FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御礼

夫を見送ってから、10日が過ぎました。


葬儀を終えて家に戻って、夫の骨をリビングに置き、写真を飾って、その微笑んだ顔を見た瞬間から、私は不思議な感覚に捉われました。


なんだ、この晴れ晴れとした爽やかな感じは。


夫が居ないことが、ちっとも悲しくない、


主のいないベッドを見ても、淋しくない、


夫婦と言う形がなくなって、一人ぼっちになったのに、何の喪失感も感じない、


至らぬ鬼嫁だったにもかかわらず、何らかの後悔の念も湧いてこない、


とてもすっきり晴れ晴れとした気分の自分に、とてもとても驚いたのです。


昨年、母を送った時は、49日位までは、何となく重い気分を抱えながら過ごしていました。


それなのに、


夫が居なくなった直後から、


何故、私は、こんなに平穏な気持ちでいられるんだろう?









そして、


これが、夫が書いたシナリオの最後の一行だと気が付いたのです。


「自分が死んだ後、妻は穏やかな気持ちで日々を過ごしている。」


最終ページに夫はこう書き記していたんだと思います。


そして、それが実現する様、


私の心の中にある全てのマイナスの感情を、天に登る時に、一緒に持ち去ってくれたに違いありません。


悲しみも、淋しさも、苦しみも、不安も、悩みも、辛さも、何もかも。


あの日の青空は、本当にさわやかでした。


何とも、粋な計らいではありませんか。


こうして、夫は、最後まで私を守ってくれました。


これからも・・・・ずっと。















16年の介護生活も、とうとう幕が降りました。


卒業です。


2008年、デイサービスに通い始めた時に、何気なく書き始めたこのブログ、


思えば、随分沢山の記事を書いてきました。


そして、書き続けていたから、ここまで辿り着くことが出来た。


ここで出会った沢山の方々から頂いた、温かい言葉があったから、道中挫折せずにここまで来られた。


どれほど救われたかは、言葉に尽くせるものではありませんが、自分なりに書いてきたつもりです。


頂いた山ほどの温かいお心には、感謝してもし切れません。


夫と共に、心から御礼申し上げます。






さて、






夫が居なくなった今、私もそろそろここから卒業しなくてはなりません。


私が歩いた道と同じ道を歩いておられる方、


どうぞ、ご自分の心身の健康を第一に考えて、信じた道を進んでください。


このブログは、このままここに残しておきますね。












最後に頂いた沢山のコメントには、お返事できなくてごめんなさい。




一つ一つの言葉をかみしめて、ここから先の人生を歩んでいきます。




あふれ出る感謝の気持ちを捧げ乍ら、





本当に、




本当に、






ありがとうございました















































コメント

momoさん、
お疲れ様でした。
ありがとうございました。
同じ時期に、お互いに歩み、
悩み、苦しみ、辛く、
また、喜び、感動し、笑い、
ずっと共に生きてきた気がする。
momoさんのブログでどれだけ励まされたかわかりません。
学んで、勇気をもらいました。
抜きつ抜かれつでしたが、
一歩先に行きましたね。
僕はどんなふうに迎えるのだろう。
この半年のヒロさんとmomoさんを
自分に照らし合わせながら見ていました。

どうもありがとう。

momoさん。
本当にお疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。
思えば母に異変が起き始めてから、すぐにmomoさんのブログにたどり着き、momoさんのブログを読み、勇気をいただいてきたように思います。
コメントもしませんでしたが、こちらのブログにお世話になって、私も10年くらいはたつんじゃないでしょうか。
この先、母を見送った時にmomoさんのような気持ちになれる自信は正直言ってまだありませんが、momoさんに頂いた言葉を信じて、この先もボチボチ母と歩いて行きたいと思っています。
本当にありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。