FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おバカ

9月から始まった新体制での夫との日々。


月・水・木・土が入浴。


火・金が訪問看護。


歯医者さんとマッサージは終了した。


日曜以外、誰かが来るのは一日一回。


これだけで、私の頭の中は随分すっきりした。


そして、そのタイミングで車いすに座らせてもらう。


今のところ、週に二回の摘便で、それ以外の日は出ない。


色々上手くいっている。


週末に、三週間ぶりにあるはずだった往診は、先生の都合で、もう一週間先延ばしになった。


看護師さんから、訪問の度に、逐一報告が行っているらしいので、先生も安心しているのだろう。





夫は相変わらず良く食べる。


お皿によそったカレーを見て、息子が、「そんなに食べるの?」とびっくりした。


そして、食べすぎに気を付けたほうが良い、と言う。


確かに・・・・食べてくれると嬉しいので、つい、いっぱい食べさせてしまう。


おやつのアイスクリームも、毎日食べている。


美味しいらしく、口の開き方が違う。


水分一杯の梨を、シャキシャキと音を立てて噛み砕くのを見ているのは心地よい。


「天ざる」も攻略した。


蕎麦と具剤を小さく切っているのが、ちょっと残念なだけだ。


もう体重は測らないけれど、顔の艶も良く、手足の乾燥もない。


初めのころ、浮き出ていたあばらにも、ちゃんとお肉が付いた。


表情もとても良い。





何なんだ、この回復は・・・・と、いつも思う。





脅威の生命力ではあるが、


病気が治るわけではない。


歩けるようになるわけでも、喋れるようになるわけでもない。


そんな事、100も1000も10000も承知しているのに、


ふと、


このまま回復し続けて、完全に元の夫に戻った姿を想像してみたりする。


そうなったら・・・・・何をしゃべろうか?


考えるだけで楽しくなる、


おバカな私。



コメント

ふふふ

驚異的な回復に安心しています。

何をしゃべるかですって?
もちろん「どうして私をたたいたの」ですよね(笑)

でも、たぶん今の気持ちは違うと思います。
地獄の日々のこともすべて昇華されているような気がします。

今生きていてくれてありがとう。
病気のこともふくめてこれがふたりの人生だったのね。

いつの日か終わりはくるけれど
その日までおふたりの幸せな日々が続きますように!

mikiさん

こんにちは。いよいよ終了して頂けるかと思っていた我が家への「見守り」も、また延長して頂く事になりましたね。いつまで続くことやら・・・。

地獄の日々は、何年たっても美しい思い出には変わらないし、懐かしい記憶にもならないけれど、今は、そんな日もあったな、と言う「過去」になりました。

ただ、あまりに壮絶で悲惨なので、孫に語れるかと言うと、それは語りたくない「過去」に分類されます。おじいちゃんがね、ころすぞ!と言って殴りかかってきたから、おばあちゃんはメグちゃんを抱っこして、布団の中に隠れてたんだよ、とは話せないですね。

生きていてくれるだけいい、今はその心境であることは間違いないですが、それでもやはり消えない過去を背負った上での今です。

穏やかな顔でただじっと座っている夫を見て、「ずるいぞ!」と思うのです。

我が家は幸か不幸か両親が認認状態だったため、短期間で父が大変な状態になったのですが、家ではぎりぎり理性でコントロールして爆発することはありませんでした。

2回のショートステイを経て老健へ入所したのですが、そこで爆発して薬によるコントロールを受けることになりました。「この入所者数に対してこれだけのスタッフしかいない」というのが父の怒りだったようですが、父にも認知症ゆえのトラブルはあったので、どちらもどちらだったのかもしれません。

私の場合、いつまでも心の傷として残るだけの地獄を体験しなかったのは不幸中の幸いだったかもしれません。

そのかわり、周囲の顔の見える人たちとの闘いを体験しました。私は「生き残ること」「心身の健康をとりもどすこと」最優先でここ数年生きてきましたが、これから先はもはや個人攻撃になってしまうので、告発的なことはやってはいけないと思っています。たぶんありとあらゆるところで強者と弱者の立場が逆転したと思うので。

痴呆(当時の呼称)への根強い偏見と、介護を体験したことのない人からの預ける介護への強い非難にさらされた時代(2001年)でした。無知や知ったかぶりや思い込みで感情的に他者を攻撃する人は怖いですね。

momoさんは、精神的に落差の大きい介護を体験されたといえるでしょう。
「ここまでの食べる幸せ」「在宅で最期を迎える幸せ」を施設介護に踏み切ってから取り戻せることは稀有だと思いますから。

2009年は私の介護も本当にしんどい時期でしたけれど、耐えて耐えてmomoさんにコメントを書いていました。こういうおつきあいになるとは当時は想像もつきませんでした。

mikiさん

私が経験した地獄と、mikiさんが体験された戦いは、種類が違うけれど、どちらもそれはそれは大変なものだったと思います。

私の場合は、「病気だから」と言う心の落としどころがありますが、無知、無理解、偏見、と言う思いやりのなさからくる攻撃は、心をグサグサと突き刺されますよね。

私は、幸いその種の攻撃は受けないままここまで来ましたが、それでも、この病気は同じ状態の経験者同士でないと絶対に分かり合えない、と思います。分かってほしい、とも思いません。だから、当事者でない人は、せめて余計なことは言わずに、放って置いて欲しいと願います。辛口の言葉を投げつけて、自分が優位に立っているかのような誤解は、みっともないです。

大丈夫、告発なんかしなくても、人に投げかけた悪意は、まわりまわって自分に返って来ます。私は、神様は信じてないけど、世の中って、そうなってると思います。だから、人には思いやりを持って接さなくてはならない。優しくなくてはならない。自分の為に、です。

mikiさんは、苦しみの中、私に沢山の温かい言葉と時には厳しい言葉で、生き抜かなくてはならないこと、今出来る精いっぱいをしなくてはならないこと、教えてくださいました。

ご両親を見送られ、ご主人様と二人のこれからの人生に、私に下さった優しい思いが、まわりまわって届くに違いありません。本当に、不思議なご縁ですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。