FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進化

訪問看護の日。


いつもと同じ様に、摘便をしてもらって、それなりの量が出た。





調子良いですね。肩の動きもいつもより柔らかいです。脇の下に簡単に手が入ります。

それから、皮膚の状態がしっかりしてきました。顔色も良いし、表情も良いですね。

家に帰ってきたと言うのが分かるんでしょうね。良い時期に帰ってきましたね。






看護師さんは、褒め上手。


夫が、どこまで理解しているかと言うことに関しては、かねがね私は、どちらかと言うと懐疑的な気持ちが大きくて、周りの方が、「ご主人は分かってらっしゃる。」と言われても、「そうか?」と思い、それは家族の為に言って下さる優しさの言葉だと受け止めていた。


だけど、この数か月の夫を見ていると、自分のその考えを否定しなければならないと言う思いが出て来る。


家に帰ったぞ!と言う言葉での理解は出来ないにしても、感覚で何かを感じ取っているのは、間違いなさそうだ。


何より、顔が違う。


不思議ですよね。絶対に良くなるはずがない病気だけど、何か、良くなってる気がしますよね。


痰の吸引をしなくてよくなったのが大きいですね。


はい、先日も息子に頼んで外泊してきました。夜中に吸引があると出来ないけど、今は、本当に楽です。




進化してますね。



進化、


進化?


まさかの進化?


死語だったはずの進化?







その後、車いすに座らせてもらって、足の処置をして頂いた。


進化と言って貰えた割には、足は中々進化しない。


褥瘡と言うほどではない赤味があちこちにあるのが、悪くならない代わりに、そんなに良くもなっていない。


夫の足元にしゃがんで、看護師さんが処置をされるのを見ながら、色々話をする。



救急車を呼んでも蘇生を拒否する家族が増えて来て、救急隊員が戸惑っている、とTVで報じていたことや、


看護師さんたちは、認知症の背後に抱えている病気を発見しなくてはならないと言われているらしいが、例えば夫の場合、癌が分かったからと言って、手術をするのか、抗がん剤の治療をするかと言うと、もうしない、それなら発見されないほうが良い、




そんな諸々の話をしていると、夫が頭の上で、ゴホンと咳をした。


看護師さんが、あ!と言うので、見上げてみると、夫の口から出たばかりの痰が、ダラーっと流れ出していた。


急いでふき取ったけど、これはまた、進化なのだ。


初めの頃は、一日に何度も吸引しなくてはならなかった。


その後、痰がでても、自分で飲み込んで自家処理していた。


そして、今日初めて外に出すことが出来た。


たまたまタイミング良く出たのかもしれないけれど、




進化ですね。



進化ですね。




看護師さんと二人で、夫に拍手を送った。








コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。