FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活音

夫は、まだ耳がちゃんと聞こえる。


ベッドの頭のほうから、「お父さん」と呼びかけると、必ず視線が声を探して動く。


人間、最後まで耳が聞こえるから、話しかけてあげなくてはいけないと言うのは真実だと思う。


夫が家に帰ってきて、今までと違うことは、生活音が聞こえることだと思う。


家族の話声、宅配便のお兄さんの呼び声、電話が鳴る音、メグちゃんの吠える声、誰かが階段を上り下りする足音、


いろんな生活音が耳に入ってるはずだ。


それは、夫が長い間生きてきた音、そのものだと思う。


お世話して下さる方々の優しい声とは違う、夫の過去の歴史の音そのものだ。


夫のベッドのすぐ脇に台所がある。


私が料理をする音、


包丁で野菜を切る音、


お肉を炒めるジュージューと言う音、


冷蔵庫を開け閉めする音、


ご飯が炊きあがる音、


ガチャガチャと食器を洗う音、


流れる水の音、


コーヒー豆を挽く音、


何かが出来上がったと知らせるピーピーと言う音、


今、夫の耳には、それらの生活音がいつも入ってくる。


お気に入りのCDも耳元でかけているが、そこに馴染みの生活音が混じる。






今日は、午前中に孫の子守を頼まれた。


5か月になる女の子は、はや人見知りが始まったのか、ママが行ってしまうと、すぐに泣きだした。


大きな声で、元気よく泣く。


私は、ふと思いついて、彼女を夫の隣に寝かせてみた。


寝かされた孫は、ますます大きな声で泣く。


おぎゃーおぎゃーとは、上手く言ったもんだ。


夫の耳には、大きな泣き声が確実に届いている。


お父さん、孫だよ、私たちの4人目の孫だよ。


あまり泣かせるのも可哀想なので、私は孫を抱き上げ、夫の顔の正面に近づけてみせた。


夫の視線は、確実に孫を捉えた様に見えた。


もう長いこと、視線が合う、と言う感覚を持てなかったけれど、今回は、ちょっと違っていた。


夫は、ちゃんと孫を見た、と思えた。





今日の夫は、少し食欲が戻り、昨日先生とあんな話をしたのが申し訳ないと思えた。


とは言え、今のところ、身体を維持できるほど食べられている訳ではない。


今日もお風呂に入れてもらって、さっぱりした。


表情はとても良い。


穏やかな良い顔。




夫にとって耳に心地よいであろう生活音、


私にとっても、夫がいる音は、何とも心地よい。







コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。