FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

ピアノ

息子の手と車が二つ借りられたので、施設の部屋の荷物片付けに行った。


冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、TV,大物を運び出して、部屋の退去が完成した。


5年間、お世話になりました。


看護師さんに出会って、熱が出ていない事などを話したけれど、痰の吸引をサボっていることは内緒にしておいた。


夫とメグちゃんは、いつも二人でお利口さんにお留守番してくれる。


荷物の整理をざっとしてから、思いついて、三男に頼んでみた。


お父さんのために、ピアノ弾いてくれない?


昨日、コメント欄でmikiさんに、「ピアノを弾いてあげて」と言って頂き、随分長い間、聞かせてあげていなかった事に気が付いた。


私よりずっと上手なピアニストが居る事に気が付いて、頼んでみた。


一回だけだよ。



そう言って、息子は弾き始めた。


私は、ベッドに腰掛けて、夫の表情を見ていた。


あの時の、奇跡を思い出しながら。


あれから3年分萎縮が進んだであろう夫の脳は、息子が奏でる音をどんな風に咀嚼するのだろうか。


ほんの僅かな変化も見逃すまいと思って、夫の顔を見ていたけれど、はっきりと読み取れるようなものはなかった。


だけど、確実に夫の耳に、ピアノの音は届いたはずだ。


明日からは、下手なピアニストが聴かせてあげよう。







今日も、ずっと熱はない。


酸素の数字も90を大きく超えている。


痰の吸引は、一度もしていない。


先生は、きっとまた「おうちパワー」と言われると思うが、思い当たる事が一つある。


施設にいた時、私が行くのは夕方からのせいぜい2~3時間。


その間に出来ることと言ったら、美味しい物を食べさせる事位しかなかった。


提供される食事は元より、持参したおかずやデザートの甘いものなど、せっせと食べさせていた。


今、食べさせなければ、食べさせる時がない、そんな強迫観念すらあった。


また、朝夕の食事は、時間が決められ、忙しい職員さんが決まった時間内に食べさせなければならない。


決して、無理やり口に入れることはないけれど、それでも夫に合わせて、いつまでものんびり食べる事は難しい。


そして、家に帰った夫。


私は今、夫が居てくれるだけで、癒され、心穏やかでいられる。


おむつを替えたり、顔を拭いたり、やる事も色々ある。


せっせと食べさせる事だけが仕事ではなくなった。


だから、「食べさせねば」と言う意気込みが消えている。


冷蔵庫にすぐに食べられるようなものを入れておいて、あ、今、食べたそうだなと思った時だけ食べさせる。


そして、数口で終わることもある。


以前のランちゃんパパの記事を、再び思い出す。


素人考えだから、全く分からないけれど、夫が帰宅と同時に熱が出なくなった事、何か関連があるだろうか。





それから、今日もまた排便はない。


帰宅までの10日ほど、ビックリするほど毎日出てたのは、もしかしたら、私のオムツ替えを楽にしてくれるために、施設にいる内にたっぷり出しておこうと言う、夫の思いやりだったのかな?


まさかね。










コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |