FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うなぎ

食べられなくなったら二日の命、


そして、いつ食べることを完全に忘れてしまうか分からない末期の認知症患者である夫、


おまけに、宣告されたのは、今月いっぱいであったり、夏ころであったり、


この生活は、一般的に見るとかなり不安要素が強く、ストレスが溜まりそうだ。


だけれど、何故か私は、日々の生活が楽しい。


確かに、夫はもういつ死んでもおかしくないのだろう、


でも、目の前に夫がいてくれるこの生活は、在宅を決断する前よりも、ずっとずっと楽であって、また心が穏やかでいられる。


実際、月水金土は入浴、火曜日は訪問看護、先生の往診が基本週に一回だけれど、ラブコールすれば、もっとマメに来てもらえる、


歯医者さんの往診が金曜日、マッサージが月金、ケアマネさんはたまに様子伺いの電話をくださる、


これだけ、沢山の方々の助けがあるおかげで、


私の仕事は、ご飯を食べさせることと、おむつを替えること、


たったの二つだけなのだ。


一番ありがたいのが、訪問入浴。


身体を綺麗にしてもらえるのはもちろん、髭剃り、鼻毛剃り、耳掃除、ベッドメーキング付きのシーツ無料貸し出し、


看護師さんが同行なので、体全体を見てもらえて、褥瘡になりそうなところには早めの手当てをしてもらえる。


本当にありがたい。





こんなに沢山の人にお世話になっていることを知ってか知らずか、夫は相変わらず自分の世界で生きている。


今日は、一日中、食べることを忘れなかった。


珍しいことだ。


調子に乗って、沢山食べさせた。


ゼリーと桃中心の食事から、もうちょっとご飯らしいものを食べさせようと思い、冷蔵庫に入っていたうなぎに目を付けた。


10センチ角程の大きさのかば焼きの皮を剥いで、身の部分だけ包丁で細かく刻んでお粥に混ぜた。


あと、大根と人参の煮物。


やわらかく煮込んである。


ゼリーで固めたむぎちゃと、命綱の牛乳甘酒ゼリー、


それらをお盆に乗せると、何だか普通の食事みたいに見えて、ちょっと嬉しかった。


ただ、せっかくこんなに用意しても食べてくれない時もある。


その時は、がっかりしないことだ。


しかし、今日の夫は、とても覚醒よく、用意したものを、全部食べてくれた。


真正面から向き合い、のど仏の動きを確認しながら、一口ずつ口に運ぶ。


食べる意思をもって口を開いてくれると、それだけで私は幸せで満たされる。


安上がりの幸せも、とうとうここまで来た。


最期は、息をしてくれるだけで嬉しい、とずっとずっと昔に聞いたことがあり、当時は理解できなかったけれど、今はとても良くわかる。


夫は、大きく目を見開いて、辺りを見回している。


おうち、を堪能しているようにも見える。


本当に、本当に、穏やかな良い顔だ。


たまに、「あぅ」と聞き取れる声を出してくれる。






熱も酸素も、もう測るのは止めた。


痰の吸引も、のどがゴロゴロ言った時だけ。


今月いっぱいでも、夏でも、いつでも良い。


うなぎを食べてくれた夫が、穏やかな表情で目の前にいる、


その「今」があれば、それだけで良い。













コメント

命を慈しむ

逝く者も送る者も精神的に満たされていればこれ以上のお別れはないのではないでしょうか。

momoさんがこの心境に達せられるまでには長い長い時間が必要だったのでしょう。
どんなに辛い面会も逃げずにコンスタントに通い続けられたことが「今」につながったのでしょう。

このブログは貴重な記録です。勇気を奮って「残してください」とお願いします。
「今」と「未来」を生きる仲間のために。

ご無沙汰しております。
今日母が腸瘻の手術を終え、経過も良好という事で、特養に退院しました。
悩んだ末の決断でした。
momoさんに、悩んだ末に出した結論が親不孝なワケがないと言っていただき、決断しました。
本当にありがとうございました。
体に栄養が入った母はとてもアクティブにベッドから起き上がろうと動きまくりです。
このまま穏やかに毎日が送れる事を心から願っています。
信じた道をこれからも進みます。
本当にありがとうございました。

mikiさん

本当に、長い長い時間が流れました。死ぬ事以外に、救いの道はないと、かたくなに信じていた時期もありました。こんな平穏が訪れるとは考えることも出来ずに、仕方がないから生きてきました。

今があるのは、これまで出会った沢山の方々の支えがあったからです。良いことも悪いことも、全てが、今に繋がっていたのだと思えます。

mikiさんからは、あまりにも多くの物を頂きました。恩返しは、まずは、このまま最期までやり遂げることとですね。

恐ろしいほどの生命力の持ち主の夫、

先は全く読めませんが、全てはなる様になって行くのでしょう。もう少し、見ててくださいね。

ひろにゃんさん

こんばんは。お母さま、無事に戻られたとのこと、本当に良かったですね。

考え方は人それぞれで、どんな決断をするかも人それぞれ、悩みに悩んだ末の決断が、そのお家にとっての正解なんだと固く信じています。



どうぞ、お母さまと共に過ごす時間を楽しんでくださいね。穏やかな日々をお祈りしています!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。