FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

日赤のひめちゃんの机の上で、1ヶ月くらい保留されていた意見書が、漸く回ったらしく、忘れた頃に市から介護認定更新の通知が来ました。

要介護3です。2から3へ、ヒロくんは出世?しました。

ヒロくんのゴールは、天国です。ゴールに辿り着くまで、いかに充実した生活を送れるかと言う事が唯一最大の課題です。

少しでも満ち足りた瞬間が、点でもいいから沢山あって、穏やかにゴールのテープを切ってくれれば、言う事ありません。

専門家が便宜上決めた数字が、2 でも 3 でも、どっちでもいい。ヒロくんがお世話になっている小規模多機能ホームは、数字によって受けられるサービスが変わると言う事はありません。

可能な限りこちらの願いを叶えてくださいます。本当にありがたい事です。

今は、週に5回のデイサービスと一晩のお泊りです。デイは、お迎えが10時で、送りが4時少し前なので、日中はあっという間に時間が経ってしまいます。

今のところ、これで落ち着いていますが、これから先はどうなって行くのか分からないだけに不安もあります。


デイから帰って来ると、私は真っ先に連絡ノートを見ます。食事をどの位食べたか、ウンチは出たか、などの記載と共に、その日の様子が書かれています。

笑顔が見られた、と書いてあるとほっとします。呼びかけにも反応せず、なんて書かれているとがっかりします。

一喜一憂しても仕方がないと分かっているのに、いい事が書かれている事を密かに期待してページを開くのです。

最近、家ではほとんど笑うことはありません。一時の、眉間に皺を寄せた本当に苦しそうな表情はなくなりましたが、やはり、自分の身をどうしたら良いのか分からない不安な表情をしている時が多いのです。

「普通の顔」をしてくれていたら上出来です。ちょっとだけでも表情が緩んだり、落ち着いた穏やかな顔をしていてくれると、最高です。

たまに、私には分からない理由で「ははは・・・」と声を出して笑うことがあります。そんな時は、真っ暗な夜空に光る、たった一つのお星様を見つけた様な気がして嬉しくなります。

デイでは、笑うことが良くあるそうです。ケアマネさんが、「昨年、初めてここにこられた時と同じような感じで笑っておられることがあります。」と言われて、本当に嬉しく思いました。

私の前で笑ってくれなくても良い。デイでもどこでも笑える瞬間があればそれでいいのです。

その笑顔が点・点・点・・・・・で良いからちょっとでも沢山きらめいて、私たちが進んでゆかなくてはならない真っ暗な夜空を、少しでも明るく照らし出して欲しい。

真っ暗じゃあ・・・進めない。

一つでも二つでもきらめく星があれば、その灯りを頼りに、見えないゴールを目指して進む事が出来るかも・・・・・・

と、思う今日この頃です。








コメント

笑顔

デイですてきな笑顔がでる。
そういう笑顔の写真があればいいですね。

私の場合、母との思い出はいっぱいいっぱいあります。
今は、その思い出を支えに面会を続けています。

「あんたは先に逝くな!」
2003年に薬局の待合室でいきなり発した言葉は
本当にありがたかったし、今も支えになっています。

ご主人様とも、これからも思い出はたくさん生まれるでしょう。

セールスマンを一喝してくれたこと
約束の指切り

ご主人様のmomoさんへの真実の気持ちです。
なかなか伝えることはできなくても、ご主人様との深い絆は永遠です。

頑張ってください。





はい、

頑張ります。

お久しぶりです。

こんにちは。
ブログにはいつもお邪魔して、momoさんとヒロさんの様子は読ませてもらっています。


私も花の二八、28年生まれです。
お誕生日は来ましたので、ちょっとmomoさんよりお姉さんかな。(^^)

夫も現在要介護3、デイサービスには週に5回、時には6回通っています。
デイの職員さんにはほんとうによく看ていただいています。
朝から『おはよう。』も言わずに眉根に皺を寄せて出かけて行っても、帰りには表情が穏やかになっていることもしばしばです。

この夏は『眉間に皺』の表情がデフォルトだったので、私にとって眉間に皺が寄っていないだけでそれは笑顔と同じ値でした。


私も先日懐かしい友人たちと会って楽しいひと時を過ごしました。
一時、『慰めの言葉もいらない。』『励ましの言葉もいらない。』と思っていた時期がありました。
友人とたわいないおしゃべりをするのが苦痛で、友人と会うのを避けていました。
そんな頑なな思いも、時間が解きほぐしてくれたように思います。

人はみんなそれぞれに抱えているものが違うのですから、同じようには行きません。
抱えているものの重さもそれぞれの感じ方次第ですから。

ゴールがひとつなら、出来るだけ笑顔でたどり着きたいと願っています。
と、言いながら・・それが・・・なかなか難しいんですけどね。
試行錯誤、一喜一憂の毎日です。

nobiさん、

こんにちは。お久しぶりです。

私も、nobiさんのブログはいつも読ませて頂いてます。靴が履けない、とか、水分を取らない、とか、ウロウロおかわりなく、とか、まるで主人の事が書かれていると思うほど似ているので、ビックリしています。

眉間の皺は、本当に気が滅入りますね。最近は、皺は以前より少なくなりましたが、落ち着きの無いウロウロが酷く、どうしたらこれを気にしないで過ごす事ができるかと思案中ですが・・・・何か妙案はないでしょうか・・・・?

いつも、ご主人様に対して優しい対応をされているnobiさんと子供さんたちを見習いたいと思いつつ、私も試行錯誤、一喜一憂、の毎日です。

時々(しょっちゅう?)は、イライラが講じて爆発すると、主人から「そんなことよくないとおもうよ。」なんで、諭されたりしています。

ゴールが遠いのか、近いのか、それもはっきりしない中進むのは、本当にしんどいですが、ぼちぼち頑張りましょう。ご家族皆様、お体お大事に!



コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


2009/09/29 16:02 | 心が生きる介護とLife | 要介護認定について 日赤のひめちゃんの机の上で、1ヶ月くらい保留されていた意見書が、漸く回ったらしく、忘れた頃に市から介護認定更新の通知が来ました。... ...

 | BLOG TOP |