FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

そんなルールがある訳ではないけれど、夫の在宅介護は三週間で終わりを告げることが過去に二回あった。


せめて一か月は、と思って退院してきた最初の在宅介護、


三週間で救急搬送されて再度入院する羽目となった。


そして、看取りのつもりで帰ってきた二度目の在宅介護、


これも三週間終わりを告げた。


なんで三週間?


別にルールがある訳ではない。


だけど、二度あることは三度ある、と言うのが頭を過り、今回も密かに三週間が気になっていた。


帰ってきたのが6月14日木曜日。


昨日7月5日でちょうど三週間である。


一夜明けた三週間と一日目、夫はまだ家にいる。


やった!ルールは崩れた。


と、喜んで良いのかどうか、実は分からないでいる。


何だか、夫は、律儀にルールを遂行しようとしている様にも思えるのだ。


三週間目の夕食を、まあまあの量食べ終えた夫は、それ以来眠りモードに突入した。


今朝、6時頃に見ると、目を開けていた。


朝食にはちょっと早いと思ったので、準備だけして、もう少し眠ることにした。


それから・・・・・


夫は眠り続けている。


午前中のお風呂も、マッサージも、いつも通りやってもらったけれど、それでもずっと眠り続けている。


途中、パクパクと口を開く様子が見えたので、お茶ゼリーをのせたスプーンを唇に付けると、三口だけ食べて、また眠りについた。


とてもとても安らかな顔で眠っているので、起こして何かを食べさせようと言う気には、全くならない。


このまま眠り続けても、いいよ、と思う。


ベッドの角度をあげたり下げたりしてみても、ずっと眠っている。


もしかしたら、本当にこのまま眠りにつくのかな。


何て、穏やかで安らかな顔。


夕方、歯医者さんが来られた。


本音は、夫の体のどこにも触れてほしくなかったけれど、そう言う訳にもいかず、歯医者さんは眠ったままの夫の口の中を綺麗にして帰られた。


このまま眠りにつくなら、


それならそれで良いと思っていたら、 6時ころ目が開いた。


何か食べる?


返事はないけれど、夫は、秘密兵器牛乳甘酒ゼリーを250cc分と小さめのプリンを一個食べた。


ほんのちょっとだけ寿命が延びた。


さて、これから夫はどこへ向かうんだろう。


いや、向かう先は一つだけど、そろそろ誰か迎えに来たのかな?


それからもずっと眠り続けている。


本当に、本当に、安らかな顔だ。


どうぞこのまま眠ってください、と言いたくなる様な表情をしている。


でも、息はしている。


身体は温かい。


夫が選んだ道、そっと後ろから見ていてあげる。










コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |