きます様にと願います。momoさん夜はちゃんと眠れていますか?

ずっと応援

勝手に 戦友と決め、ずっとずっと応援してきました。
2008年のブログ開設当初から、毎日毎日、一日に何度も
訪問させていただき、
私達夫婦の参考にさせていただき、
時には比べながら、
人生に抗う道しるべとして
愛読させていただいておりました。
今日初めて、書き込みさせていただきます。

夫69歳 若年性認知症と診断されて17年
momoさんご夫婦とほぼ同じ症状を生きて
きました。
これからの人生をどう生きるか
自問自答しています。momoさんの文章から
私の生き方を自己評価しながら生きてきま
した。夫は何も答えてくれません。
要介護5です。
momoさんのご主人様と
ほぼ同様な現状です。
この3月3日から 肺炎症状を起こし
低空飛行中なのも、偶然にも一緒です。
赤の他人とは思えなく、
momoさんと私が同一人物では…
と思っています。

この度の自宅介護スタートに、
我が家の将来をかぶせています。
学ばさせてください。
教えてください。
心の変化を詳細に書かれている
momoさんの毎日の文章に、
共感しています。

ずっと応援してきました。
これからも、
距離的には遠くなのですが
ブログ上で、応援しつづけます。

お久しぶりです

nonoさんの介護もいよいよ終盤、大事な局面を迎えられましたね。

ご主人様の命について、「長さ」より「質」最優先の選択ですね。一貫した姿勢だったとは思いますが、実行できる条件、環境だったことは本当に恵まれていらっしゃいます。

ここまで「家族の責任」を明確に宣言していらっしゃることも実現の大きな鍵だったと思います。

「終わりよければすべてよし」という言葉もあります。
お別れを覚悟した日々を「家で過ごす」「口から食べる」[入浴する」を確保されたことは、ご主人様にとってなによりもありがたいことではないでしょうか。

本人に不愉快なことは極力排除する。これほど愛情を注いでもらえるご主人様はお幸せです。病を発症されたことはいかんともしがたいことですから・・・。

momoさんに余裕があるなら、一度はピアノを弾いてあげてくださいね、

どうぞ、悔いない日々でありますように!

うちの夫もヒロくんさん

ありがとうございます。夫はリビングにいるので、夜は私は寝室でぐっすりと眠っています。まずは、自分の健康管理ですね。

戦友さま

はじめまして。長い間お読みいただいて、また、コメントをいただきありがとうございます。

沢山の戦友たちと知り合ううち、不思議な共通点があることがたまにあります。365分の1の確率の誕生日が一緒だったり。

我が家と同じ様な過酷な経過を辿る方にも沢山出会えました。そんな出会いがあったからここまでたどり着けたと思います。

ひな祭りの日に肺炎を発症した戦友さんのご主人ともまた不思議な出会いです。

自分と同一人物じゃないかと言われる気持ち、良くわかります。体験した者でないと分からない。だから、体験した者同士は、心の奥深いところまで分かり合える。

ありがとうございます、戦友さんの存在が、残り少ないであろう夫との時間の支えの一つになります。

私も応援しています!

mikiさん

またお目にかかれて、本当に嬉しいです。コメントはなくても、ずっと見ていて下さっていると思ってました。

私が道に迷っているころ、二つの事を教えていただきましたね。




今できるベストを尽くすこと、

最後までやり遂げること、


過酷な地獄の道中も、それを指針に生きてきました。今は、とても幸せです。私と夫を取り巻くすべての人たちに感謝一杯です。

あとどの位時間が残っているか分かりませんが、ベストを尽くし最後までやり遂げますね。もちょっとだけ見ていてください。

そうそう、ピアノ、しばらく忘れてました。明日、早速弾いてみようかな。

mikiさん、ありがとう!!”


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。