FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リズム

看取り目的の帰宅から、あっと言う間に1か月が経った。


H先生の往診日だ。


余命がどれ程かを、暗黙に気に掛ける様な空気があったのは前回までで、今日は何となくごく普通の往診の空気になっていた。


先生は、肺の音が問題ないことを私に伝え、私は、この頃は食事が取れている事、また日中は車いすに座ってい居る事、先日はお散歩に出た事を報告した。


1か月と言う日々は、否応なしに日々の介護生活に慣れるに充分な時間だった。


大体のリズムが掴めてきた。


夫の覚醒が良いのは、明け方が多い。


夜中も、もしかしたら起きているのかも知れない。


たまたま、夜中の三時に目が覚めて夫の様子を見に行って見たら、目が開いていた。


どうかなと思いながら、ゼリーとOS1を持ってくると、ちゃんと食べた。


朝ごはんは、7時頃に、それなりの量を食べる。


それから、車いすに移して、日中は起きていてもらいたいと思うけれど、大体夕方までずっと眠りモードに入ることが多い。


その間に、目が開いている時を狙って、何かを食べさせる。


食べる意思があるときは、口を開いて、カチカチと音がするほど咀嚼する。


意思がない時は、口を開かないし、万一仕方なく食べる時には、だらーっと口から流れ落ちたりもする。


夫のタイミングにいかに合わせられるかが、在宅介護の醍醐味であるが、24時間目を離さないで見ていることは出来ない。


誰の時間も犠牲にしない生活を心掛けなければ、長期の介護は続かないと思う。


あれ?


長期の介護、とか言ってる。


ダメダメ、看取り目的の介護であることを忘れるな、と自分を戒める。


先の事など考えずに、今の瞬間だけを生きる夫を見習わなければ。















コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。