FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来訪者

今日は来訪者が多い一日だった。


午前中は仕事して、13時半にケアマネさんが来られた。


希望を聞かれたので、入浴をもう一日増やしてもらいたいとお願いすると、早速、土曜日にも来てもらえることになった。


入浴を増やしたい理由は、夫が温泉好きだったこと、体が綺麗になってほしいこと、


あと一つの理由は、私が楽したい事。


夫のオムツ替えは、そんなに大変ではなく出来ているが、たまに漏れていて洋服やシーツが濡れていることがある。


あまりに酷ければ別だけれど(今のところそういう事態にはなっていない)ちょっと湿っている位では、着替えはしない。


一度やってみようと試みた事があったけれど、私一人で手足が固まった夫の着替えをするのは、かなり無理があることに気が付いた。


入浴が月水金土とあれば、万一汚れていても、一日待てば綺麗にしてもらえる。


なるべくしんどいことは避けようと思う。





その後、15時に訪問看護が入った。


前回の在宅の時にもお世話になった威勢の良いおばちゃん看護師Oさんが来られたので、いろいろ話が盛り上がった。


あの時、最初に紹介してもらった診療所の先生の話から、今のH先生が地域にとって如何に必要なお医者さんであるか、など、おばちゃん同士の話は尽きない。





その後、18時過ぎにH先生の往診があった。


熱も酸素も状態は良く、今日は午前中に初めての排便があった事などを伝えた。


先生は、聴診器で夫の胸の音を聞いて、「変わりないです」と言われた。


悪化していなかったので、ほっとした。


食事は食べられていますか?


はぁ~、やっぱりこの質問が来た。


昨日から、あまり食べなくなりました。昨日は特に眠かったみたいで、ゼリーをほんの数口何回か食べただけです。

今日は、昨日よりは食べてますが、施設にいた時と比べると、量は全然少ないです。あんなに食べてたのに・・・・



そうですか・・・今まで食べることだけは出来てたのにね・・・食べないのは、ちょっと心配ですが、

食べなくなった理由は・・・・・分かりませんね。





理由は、誰にも分からないと思う。


もう、疲れたのか、ちょっと休んでいるだけなのか、もうこのあたりで、と思っているのか、本人にしか分からない。


あと、昨日食べなかったためか、今日は尿の出も少ない。


少量で、色が濃くなっている。


これもあまり良い傾向ではないが、全て夫の生命力次第。


ここまで来たら、先生にも何かをして頂くと言うことは、もう、ない。


今までにも何度もお願いしたが、痛いのと、苦しいのだけは嫌だと、再度伝えた。


先生は、食べられなくなった場合は、それ(苦しいこと)はない、と言われた。


確かに、夫は、良い顔をしている。


目がぱっちりと開いて、家中を見回している時がある。


本当に穏やかな良い顔をしている。


もうすぐあらゆる苦しみから解放される、その前段階なのかなと思える。


食べてくれないのは、ちょっとつまらないけれど、夫が苦しくないなら、それが全てだ。


これ以上、望むことは何もない。



先生は、また明日来ると言って、外に出られた。


私も後をついて外に出で、今日はこれを聞こうと決めていた事を聞いてみた。


息をしていない事に気が付いたら、どうしたらいいですか?


訪看のOさんと僕に電話してください。すぐに行きます。Oさんの方でいろいろ処置をして、僕がその場で死亡診断書を書きます。そして、葬儀屋さんに連絡する、と言うことになります。夜中でも、いつでも対応します。


以前、入院していた精神病院のソーシャルワーカーさんから、亡くなった事に気が付いてから24時間以内に先生を呼べばよい、と言われた事があった。


例えば、夜の9時とか10時に気が付いて、次の日の朝にご連絡するのでも良いのでしょうか?



良いですよ、気持ちの整理がついたら、電話してください。



とうとう、先生とこんな話をするまでになった。


全ての人がいずれ必ず通る道。


全ては夫次第。







そうそう、一番大事な来訪者を忘れていた。


ランちゃんパパだ!


突然、現れたので、とてもとてもびっくりした。


そう言えば、初めての出会いも、突然だったな・・・。


いつも、いつも、我が家の事を気にかけていてくれるランちゃんパパ。


ランちゃんは、もう一緒には来られないけれど、最近の我が家の状態を心配して、わざわざ来て下さったのだ。


本当に、本当に嬉しかった。


詳しく説明しなくても、何もかも分かり合える戦友。


同じ様な道を同じ様な時期に歩いた仲間。


お互い、随分遠いところまで歩いて来た。


「これ、プリン」と言ってお土産を下さった。


しばしお話しして、お別れした。


プリンの入った箱を開けてみた


プリンと一緒に「モンブラン」が入っていた。


やっぱり、


かけがえのない、


戦友だ。








ありがとう







コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。