FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夫は眠り続けている。


朝も、昼も、


眠っている。


穏やかな楽そうないい顔だ。


熱も酸素も、測らない。


数字を知ってどうする?


11時半、訪問看護師Iさんが来られた。


昨日からの顛末を話す。


まず、測りましょう、


と言うことで体温計を夫の脇に差し込む。


38度6分


やっぱりね。


酸素はいつも通りの94.


胸の音もそこまで悪くない、


指先も温かい、


ゴロゴロは言ってないけれど、痰の吸引をすると、黄色っぽい痰がたくさん引けた。


黄色っぽい?


思わず、「イモだ」と言ってしまった。


Iさんは、「美味しいもの食べられて良かったんですよ。」と気を遣う。


色々処置をしてもらっている間も、夫は、ずっとずっと眠っている。


Iさんは、熱が引いて、また何か食べられるようになれば・・と言われるけれど、


それはない。


ないと思う。


安らかな顔で眠り続ける夫を見ていて、そう思う。


あと・・・・何日?




夫の様子を見てしまったiさんとしては、何かをしなくてはならない。


病院に電話をして、顛末を話し、明日の定期往診を待たずに、今日来て貰う様お願いされた。


そして、ケアマネさんにも電話を入れて、明日のお風呂はキャンセルし、代わりに訪問看護を入れて痰の吸引をしたい、と。


良い顔で眠っている夫を、無理に裸にして湯船に浸けなくても、そのままそっと寝かせておきたい。


座薬は、往診が来てから判断してもらいましょうと言う事になって、iさんは、心配そうな顔で帰って行かれた。


その後、病院から電話があって、H先生は、今日はどうしても行けないので、別の医師になるとの事。


今更、初めましての先生に来てもらっても、私の心は安らぎを得ない。


今日の往診はお断りして、明日予定通りH先生に来ていただく様お願いした。


電話の向こうの看護師さんは、


「苦しそうでなくて、穏やかに過ごされていて、奥様が覚悟ができているならそれでいいですよ。」


と言われたので、


「とてもいい顔で寝ています。明日、H先生をお待ちしています。」


私もそう答えた。


電話を切る前に、


「もし、明日H先生が来られるまでに死んでしまったら、その時は直接先生の携帯にお電話してもよろしいですよね。」


念のため、確かめておいた。





夕方から、当初の予定の行動で息子2の家に食事に行ってきた。


行くかどうかかなり迷ったが、息子3が留守番してくれると言うので、思い切って行ってきた。


万一、留守の間に永遠の眠りに着いてしまっていたら、それはそれで良しとしよう。


こんな時は、出来るだけ、平常心で予定通りの行動を淡々とこなしているのが、一番良い。


孫に癒されて帰ってきた。


夫は、出かける前と何も変わらず息をしていた。


一日中、何も口にしていない。


今晩は、夫の隣で眠ろう。






コメント

安らぎ

momoさん

最期は在宅で、こういう穏やかな最期の時間を過ごせたらいいなぁ と自分の事のように読ませていただいています。

冷静に、記録を残していただいてありがとうございます。

一緒にその場に臨んでいるかのような気持ちになります。
静かな穏やかな気持ちです。

不思議です。

ららさん

ありがとうございます。

どうぞ、一緒に見送ってくださいませ。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。