FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

会話

ヒロくんと、いわゆる「会話」が出来なくなってから、どの位経つのか、はっきり思い出す事ができません。


最後に交わした「会話」が何だったのか、もっとちゃんと記憶に留めておけば良かった、と思います。

最近は、私の問いかけに対して、大抵「うん」と答えます。まあ、ヒロくんが肯定できるような問いかけしかしていないのだから、当たり前と言えば当たり前なのですが・・・・・

時々、意地悪して、「私の事嫌い?」などと聞いてみると、しっかりと「ううん」と首を横に振りながら答えてくれます。

まだまだ、ちゃんと分かってるな・・・・・

たまには、ヒロくんの方から先に話しかけてくれることもあります。

でも、それは、「ねえ、はやくして」とか「どうすんの?」とか、どうしていいかわからない病に取り付かれている時です。

機嫌が良いと、「ダイエー(に行こう)」と言ったり、「(お手伝いできる事)なにかある?」と聞いてくれたりする事もあります。

せっかく話しかけてくれても、私が理解できなくて、「あ~、そうなの。」とか、あいまいに返事してしまい、会話に繋がらないときは、とても残念です。


私は時々、無性に、ヒロくんが今何を考えているのか、何を思っているのか、知りたいと言う思いにとらわれる事があります。

無駄を承知で、「ねえ、今何考えてるの?」なんて、聞いてしまったりします。

残念ながら、答はありません。ヒロくんの心の中にある想いを、言葉として聞くことはもう一生ないだろうと思っていました。

淋しいけれど、仕方がありません。それが、この病気です。認知症です。











先日の事。

私はリビングのテーブルでアイロンをかけていました。部屋の中にはTVの音声が流れています。ヒロくんは、じっとロッキングチェアに座っていました。

私は、独り言とも、ヒロくんに語りかけるともなく、しゃべっていました。

「今ね、アイロンかけてるの。こんなに沢山たまって、大変。夏場のアイロンは本当に大変だわ~。」







すると・・・・・・・・・










「みてるだけでわるいなとおもって」






えっ?


確かに、


「見てるだけで悪いな、と思って」


と、聞こえました。






私は、鳥肌が立つような感動を覚えました。



しゃべった!ヒロくんが、心の中にある想いを、ちゃんとした文章にしてしゃべってくれた!!


ロッキングチェアから立ち上がって、側に来たヒロくんに向かって、私はあわてて、

「そんな事ないよ。そこにいて、見ててくれるだけで充分だよ。」と言いました。

ヒロくんは、ちょっと微笑んで「そう?」と、答えました。

できた!会話ができた!!






みてるだけで、わるいな。


一家の大黒柱として、夫として、父親として、会社の社長として、今まで皆の先頭に立って来た。でも、病気になってしまって、もう何も出来ない。皆が、忙しそうにしていても、自分はみていることしかできない。わるい、と思うけど、何も出来ない。


私が知りたいと切望したヒロくんの心の内は、こんな悲痛な叫びとして、私の心に届きました。

そんな事ないのに。本当に、見ていてくれるだけでいいのに。ちっとも悪くなんかないのに。


その夜、私はその思いを、言葉にしてヒロくんに伝えました。


「ヒロくんはね、いるだけでいいんだよ。」

「うん」

「何にもしてくれなくても、ただ居てくれるだけでいいんだよ。」

「うん」

「元気で居てくれれば、もっといいけどね。」

「うん」

「楽しそうに笑っていてくれれば、もっともっといいよ。」

「うん」


駄目押しに・・・・・

「ヒロくんが居てくれるから、私は今すごく幸せ。」

「うん」

「ヒロくんと結婚して本当に良かった」

「うん」






届いたかな?私の想い・・・・・



きっと届いたと思う。それでもヒロくんは、やっぱり、




わるいな、




って、思うんだろうな・・・・・・・・










コメント

人格・人生を肯定する言葉

こちらが思っている以上によくわかってくれています。
だから、あきらめてはいけないのです。

ご主人様の人格・人生を肯定する言葉を
たくさんたくさんかけてあげてくださいね。

「結婚して本当によかった」以上の言葉はないでしょうが・・・
お子さんのこと
今までの思い出
ふたりの人生をいろどってきたもろもろについて
たくさんたくさん語りかけてくださいね。

時々、怖くなるほど、良く分かっていると感じる事があります。

ポッツと発する言葉が、過去のある時の思いを引きずっていると、思えるのです。

病気でなければ口に出す事が無いはずの、その言葉は、私に自分の人生を振り返らせる凄い力があります。

出来ない事が増えてゆく反面、感性は研ぎ澄まされ、眠っている能力が開花しているのでは、と本当に怖くなります。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |